« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

グランドシネマ日本橋 植木屋さん、飴細工やさん、巡査さんもかっこよろしいんですよ!

Photo
監督十河壮吉
演出齋藤雅文坂東玉三郎
原作泉鏡花
キャスト
坂東玉三郎/稲葉家お孝
高橋惠子/瀧の家清葉
松田悟志/葛木晋三
藤堂新二/笠原信八郎
斎藤菜月/雛妓お千世
江原真二郎/植木屋甚平
永島敏行/五十嵐伝吾

2013年12月、東京・日比谷の日生劇場にて上演され好評を博した坂東玉三郎主演の舞台「日本橋」をスクリーン上映。文豪・泉鏡花が自身の同名小説を戯曲化した作品をもとに、玉三郎が25年ぶりに主人公・お孝役を演じ、自ら演出も手がけた。
大正時代、日本橋で評判を呼んだ名妓・お孝と清葉。雛祭りの次の夜、清葉は医学士の葛木から愛を告白されるが、とある誓約から拒む。お孝はそんな2人の事情を知りながらも、ライバルである清葉への意地から葛木と深い仲になる。しかし、お孝は同じように清葉が拒んだ五十嵐という男と切れずにいた。

細部まで玉様のこだわりが見られます。編集もなさっておられます。
戯曲では男の夢の女を2人の名妓に描き分けておられますが、3人目の女として重要な役割を果たす人形が、シネマならではのアップで拝見できるのが収穫。劇作家と演出家と表現者は、必ずしも同時代である必要がないという幸福…。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "グランドシネマ日本橋 植木屋さん、飴細工やさん、巡査さんもかっこよろしいんですよ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月29日 (土)

佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ10周年記念特別コンサート

佐渡裕(指揮・芸術監督)
■スーパーキッズ・オーケストラ
■ニュウニュウ(牛牛/特別ゲスト:ピアニスト)
曲目:
ホルスト:セント・ポール組曲Op.29 No.2より
1楽章ジーグ、4楽章フィナーレ
モーツァルト:ティベルティメントニ長調K.136より
1楽章アレグロ、3楽章プレスト
モーツァルト:3つのピアノ協奏曲k.107より (ピアノ:ニュウニュウ)
第1番ニ長調:1楽章アレグロ、2楽章アンダンテ、3楽章ティポディメヌエット
第2番ト長調:1楽章アレグロ、2楽章アレグレット
レスピーギ:リュートのための古風な舞曲とアリア第3組曲より
1楽章イタリアーナ、4楽章パッサカリア
坂本九メドレー
マイケル・ジャクソン:スムーズクリミナル
チャイコフスキー:弦楽セレナードハ長調Op.48より
1楽章ソナチネ形式の小品、3楽章エレジー、4楽章フィナーレ

OB、OGもいっしょの大編成のオーケストラにニュウニュウが光を添えます。元気をいただきました。
春の風をいっぱい受けたコンサートでした。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月21日 (金)

図書館で借りた本0321

□追伸 真保裕一
□SAT、警視庁に突入せよ! 佐々木敏
□火の粉 雫井脩介
□大幽霊烏賊 首藤瓜於
□ばんば憑き 宮部みゆき
□花や散るらん 葉室 麟
□東京湾臨海署安積班夕暴雨 今野敏
娯楽読物ばかり借りました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月19日 (水)

御池の桜は今年も早咲き

御池の桜は今年も早咲き
濃いめ!
春眠暁を覚えず。春の宵は値千金。来週あたりから夜桜が始まるし、睡眠不足が続きそう…。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "御池の桜は今年も早咲き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

FLOZEN(字幕3D )待ちきれなくて見てきました。

Flozenj
ラプンツェルの灯ろうの浮遊もファンタスティックでしたが、FLOZENは、ブリザード、パウダースノウ、ダイヤモンドダスト、流氷たちが息をのむほと美しく、色彩がないぶん、立体感、透明感が際立ちます。
エルサとアナの歌声も日本語版より、声の質が重い分、雪と氷の重さが伝わります。
次はどちらを見ようかな?あればそれを見たいですが、吹き替え3Dはないようです。
ミッキーも3Dで見ると楽しいです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "FLOZEN(字幕3D )待ちきれなくて見てきました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月15日 (土)

アナと雪の女王(吹き替え2D) ブランケットを借りて鑑賞しましょう。すぐに字幕3Dが見たくなるので、併映されている館でみよう。

Photo
監督 クリス・バック、「ターザン」「サーフズ・アップ」
    ジェニファー・リー、、「シュガー・ラッシュ」
製作 ピーター・デル・ベッチョ
製作総指揮 ジョン・ラセター
原案 クリス・バック、ジェニファー・リー、シェーン・モリス
脚本 クリス・バック、ジェニファー・リー
音楽 クリストフ・ベック
歌曲 ロバート・ロペス、クリステン・アンダーソン=ロペス
キャスト
エルサ 松たか子
アナ 神田沙也加
オラフ ピエール瀧
あらすじ
 アンデルセンの「雪の女王」にインスピレーションを得て、運命に引き裂かれたアレンデール王家の姉妹が、凍てついた世界を救うため冒険を繰り広げる姿を描いたディズニーの長編アニメーション。触れたものを凍らせる秘密の力を持ったエルサは、その力を制御しきれず、真夏の王国を冬の世界に変えてしまう。エルサの妹アナは、逃亡した姉と王国を救うため、山男のクリストフとその相棒のトナカイのスヴェン、夏にあこがれる雪だるまのオラフとともに、雪山の奥へと旅に出る。
孤独な姉と人懐こい妹、姉と妹キャラが際立ちます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "アナと雪の女王(吹き替え2D) ブランケットを借りて鑑賞しましょう。すぐに字幕3Dが見たくなるので、併映されている館でみよう。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

東日本大震災から3 年の歳月が過ぎました

被災地の課題は刻々と変化し、それも地域毎に多様で、変容の早さも異なります。そう考えると、無事な地域も震災前の状態に過ぎないのかもしれません。ひとつひとつの風景と日々の営みを大事に思わんとあきません。
今日も、わが町で防災まちづくりのために、小さくてもできることを果たしてまいります!
まずは9時半のシェイク・アウト訓練から。
各地で小さい規模の地震が頻発しています。気を抜いたらあきません。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

コルンゴルト死の都びわ湖ホール沼尻竜典プロデュースオペラ、山本・飯田組

Jp_2
本邦初演だそうです。同じ演目が3月中旬に、新国立劇場で上演されることからも、近年、再評価が高まっている作曲家です。沼尻竜典さんプロデュース・指揮、栗山昌良さん演出、日本の最高キャストの舞台は、世界最高峰の来日公演の半額です。

オーケストラ…京都市交響楽団
合唱団…びわ湖ホール声楽アンサンブル、大津児童合唱団
舞台…20世紀初頭のブリュージュ
パウル(T)山本康寛…愛妻マリーを亡くしたひきこもり男
マリエッタ/マリー(S)飯田みち代リールから来たマリーと瓜二つの踊り子
フランク(B)黒田 博…パウルの友人
ブリギッタ(MS)池田香織…パウルの家政婦

基本は、愛妻を亡くし、遺品とともに引きこもっている男の魂の再生の物語。思い出のなかで美化される死者の幻影と芳しい肉体を持つ生者との間で揺れ動きます。オルフェウス伝説、イザナギイザナミ神話、源氏物語と、洋の東西を問わず特定の容姿を持つ女性に固執する男は芸術のテーマになるのでしょうか。
曲はマーラーとリヒヤルト・シュトラウスを足して二で割ったような、流麗で観念的な旋律と重層的な不況和音で構成される官能的なものです。ひきこもりのところは長く感じますが、物語がヴィヴィッドに動き出してからは、曲調も煽情的でいい感じです。
圧巻は3幕のパウルとマリエッタの対決、街を出る決意をするパウルの独唱です。
主演は、びわ湖ホール4大テノールのおひとり、京都市立芸術大学出身の山本康寛さん、助演は京都市立芸術大学出身の黒田博さんオケは京都市交響楽団と、地元中心のメンバーというのがうれしいです。
動画でトルステン・ケールさんの声を聴いたらあきまへんえ。ケールさん100回、山本さん初役です。充分美声でした。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "コルンゴルト死の都びわ湖ホール沼尻竜典プロデュースオペラ、山本・飯田組"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 8日 (土)

宝塚雪組公演全国ツアー・ベルサイユのばら・8日ソワレ

Jp
『ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-』
お正月まで待てません~。
雪組の次期トップスター就任が決まった早霧せいなさんと咲妃みゆさん他のベルばら。
早霧せいなさんは、大劇場公演でもオスカルを演じられましたが、こちらは主演バージョンです。昨年の月組公演の脚本と楽曲が使われているのではないかと思われます。全国ツアー版なのでペガサスが引く巨大な銀の馬車はありません。無い方がよいように思いました。
そういえば、チギさんはここ1年娘役ではないですか。彫りの深いフェイスがとても男役らしいのにもったいないです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "宝塚雪組公演全国ツアー・ベルサイユのばら・8日ソワレ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

宇治木幡の松殿山荘を訪ねました。


木幡の松殿山荘を訪ねました。
官吏にして弁護士、茶人、今遠州と称された明治から大正にかけて活躍されたジェントルマン・アーキテクト高谷宗範の作品です。元は平安時代の大貴族藤原基の山荘の広大な敷地に、茶室や美術館、住居が構えられています。
建物全体を方円(□と○)のデザインモティーフで彩り、アールデコの香りが漂います。自由と遊び心に溢れた意匠に、歓声を上げずにはいられません。
春と秋に公開されています。お茶会や能狂言の会もあるようです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "宇治木幡の松殿山荘を訪ねました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 5日 (水)

タリーズコーヒー京都三条通り店で鳥獣戯画のてぬぐいありました / Tully's Coffee Japan

Photo
歌舞伎座店限定だったと記憶していますが、今はどこでもあるのですね。新色でしょうか。ピンクもありました。↓

・タリーズ手ぬぐい 鳥獣戯画 (ナチュラル/ピンク)各1200円
「日本最古の漫画」と言われる、鳥獣戯画をモチーフにしています。擬人化したうさぎやカエルたちが、コーヒーを手に楽しんでいるユニークなデザインの手ぬぐいです。なお、こちらは、手ぬぐいブランド「かまわぬ」さまとのコラボ商品です!
三条通りにはカフェが良く似合います。京都文化博物館には前田珈琲さんがオープンしたばかりです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

早霧せいなさんが宝塚雪組のトップスターに!

100周年を迎えた宝塚歌劇団も動きが急なようです。
雪組を定点観劇していますが、トップスターさんが変わります。早霧せいなさんと咲妃みゆさんが次期トップに就任と発表されました。10月の日生劇場が御披露目ですが、大劇場は2015年1月(遠い目)。楽しみが先すぎる~。
直近にベルばらがあったんや~(^◇^)↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

三月花形歌舞伎 in 京都四條南座

尾上松緑丈と尾上菊之助丈を中心とした花形が勢ぞろい。彦三郎丈、團蔵丈、萬次郎丈、権十郎丈のベテランが脇を固める堅実な舞台です。演目は、朝一番の「吹雪峠」から打ち出しの「京鹿子娘道成寺」まで、真冬から春に季節が動くよう並んでいます。

菊様は昼は与三郎、夜は花子と兼ねる役者の力量を見せてくださいます。
極めつけの美声の菊様がふるいつきたくなる良い男の与三郎を演じられるのですから、もうもう客席で溶けていました。いやさおとみ久しぶりだな~、お富、お富さん…もっと呼んでくださいませ~。
一人で京鹿子娘道成寺を舞う菊様を拝見するのは初めて、南座でも初めてなのでうれしい限りです。
1箇月、これだけでも何度か拝見したいものです。
素襖落、金五郎、暫、弁慶と出ずっぱりの松緑丈奮闘公演でもあります。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

竹本住大夫師匠が引退を発表なさいました

残念ですが、どことなく晴れがましいようなおめでたいような気持ちになるのは、引退興行という場があるからでしょうか。
師匠が語られる場面は全て切り場、全て名場面ですからどれがよかったとは初心者の口からは申し上げにくいですが、ワタクシ的には心中宵庚申 上田村の段、摂州合邦辻 合邦住家の段がうむむむむっとなった演目です。四月公演夜の部は一度は拝聴したいものです。時間を見つけていきます!
長い間ありがとうございました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月は花形歌舞伎が南座であるしぃ

菊様が京都にきてくらはりますぅ~。
なかなかちゃんとスケジューリングができません。文楽地方公演、杉本文楽、びわ湖ホールオペラ死の都、佐渡裕、牛牛&スーパーキッズ、宝塚雪組公演…何でもええから見たいよ~。
ラ・フォル・ジュルネも文楽四月公演も大阪松竹座、四月南座も、勤務のシフトが見えないので前売り買えません~。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »