« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月19日 (月)

劇団四季Song & Dance 感謝の花束 17 日ソワレ

京都では短い期間の公演ですが,神戸の後全国を回り,東京凱旋となりますから暑い最中の長期ロード。メンバーから,芝さん,井上さん,坂田さん,西尾さんが抜けられました。芝さんのパートが飯田洋輔さん,井上さんのパートが光川さん,福井麻起子さんに振られ,暴走族は李さん。
こんなことを申し上げるのはなんですが,あまりお似合いでなかったミュージック・オブ・ザ・ナイト↑,愛せぬならば↑,お洒落は私の切り札↑は,ブラボーな場面に,その代わりJCSは↓お祭り感が薄まり,女声バラード系のナンバー↓が薄味に…。西尾さんの暴走族↓は余人をもって代えがたいとわかりました。
サウナスーツ着用のミセス・ポットは若いもんにまかせて,東京からは早水さんに御出演いただきたいです。

まだ公演が続きますので,ネタバレになる加藤マジックは申しませんが,シンプルながら遊び心を効かせておられます。京都劇場でせめて2週間いていただきたかった。
神戸に行きたい。東京も行きたい!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

松尾塾子供歌舞伎公演2013 in 国立文楽劇場

今年は大阪1公演、東京2公演です。

操り三番叟
国立文楽劇場ではおなじみの寿式三番叟ではなく、操りの方です。今年のお正月に千載・吉太朗さん、翁・藤十郎丈、後見・薪車丈、三番叟・翫雀丈でかかりました。千載の小野澤春輝さんは12歳とか、吉太朗さんと同年代ですね。さぞ緊張なさったでしょう。元気いっぱいの三番叟の石原大雅さん、神妙な面持ちの鈴木哲平さんの息がぴったりで楽しいです。後見の後見は卒塾生のおにいさん。みーんな凛々しかったです。

 
新版歌祭文 野崎村の場
少年少女のスリリングな恋模様というのが、松尾塾に相応しいです。お光もお染も13歳、久松が12歳。物語の年齢設定に近いです。昔は大人になるのを急がされましたからきっとこんな感じだったと思いました。2人とも人形のように可愛らしいですが、。勘十郎さんが遣われるお光と簑助さんが遣われるお染のように、人の心の痛みを忖度できる田舎娘と、心のままにふるまう町娘の違いを鮮やかに表現しておられました。
ツメちゃんのような村人、かごやさんも船頭さんもかわいらしこと。
妹背山も良さそうです。

 
舞踊
 月 蜻蛉に扮したBoysが舞うほほえましい舞踊です。
 雪 新口村に落ちてきた梅川と忠兵衛の舞踊劇。台詞もあります。封印切も見たいゾ。
 花 花の若衆と娘たちの群舞。ヴァリエーションもあり、皆さんに見せ場があります。
松尾塾では、ほんまものの子どもも登場する時代物(伽羅先代萩、寺子屋、実盛物語、盛綱陣屋など)がいいですが、Girlsもの(妹背山、生写朝顔日記、桂川連理柵、妹背山など)がいいかも↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

風立ちぬ

Photo_3
監督:宮崎駿
キャスト
堀越二郎/庵野秀明
里見菜穂子/瀧本美織
本庄/西島秀俊
黒川/西村雅彦
カストルプ/スティーブン・アルパート
黒川夫人/大竹しのぶ
カプローニ/野村萬斎
あらすじ
堀越二郎は、幼い頃から飛行機乗りにあこがれていたが、近視のためパイロットになれなく、飛行機設計技師を志した。夢のなかで二郎はイタリアの飛行機技師カプローニ男爵と語り合う。東京帝大の工学部に合格した二郎は、東京へ向かう列車のなかで関東大震災に遭う。震災の混乱の中で、令嬢・菜穂子と運命な出会いを果たす。やがて飛行機設計技師として就職し、その才能を買われた二郎は、同期の本庄らとともに技術視察でドイツや西洋諸国をまわり、見聞を広めていく。そしてある夏、二郎は避暑休暇で訪れた山のホテルで菜穂子と再会。菜穂子は結核を患い療養所暮らしも長引くが、敢えて結婚する。二郎は新たな戦闘機・ゼロ作りに没頭していく。

ゼロ戦設計者として知られる堀越二郎と、同時代に生きた文学者・堀辰雄の人生をモデルに生み出された主人公の青年技師・二郎が主人公。
大正昭和の町並みや風俗、人々の決して豊かではないつつましい暮らし。不況、大震災がリリカルな映像で紡ぎだされます。人はこの世に与えられた時間を変えることができません。その時間を迷いなく自分が納得できる生き方を貫いた男と女の物語です。
細かいところに賛否両論あるところまで、行き届いておられます。
ジブリ映画にはずれなし。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月12日 (月)

華麗なるギャツビー バズ・ラーマン版(2D字幕)

Photo
監督・製作:バズ・ラーマン
キャスト
ジェイ・ギャツビー/レオナルド・ディカプリオ
ニック・キャラウェイ/トビー・マグワイア
デイジー・ブキャナン/ルーシー・フィッシャー
トム・ブキャナン/ジョエル・エドガートン
マートル・ウィルソン/アイラ・フィッシャー
あらすじ
1920年代の米ニューヨーク、ロングアイランド。宮殿のような豪邸に暮らし、素性も仕事も謎めいた大富豪のジェイ・ギャツビーは、毎夜のように豪華絢爛なパーティを開いていた。そんなある日、ギャツビーは、隣人の青年ニックはその豪邸に招かれ友人として遇される。自らの生い立ちを語り始めるが、あまりにできすぎたサクセスストーリーに違和感を覚える。
ギャツビーは、対岸のブキャナン亭をじっと見つめていた。そして、ニックの従姉妹でブキャナンの妻デイジーに合わせて欲しいと頼まれる。

1974年にロバート・レッドフォード主演で映画化もされた、米作家F・スコット・フィッツジェラルドの小説「グレート・ギャツビー」を、「ロミオ+ジュリエット」のバズ・ラーマン監督&レオナルド・ディカプリオ主演コンビで再映画化。
映画なんですから、華麗でドラマチックで出来すぎたストーリーだってノープロブレム。映像は凝っていて建築物や調度はアールデコ。衣装は1920年代。音楽はチャールストン。酒、男の純情と暴力性、女の打算と生理…。気持ちよく酔える映画です。
ディカプリオ映画にはずれなし。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月11日 (日)

図書館で借りた本0810

図書館で借りた本0810
□覚悟の眼 萩 浩介
□日本の都市づくり 日本都市計画学会
□東京 都市と建築の130年 初田 亨
□東京古き良き西洋館へ 淡交社
□「和」の都市デザインはありうるか 田端 修
□摩天楼の怪人 島田荘司
□真田三代記 火坂雅志
□謎002 宮部みゆき選
□謎001 東野圭吾選
□江戸夕しぐれ 縄田一男編
娯楽読物バンザイ!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

びわ湖ペーロンに参加してきました。

びわ湖ペーロンに参加してきました。
8月10日(土)なぎさ公園サンシャインビーチで開催されたびわ湖ペーロンに参加してきました。ペーロンとは、ドラゴン形の手漕ぎ競艇です。オールは1本しか持たなくリズムで進む船です。暑かったけれど湖上は爽快でした。
2レースに参加しましたが、無事でした。ホッ↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "びわ湖ペーロンに参加してきました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

Song & Dance 60 感謝の花束

京都劇場初日8月8日(木)ソワレ
半年ぶりに劇団四季が京都劇場にきてきださいました。何事もなかったように…。
元はウエストサイド物語の予定でしたから、ソンダン還暦の歩みへの変更は、待ってましたようなそうでないような。
ナンバーは以下のとおり。名場面でない場面はありません。惜しい点は、ダンスパートの見せ場が少ないことでしょうか。パガニーニのヴァリエーションが無かった~。坂田さん又は加藤さんのヒュッテが無かった。
リトルマーメイドのナンバーが一杯というのがうれしかった~。

第1幕
オーヴァチュア ヴィヴァルディの四季
コーラスライン 愛した日々に悔いはない
ユタと不思議な仲間たち 生きているってすばらしい
キャッツ オーヴァチュア/ジェリクルソング/スキンブルシャンクス~鉄道猫
      ミストフェリーズ~マジック猫/メモリー
JCS 狂信者シモン、ヘロデ王の歌、私はイエスがわからない
オペラ座の怪人 ザ・ミュージック・オブ・ザ・ナイト/マスカレード
ノートルダムの鐘 ガイ・ライク・ユー/天使が僕に
リトルマーメイド パート・オブ・ユア・ワールド/キス・ザ・ガール
美女と野獣 愛せぬならば
アイーダ お洒落は私の切り札、迷いつつ
ライオンキング サークル・オブ・ライフ

第2幕
アプローズ ようこそ劇場へ
コーラスライン ワン、フィナーレ
美女と野獣 ビーアワゲスト
ライオンキング 終わりなき夜
サウンド・オブ・ミュージック サウンド・オブ・ミュージック
                  もうすぐ17歳
夢から醒めた夢 煉獄のおいらたち
アンパンマンのマーチ
ユタと不思議な仲間たち 友だちはいいもんだ
ジョン万次郎の夢 明日は近づく
サウンド・オブ・ミュージック 全ての山へ登れ
ジョン万次郎の夢 心を開いて
リトルマーメイド アンダー・ザ・シー
ジョン万次郎の夢 あきらめないで
JCS スーパースター
クレイジー・フォー・ユー アイ・ガット・リズム
夢から醒めた夢 愛をありがとう
感謝の花束というより感謝の重箱。ぎゅうぎゅう詰まってました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "Song & Dance 60 感謝の花束"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 1日 (木)

8月からぼちぼちでええんで、観劇三昧したいわあ!

7月末まで書き物のノルマに追われていましたが解消しました。8月は全部の土日を観劇マチソワで埋めて月10本超えを目論んでいましたが、…
ンなあほな!今度は、夏祭り、ドラゴンボートレース、土塗り壁の修行、ペーパークラフト修行、地蔵盆など、フィジカルな行事が続きます。8月の9日もある土日のうち、観劇に使えるのは2日だけ。お盆休みがあるわけでなし、凋落著しいおとみとなっております。しかし、一応考えて、観劇予定は入れています。

文楽夏休み公演
劇団四季還暦の歩み(京都)
盲導犬
松尾塾子供歌舞伎
上方歌舞伎会
モリー先生の日曜日(兵庫)
文楽夏休み公演はあと1公演しか見られなくなりました。名残り惜しい~。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "8月からぼちぼちでええんで、観劇三昧したいわあ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »