« 勿体ないが人間国宝さま方は、惜しまれてとはいえお年のうえ、勘三郎丈は還暦になるやならずで死ぬるのは、さぞ悲しく御無念、御令息の晴れ姿に逢いたかったことであられましょう。 | トップページ | ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 »

2012年12月10日 (月)

ふがいない僕は空を見た

Photo
原作:窪美澄「ふがいない僕は空を見た」
監督:タナダユキ
出演:永山絢斗、田畑智子、窪田正孝、小篠恵奈、田中美晴、三浦貴大、銀粉蝶、原田美枝子
公式サイト:http://www.fugainaiboku.com/
あらすじ
高校生の卓巳は友人と出掛けたアニメの同人誌販売イベントで、あんずと名乗るアニメ好きの主婦・里美と出会う。やがて二人は深い仲になり、里美は卓巳に自分の好きなアニメのキャラクターのコスプレをさせ、情事に耽っていた。里美は、実は不妊治療に追いつめられていた。
一方、卓巳の友人・良太は、父母に相次いで去られ、認知症の祖母と二人暮らし。コンビニでバイトしながら高校に通うが、極貧のなかで絶望していた。
やがて、卓巳と里美の情事はネットで公開され…。

田畑智子さん主演で、体当たりの熱演で新境地と聞き、行ってまいりました。純文学してますねえ。主人公たちの閉塞感が苦しいです。それぞれ、若く美しい肉体を持ち合わせながらそれが認められるのはセックスの最中だけというのもやりきれません。若者たちの絶望の根底にあるものが、階層の固定化というのだったら、大人が行動せんとあきません。
たくさん問題を提示しすぎの感がありましたが、観おわった後は爽やかでした。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

|

« 勿体ないが人間国宝さま方は、惜しまれてとはいえお年のうえ、勘三郎丈は還暦になるやならずで死ぬるのは、さぞ悲しく御無念、御令息の晴れ姿に逢いたかったことであられましょう。 | トップページ | ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふがいない僕は空を見た:

» タナダユキ[監督]『ふがいない僕は空を見た』(2012年)を観た。 [ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!]
○タナダユキ[監督]『ふがいない僕は空を見た』(2012年)を観た。 タナダユキ [続きを読む]

受信: 2013年1月 5日 (土) 09時12分

« 勿体ないが人間国宝さま方は、惜しまれてとはいえお年のうえ、勘三郎丈は還暦になるやならずで死ぬるのは、さぞ悲しく御無念、御令息の晴れ姿に逢いたかったことであられましょう。 | トップページ | ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 »