« ロミオ&ジュリエット ~ヴェローナの子供たち~ フランス来日版 オリジナルあっての世界上演なんですね。 | トップページ | 図書館で借りた本1110・私を綱町三井倶楽部に連れてって »

2012年11月 7日 (水)

ロックミュージカル騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談 とことんめちゃくちゃとおっしゃいますがマトモな四谷怪談じゃん

脚本・作詞:橋本 治 
演出:蜷川幸雄 
音楽:鈴木慶一
出演:
民谷伊右衛門(当世蒼白青年)/佐藤隆太
佐藤与茂七(悲憤公害青年)/小出恵介
直助権兵衛(無残薄倖少年)/勝地 涼
お袖(可憐同棲少女)/栗山千明
次郎吉(天晴淫乱少年)/三浦涼介
お梅(恐怖早熟少女)/谷村美月
お岩(怪奇正体不明)/尾上松也
お熊/麻美れい
伊藤喜兵衛/勝村政信
四谷左門/男B/瑳川哲朗  
仏野孫兵衛/青山達三
老女A/市川夏江
小仏小平の母/梅沢昌代
宅悦/大石継太 ほか
あらすじ
昭和51年にして文政8年、さらに元禄14年であり南北朝時代。ところは東京都江戸市内。
浅草観世音境内で浪人の民谷伊右衛門が傘を売っているところへ、人気DJの伊藤喜兵衛が、娘のお梅が一目惚れしたので、妻に迎えてくれという。自分には妻・岩がいると断るが、伊藤親子は諦めそうにない。
お岩の妹・お袖には佐藤与茂七という許嫁がいるが、主君の仇打ちの資金集めに奔走しておる。与茂七のため、お袖は夜は客をとっている。そんなお袖にぞっこんの直助。皮肉なことに曖昧宿でお袖と与茂七は出くわしてしまう。
そんななか、お岩とお袖の父四谷左門は何者かに殺され、与茂七は殺害されて顔の皮を剥がれる。そして、産後の肥立ちの悪いお岩の顔に異変が…。

めちゃくちゃで混沌とした、マトモじゃない、ばかばかしい、凄まじい破壊力、元を徹底的にひっくり返してやるという謳い文句で紹介されています。「感動してもらおうなんて思っちゃいない」、「ことごとく世の常識を無視して全然違う何かを作ってしまう」とおっしゃってますので、こちとらも、感動なんか意地でもするものか、ネガティブ以外の感情をを少しでも起こさせてくれたら怒るでと身構えて観劇しました。
昭和51年に破壊を極めたものであっても、平成24年には、時代がそれを追い越していますので、ノスタルジーを感じます。身勝手で暴力的な若者がはびこり、売春も日常行為の娘たちが闊歩するのはむしろ文化文政の時代なのでしょう。予言が当たったと、当時駆け出し・今巨匠たちを、そうだったそうだった、お父ちゃん、あんた方は先見の明があってえらいと褒め、真剣に取り組んで下さった若い俳優さんたちに、心から敬意と称賛を捧げます。支えられたベテラン俳優さんたちには、心からお礼を申し上げます。ワタクシは、お父さん方にとことん付き合います。
普通に四谷怪談でした。それが一番怖いんだよね。
俳優さんたちには惜しみない拍手を、脚本家と演出家にはトマトを投げて差し上げるのが最大の賛辞になるかもしれません。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

|

« ロミオ&ジュリエット ~ヴェローナの子供たち~ フランス来日版 オリジナルあっての世界上演なんですね。 | トップページ | 図書館で借りた本1110・私を綱町三井倶楽部に連れてって »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロックミュージカル騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談 とことんめちゃくちゃとおっしゃいますがマトモな四谷怪談じゃん:

« ロミオ&ジュリエット ~ヴェローナの子供たち~ フランス来日版 オリジナルあっての世界上演なんですね。 | トップページ | 図書館で借りた本1110・私を綱町三井倶楽部に連れてって »