« 9月の予定は未だ調整中 | トップページ | 劇団俳優座公演「樫の木坂四姉妹」今も新劇は好きだぁ »

2012年9月 2日 (日)

プロメテウス 3Dが大正解の美しい映像と2Dにしといたらよかったというショッキングな映像もあります。

Photo
監督:リドリー・スコット、『ブレードランナー』『エイリアン』『グラディエーター』
キャスト
ノオミ・ラパス/エリザベス・ショウ(科学者)
マイケル・ファスベンダー/デイビッド(アンドロイド)
シャーリーズ・セロン/メレディス・ヴィッカーズ(艦の監査役)
ガイ・ピアース/ピーター・ウェイランド(科学者)
あらすじ
2090年代。世界各地で発見された古代壁画には神のような者から火を授かる人類が描かれていた。人間に火を伝えた神・プロメテウスとは高度な文明を持つ宇宙からの客人ではないのか。人類が長年にわたって追い続けている、人類の起源にまつわる謎。科学者たちを中心に編成された調査チームは、宇宙船プロメテウス号に乗り込んで問題の惑星へと向かう。惑星にたどり着いた彼らは、人類のあらゆる文明や常識を完全に覆す世界を目の当たりにして息をのむ。誰も到達できなかった人類誕生の真実を知ろうとチームの面々は探索に向かうが…。そこには驚愕の真実と新たな危機が待ち受けていた。

日経新聞の映画評に★4つだったので信用して拝見しました。
予測不能のストーリー展開、次から次へと主人公のショウ博士を襲う悲劇と危機。敢然と立ち向かうタフネスと不屈の探求心がエイリアンのリプリーを彷彿とさせます。3Dで観て良かったという美しい映像と2Dにしておいたら良かったと後悔する衝撃の映像が楽しめます。人間らしいノオミ・ラパスさんと、人間離れしたシャーリーズ・セロンさん、人間でないお役のマイケル・ファスベンダーさんの対比もいいですね。
あのキャラクターも登場しますが、なぜなのか分からなかったです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

|

« 9月の予定は未だ調整中 | トップページ | 劇団俳優座公演「樫の木坂四姉妹」今も新劇は好きだぁ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロメテウス 3Dが大正解の美しい映像と2Dにしといたらよかったというショッキングな映像もあります。:

« 9月の予定は未だ調整中 | トップページ | 劇団俳優座公演「樫の木坂四姉妹」今も新劇は好きだぁ »