« 劇団俳優座公演「樫の木坂四姉妹」今も新劇は好きだぁ | トップページ | 図書館で借りた本0908 »

2012年9月 4日 (火)

九月大歌舞伎・大阪松竹座初日 雨乞い狐さんの通力全開。勘九郎丈の切れ味は最高ですが、ほのぼのとした公演です。

九月大歌舞伎・大阪松竹座初日 雨乞い狐さんの通力全開。勘九郎丈の切れ味は最高ですが、ほのぼのとした公演です。
中村勘九郎襲名披露興行
昼の部
一 妹背山婦女庭訓
  三笠山御殿
  お三輪   七之助
  求女    新吾
  橘姫    壱太郎
  鱶七    橋之助
  豆腐買おむら翫雀
二 俄獅子
  芸者お扇  扇雀
  鳶頭駒吉  橋之助
  団子売
  お福    勘九郎
  杵造    七之助
三 瞼の母
  番場の忠太郎 勘九郎
  金町の半次郎 亀鶴
  半次郎妹おぬい壱太郎
  半次郎母おむら竹三郎
  お登勢   七之助
  水熊のおはま 玉三郎

玉三郎丈に教わった七之助丈のお三輪ちゃん。きっちり演じておられました。若い娘らしい思慮の浅さや,凝着の相になりツケが入ってからの一生懸命が好感が持てます。自信付けられてます。しっかり見て差し上げてくださいね。
鱶七上使の段(床下から槍が出てきたり,花がしおれる場面)が省略され,姫戻りの段からですので,突然出て来られる橋丈の鱶七があんた誰状態でもったいなかったです。

俄獅子は置いといて(コラコラ)、団子売!勘九郎丈の女房と七之助丈の亭主の好みの組み合わせです。いつもとちょっと振りが違ってかっこいいです。お面をつけたお福ちゃんの踊りがコミカルで活きのいいこと。途中,二人だけの口上となり,お福ちゃんがしっかり努めますのでよろしくというと,杵造さんが,父が不在でご迷惑と心配をかけていますが,皆様に支えられ兄弟力併せますのでよろしくとのこと。お福ちゃんが,ちゃんと頼んだんだから大丈夫だよねと踊りに戻ります。姉さん女房です。

3演目目は新歌舞伎というかお芝居です。渡世人姿の勘九郎さんのかっこ良さに目はくぎ付け。しかし,DNAより濃いのは習得により似てくる、お声と間。お父上の勘三郎丈に似すぎ。弟分の半次郎にいきがるところなんぞ、そのものです。
また,後半のクライマックス,やっと訪ねあてた水熊の女将おはまに,息子の名乗りをあげたけど,我が子と認めようとしないおはまと対峙するところでは,新勘九郎丈らしいひたむきさとまっすぐな演技で涙を絞っておられました。すねると,また,お父上の間が現れます。
気丈なおっかさんは玉三郎丈,素直な妹は七之助丈で,勘九郎丈を盛り立てておられました。
兄弟愛がいいですね。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

夜の部
一 女暫
  巴御前   玉三郎
  舞台番鶴吉 勘九郎
  轟坊雲斎  翫雀
  女鯰照葉  七之助
  蒲冠者範頼 橋之助
  清水冠者義高秀太郎  
二 口上
  秀太郎,彌十郎,橋之助,七之助,勘九郎,玉三郎,翫雀,扇雀,我當
三 雨乞い狐

  野狐/雨乞巫女,座頭,小野道風,狐の嫁,提灯,勘九郎狐
  勘九郎
四 雁のたより
  髪結い   翫雀
  愛妾    壱太郎
  若旦那   亀鶴
  若殿    薪車
  乳母    吉弥
  家老    彌十郎
  花車    扇雀

御祝儀演目の女暫。大阪松竹座ですから間口は小ぶりですが,玉三郎丈の華やかさと強さで舞台はいやがうえにも盛り上がります。秀太郎丈が出られてますので,はんなりとしながらも舞台がしまってます。七之助丈には中村屋の七ねえと呼んでおられました。
いよいよ舞台番の御登場。ワタクシ的に最もかっこいい衣装の一つが首抜き。白地に紺の鶴丸が似合われます。吉例の重いから持ってくださいなは,失礼ながら,おかあさんが息子に荷物を持ってくださいに見えてしまいました(*´v゚*)ゞ。玉三郎丈に教える勘九郎丈という役割に,できるんでしょという楽屋落ちもありました。

口上は,玉三郎,翫雀,扇雀,我當,秀太郎,彌十郎,橋之助,七之助,勘九郎
の順。みなさま,それぞれお父上の勘三郎丈の御休演に言及され,勘九郎丈が芸熱心で努力家であることをほめたうえで,末永くよろしくとのことでした。
玉三郎丈は,図らずも座頭となり,2人の兄弟の母親役を務めています。小さく可愛かったときから知ってますので立派になられて…とおっしゃってました。

圧巻の雨乞い狐!今これを舞えるのは勘九郎丈だけではないでしょうか。ひょうきんな野狐,アクロバティックな動きに目を見張る巫女,ここでもう雨が降りますのでもう完全勝利に向かって舞うのみ!コミカルな座頭,おっとこまえの小野道風,黒の衣装がお似合いの狐の嫁,長い手足をしっかり見せてくださる提灯。元の狐の姿に戻りますが,首尾よく雨を降らせた功績により,勘九郎狐の称号を授けると聞き,嬉々として舞い狂い花道を跳んで行きます。表情が豊かでとっても可愛いんです。これだけで幕見通えます。写真買いに行けるかな。
大阪松竹座が1日に開幕して以来,近畿地方は毎日夕立が降ります。昨日は京都府南部は大雨,あちらこちらで落雷の被害も…。雨乞い狐のパワー恐るべし。

翫雀丈の髪結い,薪車丈の若殿,彌十郎丈の家老,皆さんまったりゆったり笑わせてくださいます。上方は笑うてもろてなんぼの世界です。

|

« 劇団俳優座公演「樫の木坂四姉妹」今も新劇は好きだぁ | トップページ | 図書館で借りた本0908 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/55581039

この記事へのトラックバック一覧です: 九月大歌舞伎・大阪松竹座初日 雨乞い狐さんの通力全開。勘九郎丈の切れ味は最高ですが、ほのぼのとした公演です。:

« 劇団俳優座公演「樫の木坂四姉妹」今も新劇は好きだぁ | トップページ | 図書館で借りた本0908 »