« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

ダークナイト・ライジング ノーラン作品は、キャラクターデザイン、映像とも凝ってますので確実に楽しめます。

Photo
監督:クリストファー・ノーラン「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」「インセプション」
キャスト
クリスチャン・ベール/ブルース・ウェイン(ゴッサムの大富豪)、バットマン
マイケル・ケイン/アルフレッド(その執事)
ゲイリー・オールドマン/ジム・ゴードン(警察署長)
アン・ハサウェイ/セリーナ・カイル(泥棒)、キャットウーマン
トム・ハーディ/ベイン(ゴッサムの地下に巣食う暗黒組織の長)
マリオン・コティヤール/ミランダ・テイト(重役)
ジョセフ・ゴードン=レビット/ジョン・ブレイク(巡査)
あらすじ
「ダークナイト」の終幕から8年。デント検事は英雄として偶像化され、バットマンはその犯人として消息不明のままであった。引退していた実業家ウェインも、社会復帰を果たそうとしていた。そんななか、ゴッサム・シティを破壊しようとする残虐な殺し屋ベインが町を支配する攻撃を仕掛けてきた。立ち上がるバットマン。敵か味方か、謎のキャット・ウーマンもバットマンにからむ。孤児院出身の巡査・ジョンも、ゴードンやバットマンを支えて奮闘するが…。

8月の最初で最後の映画鑑賞がこの作品。前作の渋さに感動し、早く見たかったのですが、月末になってしまいました。超大作映画はやはり映画館で鑑賞したいです。とにかく、お客さんを喜ばせようという心が伝わります。本筋と関係がそれほど深くないシーンには思いっきり映像の華やかさで勝負なさいます。いまどき、ほとんどCGの時代に、群衆は実写にこだわられたとか。今回では飛行機の宙吊りシーンやスタジアムの爆破や暴徒と警官隊の乱闘シーンがそれです。3時間の長さは気になりません。
合衆国映画は正義とどう向き合うか、姿勢が問われるのですね。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "ダークナイト・ライジング ノーラン作品は、キャラクターデザイン、映像とも凝ってますので確実に楽しめます。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月26日 (日)

松尾塾子供歌舞伎公演2012 in 国立文楽劇場B。今年は25周年記念ということで特別に口上がありました。

勧進帳
武蔵坊弁慶 高橋希碩
源義経    古里一花
富樫左衛門 大原弘資
長唄      宮田哲男(人間国宝)

梅野由兵衛
小梅      鈴木哲平
由兵衛    上口 薫
長吉      小野澤春輝

長唄末広狩
卒業生有志及び在塾生選抜

口上
塾長、指導者、出演者全員

勧進帳は初挑戦とか。御馴染の演目ですが、松尾塾の生徒さんがなさると、対決の緊張感がびしばし伝わります。主演のお二人、息詰まる迫力でした。
梅野由兵衛は、大阪を舞台にした義太夫狂言です。小道具や段取りが思いっきり多く、生活感や情を出さなくてはなりませんので、たいへんです。三人でしっかり涙をとっておられました。
思わぬ祝儀舞踊で卒業生を拝見してたのしゅうございました。
来週の東京公演も頑張ってください。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "松尾塾子供歌舞伎公演2012 in 国立文楽劇場B。今年は25周年記念ということで特別に口上がありました。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

無隣菴で勉強会です。

無隣菴で勉強会です。
厳しい陽射しに映えるお庭。流水なので涼しいんだよね。植治さんはこの界わいの景観をどのように描いたのでしょうか。
びわ湖とつながっているかと思うと親しみを感じます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "無隣菴で勉強会です。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

福井さんが旭川のスタジアムでプロ野球公式戦の始球式。ショートリリーフから押えの切り札に。

イベントに関する記事が掲載されるのは久しぶりです。公式に記事が掲載されてました。わーい。福井晶一さんが北海道旭川市でプロ野球公式戦の始球式に登板。相変わらず体育会系のさわやか青年ぶり。ムファサのコスチュームではなく、ユニフォームだったようです。
エジプトで将軍職、サバンナで百獣の王、ウェストサイドでドラッグストアの配達係、魔法の城の王子、どこも人手不足です。よろしくお願いします。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火)

第1回坂東薪車の会に行って参りました。

坂東薪車丈が養父竹三郎丈の前名を襲名されてから早7年が過ぎました。もちろんそれまでも拝見していましたが,初めて舞台写真を購入させていただいたのは,平成17年,南座・坂東玉三郎特別舞踊公演「船弁慶」で源義経公を務められたとき。玉三郎丈に導かれるように花道から出てこられました。丈の心音が聞こえてきそうなほど緊張して拝見したことが懐かしいです。直近では,6月に新橋演舞場で「鎮説弓張月」の体を張った武藤太を拝見しました。
本当にご立派で,盛大な会でございました。
一、仮名手本忠臣蔵
五段目
早野菅平  薪車
千崎弥五郎 松次郎
斧定九郎  千次郎
余市兵衛  鴈大
六段目
早野菅兵  薪車
おかる   壱太郎
おかや   吉弥
千崎弥五郎 松次郎
原郷右衛門 竹三郎
一文字屋お才千壽郎
判人源六  竹朗
子守娘   吉太朗
忠義一筋ながら,色にふけったばっかりに「運命に見放された若者」菅平の人物造形がくっきりしておられ,観客の涙を絞っておられました。几帳面な性格であられるので,型もきっちり踏襲しておられますが,ダンドリが少し重いように感じました。それよりなにより菅平になりきっておられます。
今回は,上方の演出ですので,浅葱色の着物に着物に着かえるところをおかやに邪魔され,刀身を鏡に髪を整えることもかなわず,普段着かつざんばら髪で二人侍に面会します。腹を切ってからの無念の述懐が悲痛で,薪車丈らしい大きな見せ場でした。また,薪車丈は血のりが似合われるんですねえ。被虐の方です。
その薪車菅平を追い詰める厳しい母が吉弥丈。おかるちゃんのおっかさんらしく一途で激しい御方です。それだけに,責めすぎた後悔もひとしお深く,際立っておられました。菅平が陥るところでは,道行の晴れ着の黒紋付きを着せ掛けてあげ,腕の中で看取ります(涙)。お声もよくとおり,大きいおかやさんでした。かなり竹三郎丈のイメージに近かったように思われました。(御本人のブログによりますと、竹三郎丈に習われたそうです。やはり。)
おかるちゃんは健気でピュアでした。これから何度もなさることでしょうが,この組み合わせは貴重です。
脇を固める若い役者さんたちもきっちりと良い仕事をなさってました。判人源六
役の竹朗さんが滋味ありました。

上方歌舞伎会は行かないとあきませんね。行きそびれたことを後悔しました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "第1回坂東薪車の会に行って参りました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェスト・サイド・ストーリー来日版。ゴキゲンなナンバーが聞けました!

Photo
脚本&ブロードウェイ・リバイバル演出:アーサー・ローレンツ
音楽:レナード・バーンスタイン
作詞:スティーブン・ソンドハイム
初演時演出&振付:ジェローム・ロビンス
ツアー演出:デイヴィッド・セイント
振付再現:ジョーイ・マクニーリー

キャスト
トニー:ロス・リカイツ
リフ:ドリュー・フォスター
アクション:ジョン・ドレイク
マリア:イヴィ・オルティーズ
アニタ:ミッシェル・アラビナ
ベルナルド:ジャーマン・サンティアゴ

8月12日の千秋楽に行ってきました。
作品の生みの親の1人である脚本家のアーサー・ローレンツがこだわりを持って初演版の舞台を復活させた最新プロダクション!48年ぶりのブロードウェイ版来日公演!
箇条書きにしますね。

来日版、オリジナル版の良さ
1 シャーク団がスペイン語を話します。「テ・ア・ドーロ・アントン」こうでなくてはいけません。
2 トニーの歌がめちゃ上手。英語の歌詞、イントネーションにメロディラインがあっていることをさっぴいても素敵。変拍子、転調をものともせず、フォルテシモの声量、ピアニシモの正確さ、緩急も聞かせてくださいます。コンサート形式でもいいように思いました。
3 アイ・フィール・プリティのシャークスガールズがとびっきりキュート。歌合戦も愉快。
4 ジェッツのコミックソングのクラプキ巡査がノリノリで最高。大人をおちょくる態度が不遜です。クールもいいかな。
5 お衣装がとっても綺麗。

もの足りないかな
1 幕開きの抗争の緊張感が足りません。
2 サムホェア・シークエンスで、血まみれのベルナルドとリフが登場しません。現実に返り、犯してしまった殺人に思い至らないのはあかんように思います。
3 アニタのいたぶり方とアニタの怒り、エニィボディズの恐怖は、新演出が凄まじかったので、気持ちもの足りません。
4 ラスト、トニーを担ぎあげるシーンがありません。ロミジュリ、シェイクスピアということをお忘れなく。リアリティと虚構の狭間に観客は涙するものです。
この日に劇団四季のウェストサイド物語が秋に上演という情報がアップされました。あの日から毎日、ウェストサイド談義が続いています。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "ウェスト・サイド・ストーリー来日版。ゴキゲンなナンバーが聞けました!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

奈良国立博物館の「頼朝と重源」拝見してきました。

奈良国立博物館の「頼朝と重源」拝見してきました。
治承4年の平氏による南都焼き討ちで灰塵に帰した東大寺を再整備し、後世に残る鎌倉仏教文科の礎となった重源師の功績を中心に、源頼朝の後援にも言及した国宝がずらりの豪華展です。
61歳で東大寺大勧進に就任し、大偉業を成し遂げただけでなく、後継者を育て上げ、芸術家集団を創設されてます。プロデュース力、調整力、気概にひれ伏します。
元興寺、十輪院、奈良ホテルなども寄ってきました。
南都では平重衡は仏敵、国賊のようです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "奈良国立博物館の「頼朝と重源」拝見してきました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京町家一軒貸しの宿白河庵で合宿してきました。


京町家一軒貸しの宿白河庵で合宿してきました。
よっぴいての談義にぴったり。宿の前が白川なんで、とっても涼しいです。水の効果は凄いです。
前日は、親と子の土壁教室のお手伝いもありまして、京町家三昧の一日でした。
石橋の上は最高に涼しいよ!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "京町家一軒貸しの宿白河庵で合宿してきました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月14日 (火)

今週から福井さんがムファサ

王の帰還!千秋楽までおられたらいいな。その勢いで大阪初日に来てくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月12日 (日)

しみじみ日本乃木大将

Photo
4日ソワレを拝見してきました。
戯曲:井上ひさし
演出 蜷川幸雄
出演
こと(壽號の前足)・陸軍大将乃木希典閣下 風間杜夫
ぶき(壽號の後足)・明治44年9月1日朝の乃木将軍 吉田鋼太郎
あら(璞號の前足)・副官・桂太郎 山崎一
たま(璞號の後ろ足)・村田三介 六平直正
乃の字(乃木號の前足)・玉木正宜、赤胴蛇之助、明治大帝 大石継太
木の字(乃木號の後足)千田少尉 大川ヒロユキ
くれ(紅號の前足)・乃木大将夫人静子様・皇后 根岸季衣
ない(紅號の後足) 都築香弥子
はな(英號の前足)・児玉源太郎 朝海ひかる
ぶさ(英號の後足)・山県有朋 香寿たつき
馬・給仕 荻野貴継
馬・給仕 浦野真介
あらすじ
明治天皇大葬の日の夕刻。大帝に殉死することを決意した陸軍大将乃木希典が、夫人の静子様と共に、自邸の厩舎の前で3頭の愛馬(壽號、璞號、乃木號)に最後の別れを告げている。そこへ、出入りの酒屋の小僧である本多武松少年が現れ、この家の書生になることを志願する。実はこの少年、かつて日露戦争で乃木の軍にいて戦死した兵士の忘れ形見で、その後乃木本人とも因縁浅からぬ縁ができていたのだ。
一行が立ち去った後、夫妻のただならぬ様子に異変を感じた愛馬たちが、突如として人の言葉で喋りだす。そして、あろうことか3頭それぞれが前足と後足に分裂し、併せて六つの‘人格’ならぬ‘馬格’となって騒ぎだす。そこに近所で飼われている2頭の牝馬も加わり…。

“日露戦争の英雄”と称えられた明治の軍人、乃木希典陸軍大将を描いたこの作品は、「聖将」と神格化される一方で、「愚将」との評価も付きまとった乃木希典の真の姿に迫っていくもので、第14回紀伊國屋演劇賞個人賞、第31回読売文学賞も受賞した、井上ひさしの代表作のひとつです。井上戯曲ファンの間でも傑作の誉れ高い本作の上演は、1991年以来、実に21年振りのこととなります。
今回の公演にあたっては、演出に‘世界のNINAGAWA’こと、蜷川幸雄を迎えています。意外なことに、蜷川が井上作品を演出するようになったのはここ数年のことですが、ともに時代の先端を走り、日本演劇界の顔であるふたりが組んだ作品は、過去いずれも大きな話題となっています。キャストにも名優・風間杜夫を筆頭とする実力派が顔を揃えており、すでに演劇ファンの間で、大いなる注目を集めております。井上ひさしの初期傑作に、蜷川幸雄がどのような新しい光を当てるのか、どうぞご期待ください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月11日 (土)

子供のためのシェイクスピア・リチャード三世 in びわ湖ホール

今年も来ていただきました。
原作 W.シェイクスピア
脚本・演出 山崎清介
出演
マーガレット、ヘースティングズ、リッチモンド 伊沢磨紀
エドワード、ヨーク公夫人、司教 佐藤誓
ジョージ、スタンリー 山口雅義
ケーツビー、王子・兄 戸谷昌弘
ヘンリー六世、バッキンガム 若松力
エリザベス  大内めぐみ
グレー、ブラッケンベリー 谷畑聡
リヴァース、ティレル チョウ ヨンホ
皇太子、アン、王子・弟 佐藤真希
リチャード・人形 山崎清介

このカンパニーのリチャード三世を拝見するのは2度目のように記憶してます。
A horse! A horse! My kingdom for a horse!
プロローグは、英語のキメ台詞です。
そして、口上からではなく、ヘンリー六世第三部の終盤、ランカスター家のマーガレットとヨーク3兄弟との戦、皇太子の惨殺、ヘンリー六世の暗殺から始まります。分かりやす~い。いきなり長い不満の冬が過ぎでは分かりにくいですものね。また、グロスター公リチャードは、左手に顔があり、その顔と対話しているというプロットです。顔はもちろん、シェイクスピア・ドールです。
近年、主演は若い方にお任せし、山崎さんは、座頭が務める重要な脇役と道化でしたが、今回は主演で、重厚なお芝居をがっつり拝見したという満足感ありました。伊沢さんのマーガレットは、場をさらっておられましたし、ヨーク公夫人の佐藤さんもウケておられました。
展開の早さ、手拍子、コロスのリズム感もいいし、子供でなくともノリます。

東京では、ヘンリー六世第三部のフル版とリチャード三世の交互上演だったとか。見たかった~。
この人数で、ほとんどお役の省略がないのが凄い。本当のエリザベス朝のお芝居のような気がしました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図書館で借りた本0811

図書館で借りた本0811
□中原の虹一 浅田次郎
□天眼 戸矢学
□幕末銃姫伝 藤本ひとみ
□茶々と秀吉 秋山香乃
□変貌する清盛 樋口大祐
□百年の亡国 海道龍一郎
□アフリカの瞳 帚木蓬生
□文楽のツボ 葛西聖司
□昏睡 霧村悠康
□内視鏡検査室 霧村悠康
娯楽読物は凝ってる方がよろしいす。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月10日 (金)

宝塚月組公演・22日マチネ「ロミオとジュリエット」龍真咲さんのロミオです。

Photo
三井住友VISAカード ミュージカル『ロミオとジュリエット』
作:ジュラール・ギュルスブルック
潤色:小池修一郎
キャスト
ロミオ/龍 真咲
ジュリエット/愛希 れいか
ティボルト/明日海 りお

宝塚大劇場公演も終盤となった22日、貸し切り公演の一般発売で拝見しました。こちらがスタンダードバージョンです。龍ロミオは、モンタギュー家の跡取り息子、モンタギュー派を束ねるリーダーとしての求心力が、さすが、トップスターという貫禄をみせてくださいました。多くの取り巻きに囲まれたときに真価を発揮されます。感情の動かし方も起伏に富み、若者らしいジェットコースターぶりでした。
問題をひとつあげるとしたら、御曹司としての貴種感に若干欠けるところでしょうか。ウェストサイド物語で良かったのではないかと思います。個性的な面構えの生徒さんが多い月組に合うように思います。
一方、似合わなさそうな明日海さんのティボルトは、暗い執着を持つ冷酷な男というアプローチで光彩を放っておられました。
ロミオは、幸福と不幸、優しさと残酷さの振り幅がポイントのようですね。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "宝塚月組公演・22日マチネ「ロミオとジュリエット」龍真咲さんのロミオです。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

宝塚雪組公演22日ソワレ・双曲線上のカルテ・ポスターやタイトルよりも明るい感じの舞台でした。

Photo_2
バウ・ミュージカル・プレイ『双曲線上のカルテ』
~渡辺淳一作「無影燈」より~
脚本・演出/石田昌也
配役
フェルナンド・優秀な外科医 早霧 せいな
モニカ・看護士 星乃あんり
ランベルト・医師 夢乃聖夏
セルジオ・病院長 夏美よう
ロザンナ・院長夫人 五峰 亜季
ジーナ・看護士長 麻樹ゆめみ
ブルーノ・恩師 奏乃はると
クラリーチェ・院長の娘 大湖せしる

あらすじ
ナポリ近郊の個人病院に勤務する優秀な外科医・フェルナンドは、腕は一流だが、女癖や勤務態度が悪く、医者としてのモラルに疑問を持たれることが多かった。同僚の正義派の熱血医師のランベルトと何かと対立していたが、患者からは慕われ、院長の娘や看護士・モニカから憧憬の目で見られていた。そんななか、ランベルトは、フェルナンドとの信頼関係を築きつつあったが、彼の苛酷な宿命を知ってしまう。

渡辺淳一氏の初期の名作「無影灯」は、「白い影」というタイトルで、2度ドラマ化されているそうです。普通に拝見すれば、よくもこれだけ男性に都合のよい上から目線で書かれているなと引くところですが、そこは宝塚。男役のカッコよさを見せるものですから、突っ込みはなしでまいりましょう。歌が少ないのは良いとしてダンスが少ないのはあきません。曲もベタです。
早霧せいなさん、こけた頬とスレンダーな手足、鋭い眼光に白衣が映えかっこよいです。いつもながら、演技も細かいところまで考えておられます。幻影にさいなまれるダンスシーンは、かつての春琴抄を思い出しました。自分でモルヒネを注射する姿もそれらしかったです。
ヒロインのあんりさんは若々しく、二人の年齢差を感じさせ、いい感じです。
夢乃さんは、上川隆也さんのようなイメージで素敵でしたぁ。
そういえば、雪組はこれから医者ものが続くようですね。知的な雰囲気のスターさんが多いからかしらん。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "宝塚雪組公演22日ソワレ・双曲線上のカルテ・ポスターやタイトルよりも明るい感じの舞台でした。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲子園口の洋風建築・松山大学西宮温山記念会館を拝見させていただきました。もちろん武庫川女子大学甲子園会館も行きました!

写真
スパニッシュな佇まい

写真
スパニッシュから和風へのグラデーションが個性的な南面。庭も洋風庭園と和風庭園の2面あります。

兵庫県西宮市JR甲子園口にある松山大学西宮温山記念会館は、 愛媛県出身の実業家で,松山大学創立者・新田長次郎(温山翁)が娘婿の建築家・木子七郎氏に設計を依頼した広大な庭園内に佇むスペイン風洋館(鉄筋コンクリート造2階建て)です。
1989年10月、新田家から松山大学に寄贈され,学生のゼミナール活動や研究会議などに利用されています。
1930年代の建設ながら,古き良き明治への憧憬が感じられる華やかな装飾,撞球室,スパニッシュタイルをふんだんに使った明るい印象,和洋折衷の庭園,あるいはアールデコの居間など,様々なトライアルが,昂揚感を醸し出しています。すぐ近くの甲子園ホテルが米軍に接収されたためか,新田家がずっと利用されてました。
別棟の蔵と離れもありました。なんと、しっかりした別棟防空壕も見せていただきました。このあたりは、台風、戦災、震災とありましたが、びくともしなかったとか。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "甲子園口の洋風建築・松山大学西宮温山記念会館を拝見させていただきました。もちろん武庫川女子大学甲子園会館も行きました!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五条坂陶器祭り・六道参りなど

五条坂陶器祭り・六道参りなど
陶器市でにぎわう東山区五条坂。ずらっと五条通両側にお店が並びます。目的はなくても見てるだけで楽しい。
五条坂陶器祭り・六道参りなど
今年は、大河ドラマ人気で盛り上がる六波羅界わい。阿古屋塚と清盛塚に上屋が設けられました。玉様の阿古屋の記憶も新しいです。
今夜は少し涼しかったので心地よく歩けました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "五条坂陶器祭り・六道参りなど"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びわ湖花火大会はこんな感じ

びわ湖花火大会はこんな感じ
フィナーレの連発。空が明るくなるほどの豪華さ。なかなかのもんです。
警備の皆さまありがとうございました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "びわ湖花火大会はこんな感じ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2012“トスカ”28日千秋楽・歌唱もオーケストレーションも装置も最高!甲南の歌姫は恋一筋!

Photo
お借りした画像はサンタンジェロ城屋上の大天使ミカエル
↑これは、原寸レプリカで御登場
大天使の中のリーダーや天使軍団のマスターとされています。正義の剣でドラゴンを打倒し地上での光の守護と警備にあたっています。トスカもカヴァラドッシも正義の裁きを受けてしまったのでしょう。

全3幕 イタリア語上演・日本語字幕付き
作曲:ジャコモ・プッチーニ
台本:ジュゼッペ・ジャコーザ、ルイジ・イリッカ
指揮:佐渡裕
演出:ダニエレ・アバド
装置・衣装:ルイジ・ペレゴ
配役
トスカ・ローマの歌姫・ソプラノ 並河寿美
カヴァラドッシ・貴族出身の画家・テノール 福井 敬
スカルピア男爵・悪徳警視総監・バリトン 斉木健詞
アンジェロッティ・政治犯・バス 大沼 徹
スポレッタ・刑事・テノール 西村 悟
堂守・バリトン 森 雅史
シャルローネ・憲兵・バス 町 英和
看守 大山大輔
牧童 佐野晶哉
ひょうごプロデュースオペラ合唱団
オープニング記念第9合唱団
ひょうごプロデュースオペラ児童合唱団
兵庫芸術文化センター管弦楽団

音楽と美術、愛と嫉妬、革命と反動、欲望と駆け引き…等々あくなきイタリア的愛欲のエッセンスのようなめくるめくオペラ。登場人物が皆、裏切りに遭い非業の死を遂げるという血の気の多い物語ですが、曲は甘い甘いアリア、流麗なオーケストレーションと、くらくらに酔わせてくださいます。
奇数日は来日アーティスト、偶数日は日本のアーティストの交互出演の8公演。千秋楽は日本のキャストさんです。実は両方買っていたのですが、所用があって、千秋楽のみの拝聴となりました。
タノシミの装置は、サンタンドレア・デッラ・ヴァッレ教会、ファルネーゼ宮、サンタンジェロ城を具象的に舞台上に再現するものでなく、スケール感やプロポーションそのままに装飾を抽象化したものです。セセッションに見えるのよねえ。4面舞台を活かした奥行き感、鏡や映像もインテリジェンス溢れるあしらいです。盆の楕円のプロポーションがサン・カルロ・アッレ・クアトロ・フォンターネ教会のようなイメージで、バロックの香りもします。
何といっても、主演トスカの並河さんの歌唱と演技!キュートな容姿、たぶんローマの下町出身、嫉妬深く愛一筋、思う殿方に命懸け、周りが見えなくていちころで騙されやすいところがまた可愛らしい。あまりお付き合いしたくないキャラクターですが、恋人としては最高の女性です。「歌に生き恋に生き」では、あまりの善良さに、びーびー泣かせていただきました。福井さんの歌声はリリカルで甘くて、トスカでなくても溶けます。本当に奥歯が浮き、唾液腺が痛くなります。
勢いで、びわ湖のコジ・ファン・トゥッテを購入しました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2012“トスカ”28日千秋楽・歌唱もオーケストレーションも装置も最高!甲南の歌姫は恋一筋!"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

佐渡裕ヤング・ピープルズ・コンサート2012 in びわ湖ホール リコーダー参加してきました。アンコールはウェストサイド物語より“マンボ!”

みんなもいっしょに!ブラ、ブラ、BRASS!
指揮・おはなし:佐渡裕
演奏:シエナ・ウインド・オーケストラ

チラシにリコーダーをもってきてねと書いてありましたので、ソプラノリコーダー持参で行ってまいりました。お子たちには指揮棒のプレゼントがありますが大人はありません。
シエナのご機嫌な曲ばかりのプログラム構成です。お得意のタルカスも聞けて、すんごいお得感♪
器楽とは芸術の創造のための人間に許された崇高な共同作業。他の人の音を聞き、自分の音を聞きひとつの音になる喜びです。そして、どれほど練習しても本番は一度だけで、その場で消えてなくなります。だからこそ、その時間が愛おしいものです。生涯の友に楽器を持たれることをお奨めします。と、おっしゃってました。

サンダーバード
マーチメドレー
ふるさと
歌劇「イーゴリ公」より“だったん人の踊り”
My Favorite Things
聖者の行進(リコーダー課題曲)
組曲「ばらの騎士」

ミッション・インポッシブル
組曲「惑星」より“火星”
組曲「惑星」より“木製”(リコーダー課題曲)
タルカスより
小学生には負けしません!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "佐渡裕ヤング・ピープルズ・コンサート2012 in びわ湖ホール リコーダー参加してきました。アンコールはウェストサイド物語より“マンボ!”"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

文楽夏休み特別公演第3部 住大夫師匠,清治師匠の一日も早い御本復をお祈りします。

第3部 サマーレイトショー
曽根崎心中
近松門左衛門=作
野澤松之輔=脚色・作曲
生玉社前の段
文字久大夫,清馗
天満屋の段
切 源大夫,藤蔵
天神森の段
お初 呂勢大夫
徳兵衛 咲甫大夫
清治(清介),清志郎ほか

お初 簑助
徳兵衛 勘十郎
九平次 文司

7月29日に拝聴しました。翌30日から,休演なさいましたので,その前日のはず。体調がお悪かったとはとうてい感じられない気迫の舞台でした。いろいろありましたが,結果としてこの夏の公演は,御両所の休演,興業は大入り満員と喜べないものとなりました。

曽根崎心中は何度もかけられる大人気演目ですが,見るたびに感動が新となります。
元禄の大坂は,身分制度の固定,拝金主義の絶対化など全く今日の大阪的です。
男は奉公に縛られ,女は苦界に身を沈め,若者が夢を持てず使い捨てられる状況です。正直で口下手なものは,まかり通る詭弁という暴力の前に屈せざるを得ないとは,情けなすぎます。
それでも,女の愛を力に,死をもって個人の尊厳と生きてきた証を立てるところが人気の所以でしょう。弱い者が至高の存在となる大逆転。恋とは全てを超えるということを,ひと時でも信じさせてもらえるということで,お客様は劇場に足を運ぶのでしょう。

お初徳兵衛の道行は,近松の詞で泣け,三味線で泣け,人形の美しさで泣け,椅子から立てないほどのカタルシスがありました。生涯のデータベースになりました。
厳密には、かなり改訂されているようですね。ワタクシは、浄瑠璃の置きや謡曲なら次第、ミュージカルやオペラならプレリュードや間奏曲、ポップスならイントロで泣くタイプです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "文楽夏休み特別公演第3部 住大夫師匠,清治師匠の一日も早い御本復をお祈りします。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月文楽公演・仮名手本忠臣蔵配役発表・最終の3連休は3通し♪

住大夫さんの御出演が案じられる11月ですが、待ちに待った配役の発表がありました。錦糸さんのHPにアップしていただけてます。だしまき夢の配役との違いはいかに?
11月文楽公演通し狂言仮名手本忠臣蔵
第一部 (10時半開演)
大序   鶴が岡兜改めの段
亘大夫、錦吾
小住大夫、清公
咲寿大夫、寛太郎
靖大夫、龍爾、希大夫
恋歌の段
師直 津国大夫、清丈
顔世 南都大夫
若狭助 始大夫
二段目桃井館本蔵松切の段
文字久大夫、錦糸
三段目  下馬先進物の段
睦大夫、清馗
腰元おかる文使いの段
三輪大夫、清志郎
殿中刃傷の段
津駒大夫、寛治
裏門の段
咲甫大夫、喜一朗
四段目   花籠の段
英大夫、清 友
塩谷判官切腹の段
 切 咲大夫、燕三
城明渡しの段
靖大夫、清丈
五段目 山崎街道出合いの段
相子大夫、団吾   
二つ玉の段
松香大夫 団七、錦吾(胡弓)
六段目   身売りの段
呂勢大夫 清治
早野勘平腹切の段
切  源大夫、藤蔵

足利直義 紋臣
高師直 玉也
塩谷判官 紋寿
桃井若狭助 幸助
顔世御前 文雀
加古川本蔵 勘十郎
妻戸無瀬 和生
娘小浪 一輔
鷺坂伴内 勘寿
早野勘平 清十郎
腰元おかる 勘弥
茶道珍才  勘次郎
大星力弥 文昇
原郷右衛門 玉輝
斧九太夫 文司
石堂右馬丞 玉志
薬師寺次郎左衛門 亀次
大星由良助 玉女
千崎弥五郎 清五郎
百姓与市兵衛 勘市
斧定九郎 玉佳
与市兵衛女房 簑二郎
一文字屋才兵衛 簑一郎
めっぽう弥八 玉翔
種ヶ島の六 玉誉
狸の角兵衛 簑次
住大夫さんの御休演は残念ですが御本復をお待ち申しあげます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "11月文楽公演・仮名手本忠臣蔵配役発表・最終の3連休は3通し♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

夏休み文楽特別公演・本日千秋楽。7月29日、8月4日通しました。28日はだし巻きにもよせてもろたし…

第一部 (親子劇場)
鈴の音
作・演出: 桐竹勘十郎
作曲: 鶴澤清介
作調: 望月太明藏  
出演: 豊竹咲甫大夫、竹澤宗助、竹本相子大夫、鶴澤清丈、吉田簑二郎、吉田勘市 ほか
初めて拝見する演目。勘十郎さんが20年以上前にお子さんが通う幼稚園の出張公演のために書かれた作品だそうです。
主人公は、河童の河太郎と、狐のコン平とはつね。河太郎が拾った鈴をもらった狐のカップルが猟師に追いかけられるはめになりますが、三人は一計を案じ猟師をたぶらかして事なきを得ます。かたりと曲が義太夫でなかったら、子ども向けの人形劇のようですですが、そこは、ユネスコ無形文化遺産。楽しくも大真面目な語り、軽妙で可愛らしい音の三味線で盛り上がります。鈴の音も華やかで気分が盛り上がります。

解説 ぶんらくってなあに
芳穂大夫さんと簑紫郎さんの解説の後、会場のお子さんたち3人の実演があります。頑張っておられました良い子の皆さん、すみません、6月に鑑賞教室で見まくったのでつい落ちてしまいました。

西遊記
水簾洞の段 ・ 閻魔王宮の段 ・ 桃園の段 ・ 釜煮の段

作: 山田庄一
作曲: 竹澤團七
作調: 望月太明藏
出演: 豊竹英大夫、竹澤團七、竹本三輪大夫、竹澤團吾、豊松清十郎、吉田文哉、吉田玉勢 ほか
三蔵法師と出逢う前の石猿のボスの時代、やりたい放題の頃もお話です。大柄でカッコ良い悟空です。悟空は勘十郎さんの持ち役ですが、たぶん初役の清十郎さんが遣われます。装置も水簾洞、閻魔王宮、釜ゆでの場とバラエティに富んでいるうえ、客席降りに宙乗り、胡弓や琴と、エンタテイメントに徹してます。英大夫さん、ノリノリでしたよ。
おさる色の着物でもカッコいい清十郎さんに喝采。
補助席も出る大盛況♪↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "夏休み文楽特別公演・本日千秋楽。7月29日、8月4日通しました。28日はだし巻きにもよせてもろたし…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »