« め組の喧嘩を本物のめ組の衆と現役力士さんがご観劇 | トップページ | 東京で立ち寄った近代建築・両国 »

2012年5月27日 (日)

5月は五月雨観劇になりました。

團菊祭五月大歌舞伎昼
陽だまりの樹
シンベリン
シレンとラギ
ミスチル20thアニバーサリーライブ
川を越えて森を抜けて
ふるあめりかに袖はぬらさじ
アイーダ
鎮説弓張月
平成中村座昼
文楽5月公演昼夜

尋常な感覚と財布が破綻しています。ミスチル、坂東玉三郎丈の「ふるあめりかに袖はぬらさじ」等,上方に来て頂けるものはありがたく拝見しましょ、寛治師匠の「阿古屋・壇ノ浦兜軍記」をメインに遠征でしょ,と鷹揚に構えてましたらこうなりました。
もう次週は南座で玉様の壇ノ浦兜軍記♪↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

|

« め組の喧嘩を本物のめ組の衆と現役力士さんがご観劇 | トップページ | 東京で立ち寄った近代建築・両国 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

板東玉三郎 ふるあめりかに 袖はぬらさじ で
プログ検索中です。その感想を コピーして 貼っています。
先ほどまで このお芝居を テレビで 観ていました。
セリフ中心?のお芝居で 面白かったです。
板東玉三郎さん 人間国宝なんですね。見事な女形ですね。有吉佐和子さん著ストーリー的には 幕末の芸者の話しで かなり ツライ話しですね。
藤吉が 言う あの訳の言葉を亀遊は どんな気持ちで聞いたのかなぁ?
商売のため お園は どんな気持ちで 亀遊の話しを最大デフォルメして 語りつづけていたのだろうか?
亀遊の真実の苦労した人生と商売にされた亀遊の作られた人生話。人は どう生きるか だけれど~。その時代背景の世で 悲しみの中で死んだ女と 悲しみを背をて生きた女。
しかし板東玉三郎のセリフ回しは 最高ですね。
舞台俳優は大変ですね。DVDになるかなぁ。
演劇同好会(名前検討中 ふるあめりかに袖はぬらさじを語る会
私は ページを 持っていません すいません。

投稿: 村石太レディ&チマエ | 2013年1月 3日 (木) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/54776613

この記事へのトラックバック一覧です: 5月は五月雨観劇になりました。:

« め組の喧嘩を本物のめ組の衆と現役力士さんがご観劇 | トップページ | 東京で立ち寄った近代建築・両国 »