« 花園大学佐々木閑教授のインド仏教の講演を聴講しました。藤木直人・西行法師が托鉢に来られたら御布施してしまうのは女性なら当然と納得できました。 | トップページ | まもなく90万ヒット!!!!!!!!リクエストエントリ承ります。お申し付けくださいませm(__)m。 »

2012年4月18日 (水)

ルート・アイリッシュ

Photo
監督:ケン・ローチ、「麦の穂をゆらす風」の名匠
製作:レベッカ・オブライエン
製作総指揮:パスカル・コシュトゥー、バンサン・マラバル
脚本:ポール・ラバーティ
キャスト:マーク・ウォーマック、アンドレア・ロウ、ジョン・ビショップ。ジェフ・ベル、タリブ・ラスール。クレイグ・ランドバーグ、トレバー・ウィリアムズ、ジャック・フォーチュン
あらすじ
米軍によるイラク侵攻後、バグダッド空港と市内の米軍管理地域グリーンゾーンを結ぶ12キロにおよぶ道路「ルート・アイリッシュ」は、米軍の要人を狙ったテロの第一目標として世界一危険な道路と言われている。イギリス人の民間軍事企業の傭兵ファーガスは、多額の報酬にひかれて親友フランキーとイラクにやってくるが、ルート・アイリッシュでフランキーがイラク民兵に襲撃され死亡した。当局の発表に納得がいかないファーガスは、独自に真相究明に乗り出す。
監督は、イラクの市民や民兵、連合国の傭兵たちの命の軽さを描くことにより、戦争の非人間性を鋭く告発されています。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

実在する危険地帯を題材にイラク戦争の実態を描いた社会派ドラマ。主人公ファーガスと親友フランキーは、イギリス軍兵士ではなく、民間軍事企業に雇われてイラクに派遣されたという設定だ。ところが主人公は戦争後遺症を患う情緒不安定な男だ。猛然と会社の非人道的な悪行に肉薄しようとするファーガスに社会派ミステリーとして、あるいは友情のヒューマンドラマとして感情移入していくが、真実にたどり着いた後の行動に凍りつく。
二人の少年時代のエピソード、親友の妻との奇縁、フランキーがイラクの人々に見せようとしていたささやかな正義と贖罪、一瞬の心の緩みが死につながる苛酷な戦場の実態と盛りだくさんで重い。

|

« 花園大学佐々木閑教授のインド仏教の講演を聴講しました。藤木直人・西行法師が托鉢に来られたら御布施してしまうのは女性なら当然と納得できました。 | トップページ | まもなく90万ヒット!!!!!!!!リクエストエントリ承ります。お申し付けくださいませm(__)m。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルート・アイリッシュ:

« 花園大学佐々木閑教授のインド仏教の講演を聴講しました。藤木直人・西行法師が托鉢に来られたら御布施してしまうのは女性なら当然と納得できました。 | トップページ | まもなく90万ヒット!!!!!!!!リクエストエントリ承ります。お申し付けくださいませm(__)m。 »