« 定点観測。高瀬川一之船入り | トップページ | 図書館で借りた本0415 »

2012年4月14日 (土)

思い切って円山の菊乃井本店に行ってみました。


料亭菊乃井は三つ星レストラン。普通のもんは一生に一度行けるか行けないかと考えていましたが、宴会積立がありましたので、思い切って行ってみました。16人なので、2階大広間をご用意いただきました。高さ20㎝の椅子をお願いしますと、長時間の宴席でも苦しいことあらしまへん。 素敵な女将さんが挨拶してくださいます。

屋根
周辺は桜が散り初めてました。雨の夕闇の円山はしっとりです。

菊乃井さんは、想像を絶する凝りに凝った小さく華奢な御料理ではなく、季節の素材をふんだんに使い、少ない工程で最も効果を発揮するクリエイティブなお料理です。その分、お出し、お醤油、お酢、塩、香草が謎の美味しさ。もちろん器も華やかです。
料亭は舞台、懐石料理は役者、女将さんや仲居さんはスタッフさん、料理長さんは劇作家にして演出家さんと思いました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

Photo_2
最初のお料理です。春らしいホタルイカの小鉢や鯛のお寿司に桜があしらわれています。食前酒に金柳模様の塗りの杯で桜酒を干します。
このあと、鯛のしらこ、きんめだいの刺身、マスの燻製などが続きました。

菊乃井
鯛の蒸し物。器が豪華でした。
すっぽんのお吸い物、海老団子入り豆ポタージュ、蛸の酢の物がありました。
菊乃井
筍と豆腐の田楽。木の芽が効いています。
筍のお寿司に香のもの添えがご飯ものでした。
菊乃井
デザートはピスタチオアイスクリームのマンゴーソース漬け。ボリュームありました。

|

« 定点観測。高瀬川一之船入り | トップページ | 図書館で借りた本0415 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/54467330

この記事へのトラックバック一覧です: 思い切って円山の菊乃井本店に行ってみました。:

« 定点観測。高瀬川一之船入り | トップページ | 図書館で借りた本0415 »