« まもなく90万ヒット!!!!!!!!リクエストエントリ承ります。お申し付けくださいませm(__)m。 | トップページ | めったに宝塚歌劇の人事でつぶやかないんですが、雪組の音月桂さんが今年いっぱいで卒業しはります。 »

2012年4月23日 (月)

第20回南座歌舞伎鑑賞教室 今年は美吉屋親仔の連獅子です。

22日(日)午後の部を鑑賞してきました。
南座鑑賞教室も20周年を迎え,第1回から皆勤は,解説の桂九雀さんと上村吉弥丈。1階下手ロビーには,過去の写真が展示されてました。
鑑賞教室は,桂九雀さんの歌舞伎入門噺とメインの演目の二部構成です。
1 解説 南座と歌舞伎
 今年は,山門五三桐の南禅寺山門の大道具が登場。九雀さんは石川五右衛門を意識した所作で登場しはります。真柴久吉は上村純弥丈。三味線の今藤佐敏郎さんの試演もたっぷり聞かせていただけました。
2 連獅子
 親獅子は吉弥丈,仔獅子は吉太朗さんです。小学校6年生になった吉太朗さんが,狂言師左近の拵えに手獅子を携えて登場されると,早くも親心モード全開ですが,そんな客席の思惑を吹っ飛ばすきりっと凛々しい目力に,ビシバシとしたキマリ。たんびたんびに拍手が巻き起こります。
 片や狂言師右近の吉弥丈は,普段はたおやかな年増が持ち役ですが,立ち役も素敵!
親獅子は千尋の谷に仔獅子を突き落として鍛えるというストーリー性を前面に押し出し,厳しさより慈愛溢れるお父様でした。師弟の二人が本当の親子に見えるというところで勝負ありですね。客席の気持ちを完全に掌握なさってました。
宗論は千次郎丈と佑次郎丈の実力派イケメンコンビです。口跡もさわやか,コンビネーションも抜群でした。おかし味を取れるよういっそうの精進に期待します。
さて,後シテの二人の拵えもまたまた可愛らしく凛々しくてうるうるになりましたぁ。毛振りもパワフル。
そして,終幕後,カテコもありました。宗論の御二人も登場,花道で毛を振って感謝の気持ちを表したはりました。
いままでに拝見したなかで、最も親子愛を感じた連獅子でした。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

|

« まもなく90万ヒット!!!!!!!!リクエストエントリ承ります。お申し付けくださいませm(__)m。 | トップページ | めったに宝塚歌劇の人事でつぶやかないんですが、雪組の音月桂さんが今年いっぱいで卒業しはります。 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

ムンパリさま
カテコでは、いい表情でブルンと毛を振っておられました。仔獅子はあれくらいの少年だと本当にかわいらしいですね。お衣装も頭もあのサイズあるんや。
遠いところありがとうございました。って、おじいおばあの 感覚でゆうてます。

投稿: とみ(風知草) | 2012年4月24日 (火) 19時43分

仔獅子が谷から駆け上がってくる時の
親獅子のうれしそうなお顔。
ほんまの親子のように息がピッタリで
何回もウルウルきました。
夜はカテコもあったのですか。
盛況で本当によかったですね!

投稿: ムンパリ | 2012年4月24日 (火) 01時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/54542713

この記事へのトラックバック一覧です: 第20回南座歌舞伎鑑賞教室 今年は美吉屋親仔の連獅子です。:

« まもなく90万ヒット!!!!!!!!リクエストエントリ承ります。お申し付けくださいませm(__)m。 | トップページ | めったに宝塚歌劇の人事でつぶやかないんですが、雪組の音月桂さんが今年いっぱいで卒業しはります。 »