« ラ・フォル・ジュルネびわ湖2012・2012年4月29日(日)ベレゾフスキー氏に圧倒されて開幕 | トップページ | 4月の反省と5月 »

2012年4月30日 (月)

ラ・フォル・ジュルネびわ湖2012・2012年04月30日(月)イム・ドンヒョク氏に魅せられた2日目

Photo
開演:11:30 大ホール
【30-L-1】
イム・ドンヒョク(ピアノ)
ウラル・フィルハーモニー管弦楽団
ドミトリー・リス(指揮)
〔曲目〕
チャイコフスキー:歌劇「エフゲニー・オネーギン」よりポロネーズ
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 op.23

華麗な超絶技巧ながら緻密で生真面目な演奏です。旋律の美しさが特質のこの曲に相応しいアーティストさんでした。写真よりもっとスリムで、韓流ドラマの主人公のようでした。

開演:13:15 中ホール
【30-M-2】
ボリス・ベレゾフスキー(ピアノ)
〔曲目〕
ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ第1番 ニ短調 op. 28
ラフマニノフ:メロディ ホ短調 op. 3-3
クライスラー(ラフマニノフ編):愛の喜び/愛の悲しみ

ラフマニノフ弾きのベレゾフスキーさんの真骨頂のプログラム。重い音に全身がざわざわとなりました。

大津市にびわ湖ホールがあってよかった。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

|

« ラ・フォル・ジュルネびわ湖2012・2012年4月29日(日)ベレゾフスキー氏に圧倒されて開幕 | トップページ | 4月の反省と5月 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フォル・ジュルネびわ湖2012・2012年04月30日(月)イム・ドンヒョク氏に魅せられた2日目:

« ラ・フォル・ジュルネびわ湖2012・2012年4月29日(日)ベレゾフスキー氏に圧倒されて開幕 | トップページ | 4月の反省と5月 »