« 90ミニッツ このシチュエーションで喜劇として成立させはる三谷さん、西村さん、近藤さんに拍手 | トップページ | J.エドガー アメリカの正義への冷静な眼差しと新しい正義の希求と見ました »

2012年1月29日 (日)

第7回京都市ジュニアオーケストラコンサート いいブラームスでした!

1月29日(日)京都コンサートホール大ホールです。
第7回京都市ジュニアオーケストラコンサート
指揮・スーパーヴァイザー/広上淳一
指導/京都市交響楽団メンバー

プログラム
ドヴォルザーク:序曲「謝肉祭」op.92
ファリャ:バレエ音楽「三角帽子」より第1、第2組曲より
ブラームス:交響曲第2番ニ長調
アンコール
ハチャトリアン 仮面舞踏会

京都市ジュニアオーケストラは2005年設立。10歳から22歳のメンバーから構成されています。毎年1度のコンサートを行い、今年で7回目。ドヴォルザークとファリャは、若干重めで華やかさが不足してましたが、休憩をはさんでブラームスになってからは俄然よくなりました。第一楽章が始まって数分、第一ヴァイオリンと第二ヴァイオリンが一体となり劇場内の空気を支配し始めてから音がまとまりました。深い精神性を表現できる子どもたちです。
広上さんも手放しの喜びようでした。
若い指揮者さんたちも登場して最高潮のアンコールでした。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

|

« 90ミニッツ このシチュエーションで喜劇として成立させはる三谷さん、西村さん、近藤さんに拍手 | トップページ | J.エドガー アメリカの正義への冷静な眼差しと新しい正義の希求と見ました »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第7回京都市ジュニアオーケストラコンサート いいブラームスでした!:

« 90ミニッツ このシチュエーションで喜劇として成立させはる三谷さん、西村さん、近藤さんに拍手 | トップページ | J.エドガー アメリカの正義への冷静な眼差しと新しい正義の希求と見ました »