« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

1月の3敗

1月は見そびれたものが3作品ありました。残念ですが、予備日を設けていなかったのでやむを得ません。幸い、全て替わりに見ていただける方も見つかり、空席にならずにほっとしています。来月からは、気持ちを引き締めてまいりましょ!

見そびれて涙をのみました。
前進座初春公演芝浜革財布
ロッキー・ホラー・ショー
下谷万年町物語

拝見しましたがレポが間に合ってません。
サムライ
ダンス・オブ・ヴァンパイア
いつでも空席のある娯楽はありがたいのですが…↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)

天守物語 シネマ歌舞伎 メイキング映像あります。玉様から富姫様に変容なさる瞬間にゾゾゾッ!

Photo_2
2009年(平成21年)7月歌舞伎座
配役
天守夫人富姫:坂東玉三郎
姫川図書之助:市川海老蔵
亀姫:中村勘太郎
薄:上村吉弥
小田原修理:市川猿弥
舌長姥:市川門之助
朱の盤坊:中村獅童
近江之丞桃六:片岡我當

みどころ
本編の前に、玉様のトークがあります。難しいことやなぜと考えると物語の世界に入っていけません。素直に鏡花先生の世界に身も心も委ねてください。劇場は「泉鏡花先生のパビリオン」と思ってください。とのことでした。

2009年7月、歌舞伎座さよなら公演の映像化です。歌舞伎座の客席や舞台裏が映されます。楽屋で拵えをなさる玉様、富姫のお衣裳のまま演出をなさってます。演出家坂東玉三郎から、富姫様への変化に、わーっとなります。
実はこの公演は拝見していません。映像で拝見しますと、魔界の方々というより、人間性豊かに、恋情や義憤、人間に対する圧倒的な優位が垣間見えます。せっかちでおかわゆい玉様そのものに見えます。もう、素のままでも富姫様になっておられるようです。
お天守にいるのが楽しくて楽しくてしょうがないという風情でした。
最新版ですから、現在のベストキャストです。
勘太郎丈の亀姫が意外にしっとりお行儀がよかったのがツボです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "天守物語 シネマ歌舞伎 メイキング映像あります。玉様から富姫様に変容なさる瞬間にゾゾゾッ!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

J.エドガー アメリカの正義への冷静な眼差しと新しい正義の希求と見ました

Photo
画像は公式ギャラリーからお借りしました。
原題:J. Edgar
監督:クリント・イーストウッド
製作:クリント・イーストウッド、ブライアン・グレイザー、ロバート・ローレンツ
製作総指揮:ティム・ムーア、エリカ・ハギンズ
脚本:ダスティン・ランス・ブラック
音楽:クリント・イーストウッド
衣裳:デボラ・ホッパー
キャスト:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ

あらすじ
1972年、ニクソン新大統領の下。ほぼ半世紀、FBI長官としてアメリカ合衆国の治安を守ってきたジョン・エドガー・フーバーは退陣の圧力を察していた。それでも意気軒昂な彼は自伝の制作に取り掛かる。
話は1918年、彼が20代に起きた政府高官への同時多発テロ事件に遡る。エドガーは、凶悪な犯罪や共産主義者の活動のたびに、治安組織を拡充し、ついにFBIを創設し、初代長官として就任。1972年に他界するまで、カルビン・クーリッジからリチャード・ニクソンまで8人の大統領に仕え、長官として在任した。

FBI(アメリカ連邦捜査局)の初代長官を務めたジョン・エドガー・フーバー(J・エドガー)の半生を、クリント・イーストウッド監督とレオナルド・ディカプリオの初タッグで描くドラマ。
アメリカ合衆国の正義と秩序の守護者として多くの功績を残した一方で、時に強引な捜査、売名行為、業績の誇大宣伝、盗聴手腕等が物議をかもし、その私生活は謎に包まれていた。
映画は、英雄としての表の顔、強引な手段による組織と自身の権力の拡大という裏の顔、私人としての性癖や周囲の人々との愛憎と盛りだくさんの内容を、衣裳、美術、特殊メイク、時代考証、音楽、編集と映画技術の最高峰を駆使し、アメリカ現代史そのものと不可分に描き出す。観客サービスの画像も惜しみなくこれでもかの乱発だ。
火を吐くようなディカプリオ氏の演技に刮目するしかない。
ヒューマンドラマと評伝の均衡をどうとらえるかで好悪が別れるが、アメリカ現代史になじみがないというだけでマイナス評価をする者は沈黙せよ。
正義を守るのは人間。アメリカ合衆国には、国家に今必要な映画を製作してくださる監督さんがおられて幸福です。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

第7回京都市ジュニアオーケストラコンサート いいブラームスでした!

1月29日(日)京都コンサートホール大ホールです。
第7回京都市ジュニアオーケストラコンサート
指揮・スーパーヴァイザー/広上淳一
指導/京都市交響楽団メンバー

プログラム
ドヴォルザーク:序曲「謝肉祭」op.92
ファリャ:バレエ音楽「三角帽子」より第1、第2組曲より
ブラームス:交響曲第2番ニ長調
アンコール
ハチャトリアン 仮面舞踏会

京都市ジュニアオーケストラは2005年設立。10歳から22歳のメンバーから構成されています。毎年1度のコンサートを行い、今年で7回目。ドヴォルザークとファリャは、若干重めで華やかさが不足してましたが、休憩をはさんでブラームスになってからは俄然よくなりました。第一楽章が始まって数分、第一ヴァイオリンと第二ヴァイオリンが一体となり劇場内の空気を支配し始めてから音がまとまりました。深い精神性を表現できる子どもたちです。
広上さんも手放しの喜びようでした。
若い指揮者さんたちも登場して最高潮のアンコールでした。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

90ミニッツ このシチュエーションで喜劇として成立させはる三谷さん、西村さん、近藤さんに拍手

Index
22日(日)マチネ
パルコ・プロデュース公演「90ミニッツ」
作・演出:三谷幸喜
キャスト(二人芝居)
救急病院の整形外科副部長/西村雅彦
交通事故で重傷を負った少年の父/近藤芳正
あらすじ
1人の少年が交通事故で救急病院に搬送された。重傷だが意識もしっかりしており命に別条はない。整形外科の副部長は、駆けつけた少年の父に手術の同意書に署名するよう要請した。しかし、父は信教上の理由から輸血を拒否する。90分以内に手術を行わないと少年は失血による合併症により危険な状態になる。署名を迫る医師と頑なに拒む父親との息詰まる攻防の行方は…。

舞台は医局。天井から、ずっと一条の水が滴る。手術室と医局をつなぐ電話があり、手術室でクルーが、副部長の電話を待っているというプロット。
人の生死のかかった重いシチュエーションで、父の愛と医者の倫理、魂の救済と人道の対立であるかに見えるが、実は妻や地域社会に精神的に支配されたダメ親父とリスク回避と保身に走る医師の本性がむき出しになり、礼節も忘れた罵倒戦となる。
三谷芝居の面白さは、90分間堂々めぐりしながらも、一方が優勢になるかと思うと他方の強烈な反撃となる舌戦のラリーで飽きさせない。
エゴをさらけだし、極限まで自己のパーソナリティと向き合った末に発揮する人間力みたいなものを信じようという主題とワタクシは観たが、観た人それぞれに疑問や課題を突き付ける戯曲だ。演じたお二人が素晴らしかったことは言うまでもない。
芸術の創造力の勝負や芸術家の傲慢が主題の戯曲は好きくないけど、むき出しの人間性の勝負だったので、すっきりしました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へにほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

図書館で借りた本0121

図書館で借りた本
□深読みミュージカル 本橋哲也
□ザッツブロードウェイミュージカルⅡ 重政隆文
□京のおばけ 真矢都
□13 ナサニエル・ラッケンメイヤー
□赤毛のなっちゃん 内藤啓子
□偽りの書 ブラッド・メルツアー
□ナチの亡霊 ジェームズ・ロリンズ
□白の祝宴 森谷明子
□葛野盛衰記 森谷明子
□求天記 加藤 廣
なぜかミュージカルが気になっています。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

京都市交響楽団第553回定期演奏会

1月20日(金)京都コンサートホール大ホール
指揮/ロベルト・ベンツィ 
Pf/リーズ・ドゥ・ラ・サール

ラロ:歌劇「イスの王様」序曲
サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番ト短調op.21
ドビュッシー(ビュッセル編曲)小組曲
ドビュッシー交響詩「海」

フランスの巨匠と新星の組み合わせで、辛口ワインのようなドビュッシーでした。ラ・サールさんは残響時間が短く、無音を楽しめるこのホールの特性にぴったりのクリアな音で勝負なさるピアニストです。繊細で端麗でありながら好戦的。楽しませていただきました。
メロディラインを追いにくく音が分厚いドビュッシーは、激務だった一週間の週末の脳に注ぎ込まれますともう海に溺れるしかありません。終演後は浮遊感ありました。
金曜の夜はコンサートホールで過ごそうっと。
渋めのプログラムですが人気がかなりの入りでした。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へにほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

御池の桜は長く咲いています。

御池の桜は長く咲いています。
中京区柳馬場御池の京都御池中学前の桜。年末から咲いてます。早く咲く分、開花期間が長いです。
春もそう遠くないんですね。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へにほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

今週から中井智彦さんがビースト。福井さんはどこへ?

カテコでひっくり返りそうになって、観客から暖かく笑われたラウルデビューから、この日は確信してました。観客の期待とおりのキャスティングが浅利センセのええとこです。

これからの福井さんの行方が気になりますが、ファントムやバルジャンに向かって進んでくださることでしょう。
ユダもチェも見られませんでしたが、ファンにとっては幸せな十数年でした。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へにほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

マエストロ・佐渡裕と夢・京都市右京区主催の新春トーク

1月16日(月)夜,京都市右京区主催の佐渡裕さんの新春特別講演会に当選しましたので,万難を排して聴いてまいりました。
佐渡裕さんは,京都市右京区太秦出身で,安井小学校,四条中学校,堀川高校,京都市立芸術大学と,幼少から青年期までを京都市右京区で過ごされました。
学科は,フルート科ですが,幼い頃にあこがれたバーンスタイン氏のような指揮者になりたいという夢を育み,とうとう,子どもの頃からの最終目標であったベルリン・フィルの指揮者に昨年就任されました。
高い音楽性はもとより,豊穣なパーソナリティで子どもたちを含む個々の演奏家の力を最大限引き出し,情熱で融和させ,魂まで至高の世界にいざなってくださる創造者であられます。サドラーという熱烈なファンが多数おられるのも当然です。
輝かしい経歴は中略しまして,2002年より(財)兵庫県芸術文化協会芸術監督(音楽)に就任され,現在は,兵庫県立芸術文化センター芸術監督として,兵庫県をフランチャイズに世界に活躍されています。しかし,出身地の右京区のことは気にかけておられ,地元の小中学校でイベントをたびたび開催され,子どもたちを音楽好きにしてしまわれています。
著書に『僕はいかにして指揮者になったのか』などがあります。

生まれ育った右京区での思い出と変わらぬ想いに会場は和みます。音楽の授業のリコーダーは大好きで,タイガーマスクやマグマ大使などの曲を上手く吹き,人気者に…。サプライズで,佐渡少年の生声によるなりきり歌唱と台詞が流され,たいへん恥ずかしがっておられました。happy01
また,東日本大震災被災地での指導,交流活動などについてお話しいただきました。サプライズ2は,佐渡さん指揮,観客の歌,藤田区長のピアノ伴奏というのもあり,最高潮で幕を閉じました。confident
少年の夢を見守るええ大人たちの存在が大きかったようです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へにほんブログ村

続きを読む "マエストロ・佐渡裕と夢・京都市右京区主催の新春トーク"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

京都新聞に掲載された1月12日の琵琶湖の蜃気楼

Photo
あまりに鮮やかな蜃気楼画像なので,転載させていただきました。ここではよく虹が見られます。我々湖南の大津市民は何気なく都市生活を満喫していますが,大自然の湖山の恵みに抱かれていることのありがたさに思い至らずにはいられません。

また,この現象が見られた島ノ関は,近江八景の「粟津の晴嵐」から1キロほど西に当たります((歌川広重画)粟津の松林はもう少し東の近江大橋の辺りです。)。「晴嵐」は大風ではなく、山から立ち上る気=山霞のことで,けむる比叡山と里の風景を楽しむ趣向です。洞庭湖の瀟湘八景・山市晴嵐(さんし せいらん)の山里が山霞に煙って見える風景の見立てであることは申すまでもありません。自然風景を楽しむにも,趣向と見立ての遊び心を駆使した文化クリエーターたちにも感謝の心を忘れてはいけません。

 高層マンションやホテルなどの現代建築たちも蜃気楼の幻想フィルターを通せば,美しく見えてきます。
比叡山の雪景色が寒そう過ぎます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "京都新聞に掲載された1月12日の琵琶湖の蜃気楼"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

12日の京都恵比寿神社。露店はありませんが奉納は受け付けたはりました。

12日の京都恵比寿神社。露店はありませんが奉納は受け付けたはりました。
宵宮、本宮、残り福にも行けず、12日のラストデイに参ってきました。拝殿に容易に近付けるのが残念ですが、最後の福がありますように。
実は、皆が商売繁盛するためには、お金使わないとあきませんね。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7日はだし巻きの夕べでした。幸先良く、宝船てぬぐいをゲト

手拭いとだし巻きの夜
3日初日に観劇したのに、だし巻きの会ということで、早くも7日、二度目の狐勘十郎を拝見しました。この日は、手拭いまで飛んできました。図柄は宝船です。
壺坂も終わりよければ全てよしで、源大夫さん、嶋大夫さんでしまりました。
観客は、ほどんど遊園地の人形劇を鑑賞するノリ。わおっ、すごっ、やんややんやでした。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "7日はだし巻きの夕べでした。幸先良く、宝船てぬぐいをゲト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

雪月花揃った夜です。

雪月花揃った夜です。
吹雪の月夜に咲く蝋梅。甘酸っぱい香りに、仰ぎ見ると、やはり蝋梅が咲いてました。暗くても探し当てられるゆかしい花です。
今日は鏡開きだったような気がします。東日本大震災から10カ月、阪神淡路大震災からまもなく17年、この10カ月、防災のことを思わない日はありません。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "雪月花揃った夜です。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

ミケランジェロの暗号 地元のシネコンまで回ってきました!

Photo
原題:Mein bester Feind
監督:ウォルフガング・ムルンバーガー
製作:ヨゼフ・アイヒホルツァー
原作・脚本:ポール・ヘンゲ
キャスト
モーリッツ・ブライブトロイ、ゲイルク・フリードリヒ、ウルズラ・シュトラウス、マルト・ケラー、ウド・ザメル、ウーベ・ボーム

あらすじ
第2次大戦下のオーストリア。ユダヤ人の画商一族カウフマン家は、所有していたミケランジェロの絵をナチスに奪われ、収容所に送られてしまう。ナチスは奪った絵をイタリアとの交渉材料にしようとするが、がん作であることが判明。本物を隠した一家の父はすでに収容所で死亡していた。父からナゾのメッセージを受け取っていた息子のビクトルは、母の命を救うためナチス相手に危険な取引に出る。アカデミー外国語映画賞を受賞した「ヒトラーの贋札」(2007)のプロデューサーが製作したサスペンスミステリー。

軍事ミステリーでもアートミステリーでもなく、友情と背信、運命と人知のヒューンマンドラマにしてサバイバルサスペンスです。裕福なユダヤ人の画商の一族と、その使用人の遺児のドイツ人男との戦争による流転と長い確執に、一喜一憂、はらはらどきどきの二時間です。映画を見ないと、人生の損失が大きいと感じさせてくれます。
午前10時の映画祭や、ミニシアターのような渋いラインナップに宗旨替えなさっておられるようです。ウレシ!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "ミケランジェロの暗号 地元のシネコンまで回ってきました!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

国立文楽劇場初春公演・吉例の鏡開き!めでたい!

国立文楽劇場初春公演・吉例の鏡開き!めでたい!
国立文楽劇場文楽初春公演の鏡開きです。大黒さん勘市さん、えべっさん一輔さんです。豪華でお正月らしいです。この賑わいがいつまでも続きますように。
この前は人間国宝6人揃い踏みでありがたい気分になりました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

われら京都のチームパープルサンガは善戦しました。

われら京都のチームパープルサンガは善戦しました。
残念ながらリアル観戦できませんでしたので、せめてもと初詣は氏神様の大津市石場の平野神社に詣りました。蹴鞠の御紋の蹴球の神さんです。
パープルサンガ、男女ナショナルチームの活躍を祈念致しました。スポーツ選手たちの皆さんの健康と安全と成長もまとめて御願い!
京都は白峯神社ですね。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宝塚花組公演 復活・カノン 宝塚歌劇らしいクラシカルで品格のある2本でした。

Photo
画像は公式からお借りしました。
ミュージカル・プレイ『復活 -恋が終わり、愛が残った-』
原作:レフ・トルストイ作「復活」より
脚本・演出;石田昌也
配役
ネフリュードフ公爵(ロシア貴族の御曹司・軍人)/蘭寿 とむ
カチューシャ(ネフリュードフの叔父の屋敷の使用人)/蘭乃 はな
シェンボック(ネフリュードフの親友)/壮一帆
シモンソン(革命家)/愛音羽麗
ミッシィ(ネフリュードフの婚約者)/実咲凛音
ファナーリン(弁護士)/華形ひかる
ワーニコフ刑務所長/悠真 倫
セレーニン検事/朝夏 まなと

あらすじ
19世紀末の帝政ロシア。貴族の将校ネフリュードフは、貴族の娘ミッシィと婚約し華やかな日々を送っていた。そんなある日、ネフリュードフは宿屋で起きた殺人事件の陪審員となる。3人の被告のうちの一人の娼婦は、ネフリュードフがかつて愛し捨てたカチューシャだった。無実を訴えるカチューシャだったが判事は10年のシベリア流刑を言い渡す。
また、カチューシャの転落の人生の原因を作ったのは自分の無責任な行動と知った。
自責の念にかられたネフリュードフは、彼女の無罪を勝ち取るため財産や貴族の称号まで投げうち一生を捧げようとする。

宝塚花組公演初日拝見してきました。鏡開きには間に合いませんでしたが、公演は感動的で華やかでした。海外大作もいいですが、宝塚歌劇は、ミュージカルとレビューの2本立て、新作あて書きが王道と感じました。トルストイの傑作で、これまでにも演劇や映画化されている作品です。石田センセは、原作の重さをそこなうことなく、宝塚歌劇らしいラブロマンスに仕立ててくださってます。曲の数が少ないのは、カチューシャの唄初めロシア民謡でカバー。
蘭寿とむさんは正義と熱情という言葉が似つかわしいお方。シャキーンと伸びた背筋、まっすぐな視線、立派すぎる行動原理が女にとって重荷になるというところまで表現なさってました。元日から客席泣かせたはりました。
見貯めに走ってます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "宝塚花組公演 復活・カノン 宝塚歌劇らしいクラシカルで品格のある2本でした。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

新年のごあいさつを申しあげます

Photo
今年の大みそかから新年は暖かく穏やかな日でした。2012年が平安な年でありますように。
昨年はたいへんお世話になりました。今年もよろしく御交誼のほどお願い致します。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (26) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »