« 上村昇J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲全曲演奏会 強いウイスキーのような酩酊感 お酒が飲めないので上手く表現できないのがもどかしい! | トップページ | 今週から福井さんがビースト( うれし涙) »

2011年12月24日 (土)

みんな我が子 戯曲、演出家、役者が揃ったベーシックな演劇。長塚さんは、合衆国の父のアイデンティティ喪失の落とし前を見事に見せられました。

Photo
画像はおけぴ管理人さんにお借り致しました。

戯曲:アーサー・ミラー
(セールスマンの死等で著名な20世紀を代表する劇作家)
演出:ダニエル・カトナー
(若干33歳、ブロードウェイで活躍する気鋭の演出家)
キャスト
ジョー・ケラー(父) 長塚京三
ケイト・ケラー(母) 麻実れい
クリス・ケラー(長男) 田島優成
アン・ディーヴァー(次男の婚約者) 朝海ひかる
ジョージ・ディーヴァー(その兄) 柄本佑
ドクター・ジム・ベイリス(隣人) 隆大介
スー・ベイリス(その妻) 山下容莉枝
フランク・リュピイ(次男の友人) 加治将樹
リディア・リュピイ(その妻) 浜崎茜
バート(近所の少年) 坂口湧久、鈴木知憲

あらすじ
第二次世界大戦直後の特需景気に沸く合衆国の地方都市の夏。主人公ジョー・ケラーは飛行機の部品工場を経営し、町のセレブとしての富と人望を集め、瀟洒な家屋に住んでいる。舞台は広大な敷地を持つケラー家の庭に続くテラスで、近所の人も出入りしている。
嵐の次の晴れた朝。前夜のハリケーンで庭の木が倒れてしまったため、ケイトは不吉な予感に錯乱気味だが、ジョーとクリスはうきうきしている。戦死したとされている次男の婚約者のアン・ディーヴァーを招いているからだ。クリスはアンにプロポーズすると決意しているが、次男の戦死を受け入れられないケイトにどうやって伝えるかが問題だ。
実は、ケラー家とディーヴァー家には深い確執があった。ケイトがラリーの死を信じない本当の理由の根本もそこにあった。

こんなお芝居でした
アーサー・ミラーの「セールスマンの死」は、平凡なセールスマンに合衆国の夢を仮託し、子供への過大な期待を抱いて自滅する姿を、現代の悲劇の象徴として描かれている。「みんな我が子」は、一見裕福で穏当な家長(合衆国の父)の富と名誉とへの執着と我が子への愛の不可分を、愛という美名の下の欺瞞であると、絶対的な正義の視点で糾弾する息子との対決を主題にしたドラマである。副主題に、戦争の上に築かれた平和への罪悪感、母の愛の仮面の下の自己愛、勝者側の正義と迎合する大衆、弱者側への仮借のないネグレクト…。さらに、ひとつの台詞に込められたアイロニーと、一言も聞き逃せない重層構造になっている。1947年にブロードウェイにて初演され、トニー賞を受賞した。

豪華カンパニーですが、戯曲の完成度が高く、書き込みが細かいので個性や魅力で勝負に持ち込む役者さんはさぞたいへんだったと推察されます。積み残しもありましたが、総じて考えられる最高でした。ワタクシは切り捨てても正解と思います。

一番芸風やお姿とお役がシンクロし、存在感を示されたのは長塚京三さんでした。ジョーは、自らが戦時中に犯した犯罪を従業員に転嫁し、真実が明らかになることに怯えながらも家族を守るためだったと正当化します。
70年後の今日でも、洋の東西を問わず全く根絶の気配のないセレブ的な糊塗の体質ですね。ただ、日米には決定的な違いがあります。日本なら組織のためという名分が、合衆国では父としての尊厳と我が子への富の継承というところが違うなと感じました。ジョーのけじめは、責任逃れではなく、父としての尊厳を無くして生きることができなかったからと納得できました。

犯罪:欠陥部品と知りながら受注停止を恐れ、それを戦闘機に装着することを現場責任者に命令。結果、パイロット21人が墜落死。しかも、その責任を全て現場責任者の単独犯と証言し無罪となる。現場責任者はアンの父。真実を知ったラリーは絶望し航空機で消息を絶つ。あかんあかんのカノンですね。みんな我が子というタイトルは、事故死した21人のパイロットが全て自分の子どもたちであったという自嘲の台詞です。
積み残した小さな謎:
1 
クリスの戦争の心の傷。戦死した部下や弟たちへの罪の意識とアンへのプロポーズとの整合性。
2 ジョーがクリスとアンの結婚に異議をなぜ唱えなかったのか。
3 全てを知りながらクリスとの結婚を望むアンなりの正義の在り処はいずこに?

4 ジョージが唐突に乗り込んできたのはなぜだったんでしょ。

トークショーなしでは、涙どぼどぼで帰ることになったでしょう。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

 

アフタートークは、麻実れいさんと朝海ひかるさんのトークショー。劇中の華やかなドレスから、お二人ともマニッシュでカジュアルな私服にお召し変えられました。戯曲のすばらしさ、演出家さんの的確さ、カンパニーの結束を縦横に語られたあと、宝塚歌劇団雪組の先輩後輩として、ターコさん、コムちゃんに戻られ、楽しい会話で、どよんどよん、がびーんの緊張感と、お二人目当てで観劇し、こんなはずはなかったという観客さんのガス抜きもしてくださいました。

|

« 上村昇J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲全曲演奏会 強いウイスキーのような酩酊感 お酒が飲めないので上手く表現できないのがもどかしい! | トップページ | 今週から福井さんがビースト( うれし涙) »

演劇」カテゴリの記事

コメント

>スキップさま
長塚京三さんは良いおやじさんにしか見えないところが、真相とのギャップでマイツボでした。
トークショーでは、演出家さんがしっかりしておられ、細かい心の動きまで話し合って決めていかれたそうです。
ターコさんはコムさんに終わりなき女優としての道の歩き方を説いておられました。実は女優としていけると確信されたのは「ハムレット」だったそうです。宝塚歌劇団在団中から、娘役としても美しいねと言われてコムさんは照れておられました。
このジャンルのお芝居が好きなことを自覚してしまいました。ガラスの動物園、できたら見たいなと思いました。

投稿: とみ(風知草) | 2011年12月31日 (土) 00時21分

とみさま
私は「セールスマンの死」を観たことないのですが
学生時代にアーサー・ミラーの戯曲を読んだことが
あって、それがこんな形の演劇となって目の前で
展開されることに少なからず感動を覚えました。
かなり緊張感の続くお芝居でいささか疲れましたが。

アフタートーク、聴きたかったです。
そうだ、ターコさんとコムさんは同じ雪組の先輩後輩
にあたられるのですね。
コムさんの今回のお役はワタシ的にはいささか不本意
でしたが、コムさんらしさが活かせる舞台に出逢える
ことをお祈りしています。

投稿: スキップ | 2011年12月30日 (金) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/53557216

この記事へのトラックバック一覧です: みんな我が子 戯曲、演出家、役者が揃ったベーシックな演劇。長塚さんは、合衆国の父のアイデンティティ喪失の落とし前を見事に見せられました。:

« 上村昇J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲全曲演奏会 強いウイスキーのような酩酊感 お酒が飲めないので上手く表現できないのがもどかしい! | トップページ | 今週から福井さんがビースト( うれし涙) »