« コンテイジョン 鑑賞中は咳したらあきません | トップページ | スーパーキッズ・オーケストラコンサート in 滋賀 確かな技術と音楽を愛する心が煌めきます。MCもイケてるSKO48! »

2011年11月19日 (土)

一命 武士としてしか生きられない男というプロットに海老蔵丈ほど似つかわしい役者さんはおられません

Photo
監督:三池崇史
エグゼクティブプロデューサー:中澤敏明、ジェレミー・トーマス
プロデューサー:坂美佐子、前田茂司
原作:滝口康彦
脚本:山岸きくみ
キャスト
市川海老蔵、瑛太、満島ひかり、竹中直人、笹野高史、中村梅雀、役所広司
ストーリー
江戸時代初頭、大名の御家取り潰しが相次ぎ、困窮した浪人たちの間では、裕福な大名屋敷に押しかけて切腹を申し出ると面倒を避けたい屋敷側から金銭を与えられることを利用した「狂言切腹」が流行していた。そんなある日、名門・井伊家の門前に切腹を願い出る初老の侍・津雲半四郎が現れた。井伊家の家老・斉藤勘解由は、先日、狂言切腹を申し出た千々岩求女という若い侍の話をして追い返そうとしたが…。

滝口康彦が1958年に発表し、62年には仲代達矢主演の「切腹」として映画化もされた時代小説「異聞浪人記」を三池崇史監督が3Dで再映画化。
映画としていいと若い者に進められて、終了間際に見てきました。
渋いです。装置、衣裳等の色調が何とも美しく、映画ならではの回想とリアルタイムが交錯する筋運びが緊迫感を高めます。結末は分かっているのに、何故というのが大きな謎で、サスペンスフルです。
絶対的な連帯と信頼に結ばれていたはずの海老蔵さんの義父と瑛太さんの婿との間であったが、武士の矜持のあり方の違いが大きな悲劇に発展するところが痛ましいです。

3Dで拝見すれば、リアル舞台を見ているような印象だったでしょう。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

|

« コンテイジョン 鑑賞中は咳したらあきません | トップページ | スーパーキッズ・オーケストラコンサート in 滋賀 確かな技術と音楽を愛する心が煌めきます。MCもイケてるSKO48! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一命 武士としてしか生きられない男というプロットに海老蔵丈ほど似つかわしい役者さんはおられません:

« コンテイジョン 鑑賞中は咳したらあきません | トップページ | スーパーキッズ・オーケストラコンサート in 滋賀 確かな技術と音楽を愛する心が煌めきます。MCもイケてるSKO48! »