« 今日の東福寺通天橋はこんな感じ | トップページ | 一命 武士としてしか生きられない男というプロットに海老蔵丈ほど似つかわしい役者さんはおられません »

2011年11月19日 (土)

コンテイジョン 鑑賞中は咳したらあきません

Jppubphotomainctgn_large
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
キャスト
マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレット他
ストーリー
ミッチの妻・ベスは、香港への出張後に、シカゴで元恋人と密会したが、せきと熱の症状が出始め、帰国後急死する。そして、息子も同じ症状で急逝した。
同じころ香港、ロンドン、東京で似たような症状で亡くなる人が続出。東京の男性の画像を見たフリージャーナリストのアランは、伝染病ではないかと考え、ブログに書き込む。
WHOのオランテス博士、疾病予防センターのドクター・ミアーズ、ヘクストール博士などが懸命に調査を続けるが、感染は瞬く間に世界中に拡大していく。

「トラフィック」、「オーシャンズ11」のスティーブン・ソダーバーグ監督が、豪華キャストを迎え、地球規模で新種のウィルスが感染拡大していく恐怖を描いたヒューマン・サスペンス。バンデミックを扱った映画にしては、映像が必要以上に怖くなく、恐怖は息もつかせないストーリー展開で見せてくれる。ストーリーに重みを加えているのが、情報操作でこのパニックを扇動するジャーナリストの存在だ。ジュード・ロウ氏がイメージそのまんまで不気味。
身の危険を顧みず命懸けでウイルスに立ち向かっている3人のドクターが全て女性で、最初の犠牲者の夫は、残された一人娘を守り、官吏責任者のドクターは身重の婚約者だけを守ろうとする。アメリカ合衆国のスタンダードはそうなのかもしれない。
というわけで、今年もインフルエンザの予防接種は受けよう。
満員の映画館では見たくない映画です。作劇上の矛盾あります。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

|

« 今日の東福寺通天橋はこんな感じ | トップページ | 一命 武士としてしか生きられない男というプロットに海老蔵丈ほど似つかわしい役者さんはおられません »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>きばりんさま
このメンバーの映画なら間違いなさそうと行ってきました。客席で咳したらつまみだされそうな雰囲気です。SARSのときを思い出します。
アカデミー賞女優さんそろい踏みですが、質量と迫力でケイト・ウインスレットさんかな。

投稿: とみ(風知草) | 2011年11月20日 (日) 11時49分

これ、観てませんが…妻夫木くんが主演した「感染列島」のパワフル版な感じですね。
映画館で予告を観ましたが、凄かったですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

投稿: きばりん | 2011年11月19日 (土) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンテイジョン 鑑賞中は咳したらあきません:

« 今日の東福寺通天橋はこんな感じ | トップページ | 一命 武士としてしか生きられない男というプロットに海老蔵丈ほど似つかわしい役者さんはおられません »