« 70万ヒット記念リクエストエントリ・ガリバーが訪ねた小人の国と巨人の国・青少年旅行村 in 近江高島 | トップページ | 大沢たかお朗読劇一期一会「マクベス」 in 大阪城西ノ丸庭園・朗読劇というより総合パフォーマンス。大沢さんは松明に輝き方を教えておられました。 »

2011年9月 4日 (日)

家守綺譚・人、生物、自然、彼岸、此岸、意識、幻覚…共存する水辺

Nec_0437
佐々木蔵之助さん、市川亀治郎さん、佐藤隆太さんによる朗読劇「家守綺譚」を拝聴してきました。原作は梨の木香歩さん、演出は長部総介さん。
東日本大震災復興支援チャリティーにも充てられています。

Nec_0471
物語は、100年前の京都。左京区琵琶湖疏水辺の邸宅に家守として住む売れない若い作家のつつましくも不思議な生活を描く。その家は、琵琶湖で行方不明になった同窓生の家で、疏水から引いた水をたたえた泉水とそれに面した縁側を持つもので、主人公は、行方不明の友人、百日紅の木、迷い込んできた犬、近くの洋館にいた娘などと時空を超えて交信する。

主人公たちが、不思議なことを現実と違和感なく受け止めて共に心地よく生活しているところが素敵です。リアルにそんな環境の中に暮らしているのですから、心豊かになりたいとおもいました。
メインは蔵之助さん。湖底に暮らす友人や御近所の奥さん、不思議な娘など周辺の個性的なパーソナリティを亀治郎さん、生活者としての主人公や後輩、語り手を佐藤さんが受け持っておられました。三人とも書生姿がお似合いでした。
今日は台風12号のため、滋賀県の鉄道網は寸断されています。龍神さまや弁天さまを信心しようという気になりました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

Nec_0077
竹生島
湖北の風景は神秘的です。

Photo_2
琵琶湖疏水の取水口
京都市域とびわ湖は確かにつながっています。

|

« 70万ヒット記念リクエストエントリ・ガリバーが訪ねた小人の国と巨人の国・青少年旅行村 in 近江高島 | トップページ | 大沢たかお朗読劇一期一会「マクベス」 in 大阪城西ノ丸庭園・朗読劇というより総合パフォーマンス。大沢さんは松明に輝き方を教えておられました。 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/52641102

この記事へのトラックバック一覧です: 家守綺譚・人、生物、自然、彼岸、此岸、意識、幻覚…共存する水辺:

« 70万ヒット記念リクエストエントリ・ガリバーが訪ねた小人の国と巨人の国・青少年旅行村 in 近江高島 | トップページ | 大沢たかお朗読劇一期一会「マクベス」 in 大阪城西ノ丸庭園・朗読劇というより総合パフォーマンス。大沢さんは松明に輝き方を教えておられました。 »