« 子どものためのシェイクスピア・冬物語 | トップページ | 六道参りと五条坂陶器市に行ってきました »

2011年8月 7日 (日)

髑髏城の七人・耽美に息をのむ森山早乙女の対決、奮闘に拍手喝采の小栗勝地の百人斬り、2011年版初日の緊迫感に立ち会えたシアワセ

ドクロ城の七人・初日
キャストを一新。戯曲に手を入れての再々演。これまで主人公の捨之助と敵役の天魔王を一人の役者が兼ねておられましたが、小栗旬さんと守山未来さんが演じます。早乙女太一さん、勝地涼さんら、今をときめく役者さんたちが美しい容姿と流麗な殺陣、若々しい疾走で魅せる新作、新な伝説の誕生です。見せ場はしっかり
健在です。
初日ですから、舞台の外で、ビミョーで片付けられないトラブルで、開演が45分遅れましたが、熱気と覇気で吹き飛ばしておられました。
現代演劇界の俊英を結集した華やかな舞台でした。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

舞台構成により、無いお席のチケットが多数販売されていたようです。

|

« 子どものためのシェイクスピア・冬物語 | トップページ | 六道参りと五条坂陶器市に行ってきました »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/52418898

この記事へのトラックバック一覧です: 髑髏城の七人・耽美に息をのむ森山早乙女の対決、奮闘に拍手喝采の小栗勝地の百人斬り、2011年版初日の緊迫感に立ち会えたシアワセ:

« 子どものためのシェイクスピア・冬物語 | トップページ | 六道参りと五条坂陶器市に行ってきました »