« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月29日 (月)

今週から福井さんがビースト

夏休みは終わられたようですね。
お疲れがでませんように。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

宝塚星組公演ランスロット・真風さんの硬質な魅力を満喫できる佳作です。腹筋、背筋、踏台昇降、反復横跳、開脚、前屈!円卓の騎士の日課だぁ!

Photo_2
バウ・ミュージカル『ランスロット』
作・演出:生田大和
作曲:大田健、Revo(Sound  Horizon)
出演:真風涼帆、早乙女 わかば、天寿 光希、如月 蓮、夢妃 杏瑠、芹香 斗亜、花愛 瑞穂、美穂 圭子
あらすじ
アーサー王伝説のミュージカル。ブリテン国王アーサーを支える円卓の騎士長であり王妃グウィネビアの騎士ランスロットの苦悩と魂の救済の物語。
円卓の騎士たち、良い魔法使いマーリンやヴィヴィアン、悪い魔女モルゴースとその娘モルガン、邪悪な騎士モードレッドとおなじみのキャラクターが、王国の存亡とグウィネビアの愛をかけて戦う。

あれやこれやの伏線のエピソードが説明されたあと、真風さんは成人したランスロットとして、さっそうと登場です。長い黒髪、銀の甲冑に身を固め、聖剣を持った姿は、西洋のおとぎ話の絵本から抜け出したようなかっこよさで、観客のハートを一気に遍歴の騎士物語の世界にいざなってくれます。ストイックで求道的な雰囲気が硬質な容姿と芸風にぴったりです。お歌や踊りは不安定との言及もありますが、まずは、悲劇の騎士ランスロットに見えているのですから、何も申し上げることはございませぬ。

星組の男役さんは体格もよくお衣裳が映えます。殺陣も迫力あります。
円卓の騎士1の麻央さん、武力のライバルのお役を的確に演じておられました。濃いお役の円卓の騎士13の芹香さん、アーサーの姉・先王の娘のあんるさん、目立ってました。恋敵のアーサー王の天寿さん、良い人プラス求心力アップに期待です。

夢に出てきそうなカッコよさでした!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "宝塚星組公演ランスロット・真風さんの硬質な魅力を満喫できる佳作です。腹筋、背筋、踏台昇降、反復横跳、開脚、前屈!円卓の騎士の日課だぁ!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

図書館で借りた本0827

図書館で借りた本
□弱聴と磨く「源氏力」全五十四帖一気読み!
□ふだん着物のたのしみ方 きくちいま
□KATANA 服部眞澄
□高橋克彦の怪談
□仮面の男 アレクサンドル・デュマ
□清水邦夫全仕事 1981~1991
□骨董屋征次郎京暦 火坂雅志
□道誉と正成 安部龍太郎
□猫の比較文学 堀江珠喜
□花とフォルム 中村哲郎
服部真澄さんの本、やっと借りられました♪↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

今年の嵐電妖怪電車は、四条大宮と嵐山直通。北野白梅町にはいきません。


妖怪電車
妖怪電車が、いっとう似合う駅が終着駅らしい寂寥感とくたっと感のある北野白梅町です。地元商店街でも妖怪まちづくりがすすんでいます。
なぜか、嵐山・四条大宮直通でした。妖怪さんのコスプレもだんだん本格的になってきてますね。まじ怖い。小さい女の子が本気でビェーと泣いたはりました。それが正しい感性です。
まじ、怖いよ~。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "今年の嵐電妖怪電車は、四条大宮と嵐山直通。北野白梅町にはいきません。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

愛宕古道街道灯し・賑わう嵯峨鳥居本

愛宕古道街道灯し賑わう嵯峨鳥居本
市内に比べて3〜4度は低い。虫の音も涼しげに秋の気配が…。地元の皆さんと嵯峨美の学生さんの手作りではじまった行事も今年で16年目。祈りと再生の灯りでした。
昔。化野念仏寺万燈会は、事前にハガキで申し込まないと拝見できなかったような記憶が…。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

京阪石坂線にけいおんラッピングトレインが登場

京阪石坂線にけいおんラッピングトレインが登場

かなりいい感じ。記念乗車券が発売されるんだけど、瞬殺が見込まれる。
日本昔話、機関車トーマス、龍馬伝、ラ・フォル・ジュルネなどありました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "京阪石坂線にけいおんラッピングトレインが登場"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

清水邦夫版・血の婚礼。窪塚さんのスパニッシュダンスあるわけなかった。

うすらボケ頭で予習なし・ロルカ版をイメージして出向いてびっくり。清水邦夫版、伝説のどしゃ降り版でした。
先日、森山大道さんの写真展で拝見した1960年代の新宿歌舞伎町の路地裏の風景と重なる装置に蜷川さんの思い入れが感じられます。見切れる両サイドの席をかなり潰されたところも、売らんかなの昨今の商業演劇の風潮と違います。
このテの、一族の血で血を洗う抗争ものが好きなものとしては、スペインでも、シチリアでも、グルジアでもええんです。
物語の主人公で花嫁略奪当事者の窪塚さんが、終止、ハイテンションながら、醒めた傍観者として座っておられ、逆説的で素敵でした。もう一人の当事者ハルキ役の丸山さんのまともぶりが際立っておかしい。本当の傍観者役の田島さんも、繊細でピュアな謎の少年を好演、素晴らしい舞台でした。
若い出演者たちの力は、破壊のなかからの再生というメッセージがしっかり伝わりました。
当事者そのものの花嫁役の中島さんの血の気の少なさがマイツボ!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "清水邦夫版・血の婚礼。窪塚さんのスパニッシュダンスあるわけなかった。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

一枚のハガキ

Photo
監督・脚本・原作:新藤兼人
出演:豊川悦司、大竹しのぶ、六平直政、柄本明、倍賞美津子、大杉漣、津川雅彦
あらすじ
戦争末期は中年の男たちも招集された。松山啓太は、戦友の森川から「自分は戦死するだろうから生き残ったら、ハガキは読んだと妻を訪ねてくれ。」と一枚のハガキを託される。終戦後、松山はわずかな生き残り兵士となり故郷に戻るが、妻は父と出奔し、島で彼を待つ者は誰もいなかった。日本を出る決意をした松山は、戦死した森川の妻を訪ねる。
森川の妻の友子は、夫を亡くした後、その弟と結婚したが、弟も戦死し、両親も相次いでみまかった。極貧のなかで、古家屋とともにひとり朽ち果てようとしていた…。

撮影当時98歳という日本最高齢監督の新藤兼人が、自らの実体験をもとに引退作として製作した戦争ドラマ。すべてを失ってもなお生きる人間の「希望と再生」を描く。

これ以上悪いことは起きないというところから出発します。勇気が得られます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

綿業会館を見学・ランチ付き

綿業会館を見学・ランチ付き

贅沢ってシアワセ。
華麗さを誇る談話室。ルネッサンス風だから、外観は質実でも屋内はラグジュアリーに。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "綿業会館を見学・ランチ付き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

造幣局貨幣博物館

造幣局貨幣博物館
創業当時からの門衛所。小ぶりながら品格あるたたずまいです。
桜ノ宮橋も国道一号線もなく、大川に向かって正面玄関がありました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

オン・ザ・ロード森山大道写真展 あの時代若者だった我々はかくも無様だったのか

オン・ザ・ロード森山大道写真展 あの時代若者だった我々はかくも無様だったのか
こちらも,もっと早く行きたかったのですが,今になってしまいました。
1960年代から,都会の喧騒のなかの一こまを撮り続けてこられた氏の集大成とも言える大規模な展覧会です。都会の持つ猥雑なエネルギーと個人の孤独を抉り出す映像は見る者の心を揺さぶります。
あの時代に若者だった我々はこのような姿だったかと,動揺します。写真集は出版されてますが,美術館で一見の価値あります。

国立国際美術館
会期 6月28日(火)〜9月19日(祝)
午前10時〜午後5時、金曜日は午後7時まで (入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日 (9月19 日(月・祝)は開館)
喧噪と静謐が同居しています。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "オン・ザ・ロード森山大道写真展 あの時代若者だった我々はかくも無様だったのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

猫ズの暑気払い。どら猫さまらとビアパーティ。5人でショートトラック・ノンストップトーク

Photo
昨日は、観劇ブロガーのどら猫さま、かしまし娘さま、ムンパリさま、ハヌルさまと、昼間っからビアで暑気払い。
日頃、職場や家族とはできない文楽、宝塚歌劇、歌舞伎、ストプレの話題で尋常ならざる盛り上がり。どこの時代からでも、東西問わずノンストップで走れるところは、さすがのつわものぞろい。けど、戦後すぐの舞台は見たはらへんのでは…。
あー楽しかった。発散しました。
記事と画像は関係ありません。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

下鴨神社糺の森の古本まつり・ゆっくり訪れたいけど駆け抜けてきました

下鴨神社糺の森の古本まつり
外気温は暑いけど、糺の森の中はひんやり涼しいです。
男性客が多いですね。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大阪歴史博物館 民都大阪の建築力・大阪は物騒なだけの街とちゃう。品格もおます。

大阪歴史博物館 民都大阪の建築力
大阪歴史博物館で開催中の開館10周年記念特別展「民都大阪の建築力」,早く行きたかったのですが,13日(土)になってしまいました。
(平成23年7月23日(土)から9月25日(日)まで・火曜日休館)

ついこのあいだまで親しまれていた,渡邊のダイビル,村野の新ダイビル,阪急百貨店,フェスティバルホールなどの詳細な記録ビデオもあり,心が整理されます。
大阪を離れてン十年の私の心象風景は,大阪を立ったときのままのこれらの建築物群から構成されてますので,なかなか,もうのうなってしもうたんやという実感がわいていなかったのでした。

おっと、昭和の終わりまで北浜にあったマイ母校,大阪市立集英小学校の鳥瞰図やレリーフたちには,びびっとなりました。児童向けの解説にはこうありました。
「集英小は、大阪の船場にあった小学校の一つです。船場にある小学校は、どれもとても贅沢なつくりをしていました。特に有名だったのが集英小でした。この学校には、屋内プールやエレベータがありました。校舎のなかで最も贅沢なつくりだったのが講堂です。この鶏の飾りは、講堂についていたものです。」
確かに,校舎には,エレベーター,斜路,屋内プールなど,時代の最先端の設備がありましたが,ガキでしたから、他校に比べ贅沢させてもろうているということは知る由もありませんでした。

都市の機能の変転により,建築物の社会的使命も変容します。近代建築の空間,技術,文化,精神…何が後世にも必用となるか,考えなければならないときが今と思います。

展示のラストには,今も近代建築を守り続けられておられるオーナーさんがたの御写真もあり,勇気も得られました。
大阪城も近代建築。行ってみないと…。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "大阪歴史博物館 民都大阪の建築力・大阪は物騒なだけの街とちゃう。品格もおます。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

京の夏の旅短縮版・白沙村山荘橋本関雪記念館とヴォーリズ博士の駒井邸探訪

京の夏の旅短縮版・白沙村山荘橋本関雪記念館とヴォーリズ博士の駒井邸探訪
3層に見えますが、天井高の高いアトリエと、大文字をのぞむ望楼です。
池を中心とした回遊遊式庭園も見事です。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "京の夏の旅短縮版・白沙村山荘橋本関雪記念館とヴォーリズ博士の駒井邸探訪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京の七夕は盛況です。


玉様は2日だけで帰られましたが、京の七夕は15日まで。堀川を親水空間としたところで行われています。北行き一方通行でした。二条城がライトアップされ、19時から無料公開されています。
祇園祭りと大文字とのつなぎというだけでなく、定着して欲しいです。堀川が親水公園になってよかった。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "京の七夕は盛況です。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

松尾塾子供歌舞伎2011 ・大阪公演初日・今年も、お役の心をつかんだ好演者揃い。

松尾塾子供歌舞伎2011
8月13日(土) 午後2:00  国立文楽劇場

演目
一、神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)  竹本連中
   頓兵衛住家の場
二、傾城阿波の鳴門(けいせいあわのなると) 一幕 竹本連中
   どんどろ大師の場
三、釣女(つりおんな)  一幕 常盤津連中

毎年拝見していますと、大きくなってこられたのが分かり、孫の成長を楽しみにするおばあさまの心境になります。

今年の演目は、女主人公ものが2本と松羽目ものということで、じっくりと芝居を見せるものばかりで、皆さん、本当に頑張られました。揺れ動く娘心、母心が上手に糸にのっておられました。コミックリリーフの重責を果たし、人情の機敏のええ味出しておられた尼さんコンビがマイツボでした。 東京でもその調子で、客席の涙を絞ってくださいね。
豪華な床にも聞き惚れます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都新聞サイトに掲載されています。「被災マツ「送り火」断念 セシウムを検出」

二転の後、断念となったようです。残念ですが是非もありません。
16日には、心をこめて平和と安全を祈念します。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "京都新聞サイトに掲載されています。「被災マツ「送り火」断念 セシウムを検出」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

六道参りと五条坂陶器市に行ってきました

六道参りと五条坂陶器市に行ってきました
なんとも厳粛な気持ちになります。陶器市、六波羅密寺萬燈会、六道参りと六波羅界隈は祈りに包まれています。
薄暮・マジックアワーという時間帯は、あしたを思うのにいいです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

髑髏城の七人・耽美に息をのむ森山早乙女の対決、奮闘に拍手喝采の小栗勝地の百人斬り、2011年版初日の緊迫感に立ち会えたシアワセ

ドクロ城の七人・初日
キャストを一新。戯曲に手を入れての再々演。これまで主人公の捨之助と敵役の天魔王を一人の役者が兼ねておられましたが、小栗旬さんと守山未来さんが演じます。早乙女太一さん、勝地涼さんら、今をときめく役者さんたちが美しい容姿と流麗な殺陣、若々しい疾走で魅せる新作、新な伝説の誕生です。見せ場はしっかり
健在です。
初日ですから、舞台の外で、ビミョーで片付けられないトラブルで、開演が45分遅れましたが、熱気と覇気で吹き飛ばしておられました。
現代演劇界の俊英を結集した華やかな舞台でした。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "髑髏城の七人・耽美に息をのむ森山早乙女の対決、奮闘に拍手喝采の小栗勝地の百人斬り、2011年版初日の緊迫感に立ち会えたシアワセ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どものためのシェイクスピア・冬物語

山崎清介さんのユニットの恒例のツアーが今年もびわ湖ホールに来てくださいました。
冬物語は、時の老人役をシェイクスピア・ドールに振れますので、よさげと期待してましたが、期待以上の楽しさ。妄想や状況からありもしない不義密通を作り出すプロセスが、しっかり作ってありました。いつもながら、重要な役を兼ねる面白さもあります。ポリクシニーズと、ポーリーナは普通兼ねませんから…。
ハーマイオニとパーディタは兼ねない、リオンティーズと時の老人は兼ねるパターンが好きです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

重要文化財指定記念平安神宮京の七夕歌舞伎坂東玉三郎・船辧慶・楊貴妃 平安神宮が蓬莱宮に

Nec_0605

平安神宮前の特設舞台での公演です。船辧慶も楊貴妃も南座の舞踊公演のメインの演目ですが、2日間限定の公演なので大盤振る舞いのセットです。装置は橋掛付きの能舞台形式でした。船辧慶は、日吉小間蔵さん他の長唄と田中傳佐衛門社中の囃子の掛け合いに藤舎清鷹さんの笛、楊貴妃は、長唄に十七弦や胡弓と演奏陣が玉様らしい超豪華版で、ライブとしても楽しめます。楊貴妃は日本語版でした。

18時30分の開演で船辧慶から始まりますので、前シテの静御前の間はまだ明るく、後シテの知盛が登場するころから、日はとっぷり暮れます。楊貴妃では、ライトアップされた平安神宮を常世の国の蓬莱宮に太真殿に見立てて舞われます。

玉様の楊貴妃の美しいこと、美しいこと。あまりの美しさにありがた涙でうるうるに…。超絶技巧の霓裳羽衣の曲の舞いもノリノリであられました。
カテコ4回、きゅーとで魅惑的な楊貴妃として見送っていただきました。いい夢がみられそうです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "重要文化財指定記念平安神宮京の七夕歌舞伎坂東玉三郎・船辧慶・楊貴妃 平安神宮が蓬莱宮に "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

京都市交響楽団:第549回定期演奏会・華麗ドラマチックな一夜

コンサート名:第549回定期演奏会
日時:2011年8月5日(金)7:00 pm 開演
会場名:京都コンサートホール・大ホール
出演者:広上 淳一(常任指揮者)
上村 昇(チェロ/京響ソロ首席チェロ奏者)
店村 眞積(ヴィオラ)

曲目等
開演前6:40pm~プレトーク
ドヴォルザーク:序曲「謝肉祭」op.92
レスピーギ:交響詩「ローマの祭り」
R.シュトラウス:交響詩「ドン・キホーテ」op.35

ローマの祭りは楽器編成が大きく楽器編成も特別。銅鑼、鐘、鈴、グロッケンシュールの他、ブッキーナという古いトランペットも登場します。背面の額縁におさまっておられました。鈴の音がイタリアの古い舞曲を彷彿とさせてくださいます。
さて、メインのドンキホーテ。上村さんの渋めで適当に荒れていて枯れていないドンキホーテに、思い切りやかましい店村サンチョパンサ。オーケストラもノリノリ。
華麗な音にハイなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図書館で借りた本0806

図書館で借りた本

□七緒
□花とフォルムと 中村哲郎
□システィーナ・スカル 柄刀一
□髑髏城の七人 中島かずき
□信長燃ゆ 安部龍太郎
□鬼に喰われた女 坂東眞砂子
□狸穴あいあい坂 諸田玲子
□舞台を観る 渡辺保
□始皇帝 塚本靑史
□思想としてのシェイクスピア
ふむふむ、楽勝といきましょう。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

桂米朝一門夏祭り

サンケイホール・ブリーゼの米朝一門夏祭り行ってきました。今日は打ち水のイベントや屋外で和太鼓と大喜利があったんですが、天然の打ち水のおかげで見送り。そこはしぶとい咄家さんら、笑いのネタにしたはりました。
やっぱ、京都より大阪で聞いた方がよろしいわぁ!
客席との一体感が呼びもんやそうです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鏡花幻想 坂東玉三郎チャリティー言の葉コンサート 鏡花作品の挿入歌は、美しき怪異たちへのレクイエム

4日、茨木市で開催されたリーディングに行ってきました。
いつもの白のスーツに眼鏡の拵え、舞台には天守物語前半の打掛けがしつらえられてます。
夜叉ヶ池、海神別荘、天守物語の玉様が勝手に決められた三部作のハイライト場面から構成されました。
今回明らかにされた新解釈は、物語の通奏低音であり、主人公の心象を表す音楽の位置付けについてです。夜叉ヶ池では子守唄、海神別荘では数え歌、天守物語では通りゃんせとなってますが、これらは、美しい魂の持ち主故に人間界から異界に跳んだ者たちへの鎮魂歌となっているそうです。心のこもったお歌を聞かせてくださいました。
洪水をおこしそうな勢いの玉様ですが、京の七夕は晴れたらいいな。
エンタテイメントというより、高度な文学論というか文学謎解きミステリーみたいでした。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

夕顔が咲いてるぅ!花に心を養う老女~♪になりました。

Photo_3
8月3日ですよね。今年はもう見られへん思うてたんですんごく嬉しい!けど、咲くのは今頃やったやろか?
絵本太功記が6月ではなく熱休みに上演されているからと思いませんか?↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "夕顔が咲いてるぅ!花に心を養う老女~♪になりました。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

80万ヒット通過(2日午後6時頃でした。)。ありがとうございました。

Photo_2

2日(火)午後6時頃、80万ヒット通過。予想より12時間遅かったようです。
つきましては、キリ番踏まれた方からリクエストを承り、エントリを作成させていただきますので、親告くださいね。よろしくお願い致します。(*´v゚*)ゞo(_ _)oペコッ
遅筆に凝りられませずよろしくおねがい致します。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "80万ヒット通過(2日午後6時頃でした。)。ありがとうございました。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »