« マーラー 君に捧げるアダージョ | トップページ | 文楽夏休み講演会初日二部絵本太功記・三部心中宵庚申拝見 玉女さん辛抱奮闘公演になるはず »

2011年7月20日 (水)

宝塚花組公演ファントム \(^^)/指揮は、塩田明弘さんです。

Photo_2
三井住友VISAカード ミュージカル『ファントム』
脚本/アーサー・コピット 作詞・作曲/モーリー・イェストン
潤色・演出/中村一徳  翻訳/青鹿宏二
キャスト
エリック/蘭寿 とむ、クリスティーヌ/蘭乃 はな
キャリエール/壮一帆、シャンドン伯爵/愛音羽麗
カルロッタ/桜一花、アラン・ショレ/華形ひかる

あらすじ
街で楽譜を売っている娘クリスティーヌは、オペラ座のパトロンのシャンドン伯爵に歌声を見初められ、オペラ座の支配人キャリエールを訪ねるよう声をかけられる。オペラ座に行ってみたが、キャリエールは解任された後だった。そして、新支配人の妻で歌手のカルロッタの衣装係として雇用される。歌うクリスティーヌに、謎の仮面の男が現れ、歌を教えると言い出す。クリスの歌は上達し、デビューすることとなるが…。

 ガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」を題材とし、1991年の初演以降、世界各地で上演され高い評価を受けている脚本アーサー・コピット、音楽モーリー・イェストンによる『ファントム』。宝塚歌劇では2004年に宙組により初演、2006年には花組により再演。その後、大沢たかおさん主演で2度上演されている。ファントムがエリックというナイーブな青年で、その出自も明かされるロマンティックな展開だ。
今回は、花組で蘭寿とむさんのお披露目公演として、新曲も2曲加わり、より若々しく純粋な若者として描かれている。
お披露目からハードル高いですが、満を持してのトップさんです。おめでとうございます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

コーラスよりソロで構成されている作品ですから、ソリストの歌唱力が問われます。蘭寿 とむさん頑張っておられました。ダンスの人ですから、見せ場をダンスに変えた部分や、耳に心地よい新曲もあしらわれ、いいお披露目となりました。マントさばきや群舞の芯をとられるお姿は見栄えします。可愛らしい相手役の蘭はなさんともめちゃお似合い。キャリエールの壮さんもええ味でした。
安蘭けいさんと比べるのは気の毒ですが、シャンドン伯爵は、もう少し洒脱な遊び人に見えて欲しかったかな。これも、出雲綾さんと比べるのは悪いですが、カルロッタさんはどどーんとした方がなさるという刷り込みがあります。お綺麗でお洒落でした。

それはそうと、出雲綾さん、今日、劇団四季のマンマ・ミーアのロージイ役の客演でデビューなさったそうです。これは来ますよ。A.ロイド・ウェバー版オペラ座の怪人のカルロッタ役が見えてきそうです。

|

« マーラー 君に捧げるアダージョ | トップページ | 文楽夏休み講演会初日二部絵本太功記・三部心中宵庚申拝見 玉女さん辛抱奮闘公演になるはず »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚花組公演ファントム \(^^)/指揮は、塩田明弘さんです。:

« マーラー 君に捧げるアダージョ | トップページ | 文楽夏休み講演会初日二部絵本太功記・三部心中宵庚申拝見 玉女さん辛抱奮闘公演になるはず »