« ショパン・愛と哀しみの旋律 | トップページ | 阪急電車~片道15分の奇跡~観劇時にお世話になっています。 »

2011年5月 7日 (土)

宝塚星組公演『ノバ・ボサ・ノバ』&『めぐり会いは再び』ソールは太陽の男です。

Photo
ミュージカル・ショー『ノバ・ボサ・ノバ』-盗まれたカルナバル-
作/鴨川清作 演出/藤井大介
キャスト

ソール(義賊):柚希 礼音
エストレーラ(観光客の令嬢)/夢咲 ねね
シスター・マーマ(見物のシスター)/英真 なおき
ルーア神父(見物の神父)/涼 紫央
オーロ(盗賊)/紅 ゆずる
マール(バザールの男)/真風 涼帆
メール夫人(エストレーラのママ)/夢乃 聖夏
ブリーザ(マールの彼女)/白華 れみ

1971年に初演し、1976年、1999年に再々演されたラテン系ショーの傑作『ノバ・ボサ・ノバ』。ブラジルのリオのカーニバルを舞台に展開するドラマティックなミュージカル・シーンで見せる、ショー作品。

全部見どころ、つなぎの場面なし。また、全てのシーンにおいて、あちらでもこちらでも素晴らしいダンスが展開されています。目がいくつあっても足りません。しかし、綺羅星のタカラジェンヌさんのなかにあって、いくつの星が集まってもその輝きを凌駕する太陽がちえさん!
リオのカーニバルですから、男も女も恋の無礼講。よっしゃー、女の子全部俺のもんやーという雄叫びが聞こえてきそうです。
今まで見たのは何だったんでしょ。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

ロマンティック・ミュージカル
『めぐり会いは再び』-My only shinin’ star-
~マリヴォー作「愛と偶然との戯れ」より~
脚本・演出/小柳奈穂子

キャスト
ドラント(貴族の令息)/柚希 礼音
シルヴィア(貴族の令嬢)/夢咲 ねね
リュシドール(求婚者1)/夢乃 聖夏
ブルギニョン(ドラントの従僕)/紅 ゆずる
リゼット(シルヴィアの侍女)/白華 れみ
エルモクラート(劇作家)/真風 涼帆

 「愛の勝利」などで知られる、18世紀フランスの劇作家マリヴォーによる喜劇「愛と偶然との戯れ」をミュージカル化。
 オルゴン伯爵は娘シルヴィアに、5人の求婚者の中から一人を選び、結婚するように言う。シルヴィアは、召使いのリゼットと入れ替わり、変装して相手に近付き、相手の人柄を認めたら結婚すると言う。どの貴公子も気に入らないシルヴィアが見初めたのは、求婚者の一人であるドラントの召使いブルギニョンだった。実はブルギニョンも、シルヴィアと同じ理由で召使いと入れ替わったドラントだった。

こちらは上品なラブコメ。小柳センセらしいエスプリが効いてます。台詞がウイットが効いていたので、お衣裳をすっきりしてほしかったところ。
さて、今年の初舞台生のラインダンスは振りが凝っているうえ、勢いがあるように感じました。

|

« ショパン・愛と哀しみの旋律 | トップページ | 阪急電車~片道15分の奇跡~観劇時にお世話になっています。 »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚星組公演『ノバ・ボサ・ノバ』&『めぐり会いは再び』ソールは太陽の男です。:

« ショパン・愛と哀しみの旋律 | トップページ | 阪急電車~片道15分の奇跡~観劇時にお世話になっています。 »