« ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路 それでも音楽に出逢えてよかったはず | トップページ | ダンシング・チャップリン 映画→バレエ→映画で原典回帰です。 »

2011年5月15日 (日)

ジュリエットからの手紙 マンマ・ミーア、ロミジュリ、キャメロットをいっぺんに見たようなハピネス

Photo

原題:Letters to Juliet
監督:ゲイリー・ウィニック
製作:キャロリン・キャプラン、エレン・パーキン、マーク・カントン
製作総指揮:ロン・シュミット
キャスト:アマンダ・セイフライド、バネッサ・レッドグレイヴ、クリストファー・イーガン、ガエル・ガルシア・ベルナル、フランコ・ネロ
あらすじ
シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の舞台となったイタリア・ベローナを訪れたソフィーは、ジュリエットへの恋愛アドバイスを求める手紙への返信を行うボランティアグループに出会う。そこで、ソフィーは50年前に書かれたクレアの手紙を見つけ、返信すると、手紙を書いた本人とその孫のチャーリーが現れる。クレアは、50年前の恋人ロレンツォを探しシエナ近郊を探す。
「マンマ・ミーア!」のアマンダ・セイフライド主演の恋愛ドラマ。役名も同じソフィーで、写真のとおりとびっきりの可愛らしい女優さん。年間5,000通を超えると言われるジュリエットへの手紙には、ジュリエットの秘書とされるボランティアの女性が返信を書いておられます。素敵な企画ですね。
50年前のジュリエットは、美貌とスタイルと叡智を兼ね備えた大女優・バネッサ・レッドグレイヴさんで、そうなると、ロミオはフランコ・ネロさんに決まってます。さっそうとした御登場はお約束!ラブロマンスはこうでなくてはなりません。
しっかし、子どものころに見たキャメロット覚えているな~。
仮想ママに髪をすいてもらういいシーンあります。マンマミーアも女殺油地獄、傾城阿波鳴門も髪すきの場面あります。髪は女の命ですね。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

子どもの頃に見たキャメロット、覚えてますね~。親の影響は大きいです。

|

« ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路 それでも音楽に出逢えてよかったはず | トップページ | ダンシング・チャップリン 映画→バレエ→映画で原典回帰です。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジュリエットからの手紙 マンマ・ミーア、ロミジュリ、キャメロットをいっぺんに見たようなハピネス:

» 映画「ジュリエットからの手紙」あの時、別の選択をしていたら・・・。 [soramove]
「ジュリエットからの手紙」★★★☆ アマンダ・セイフライド、 ヴァネッサ・レッドグレイヴ、 ガエル・ガルシア・ベルナル、フランコ・ネロ出演 ゲーリー・ウィニック監督、 105分 、2011年5月14日公開 2010,アメリカ,ショウゲート (原作:原題:LETTERS TO JULIET)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「誰もが知る『ロミオとジュリエット』、 そのジュリエ... [続きを読む]

受信: 2011年5月19日 (木) 23時24分

« ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路 それでも音楽に出逢えてよかったはず | トップページ | ダンシング・チャップリン 映画→バレエ→映画で原典回帰です。 »