« プリンセス・トヨトミ大阪の映像はベタでこてこてやけど心意気やよろしき | トップページ | 天神さんでゲトした男性用絽の長羽織。これ羽織って伊勢音頭見に行こ…。落語会にもいいかな。 »

2011年5月29日 (日)

マイ・バック・ページ ジャーナリズムのあり方の一つを思い出しました。確かに読んでおられました、AJ。

Photo
監督:山下敦弘
原作:川本三郎
脚本:向井康介
音楽:ミト、きだしゅんすけ
美術:安宅紀史
主題歌:真心ブラザーズ、奥田民生
キャスト
妻夫木聡、松山ケンイチ、忽那汐里、石橋杏奈、中村蒼、韓英恵、長塚圭史、山内圭哉、あがた森魚、三浦友和
あらすじ
1969年、理想を追いながらも、ジャーナリストになる夢も求める沢田は、新聞社に入社し、週刊誌の記者となって学生運動の取材に情熱を燃やしていた。1971年、沢田は先輩記者の中平とともに、左翼系過激派の梅山と名乗る男から接触を受ける。4月に武装蜂起するというその男は、取材費欲しさの偽物か、只のテロリストか、真の活動家なのか。
そして、4月、自衛隊の駐屯地で、自衛官の刺殺事件が起きた。

元・朝日新聞社記者の川本三郎氏によるノンフィクションを、妻夫木聡、松山ケンイチの共演で映画化した社会派青春ドラマ。60年代後半の学生運動を舞台に、理想と功名を追うジャーナリスト・沢田と、左翼革命を目指す学生活動家・梅山との出会いと対立の決着は、青春の1コマというには苦く苛酷で後悔の残るものだった。
主演2人の人気で、若い観客もおられました。あの時代に間に合わなかったジェネレーションとしても、左翼革命が何を目指したのかは文献として小熊英二氏の著作1968を読んで頭を整理して知識として知っているに過ぎません。問いかける命題が多すぎてなかなかしんどい映画でした。
長塚さん、山内さんのカリスマ活動家ぶりがはまり過ぎで、三浦編集長の薄汚さとジャーナリズムの傲慢が短い出番に光ってました。松山ケンイチさんはノルウェイの森のBGMが聞こえてきそうなあの時代の雰囲気を持ち合わせておられます。妻夫木さんも理想とセンチメンタリスムのバランスがいい感じでした。
後の世代に語り継ぐ言葉を持たないとあきませんね。それにつけてもショックだったのが、わが社の執務環境は40年前と同じだぁ~↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

|

« プリンセス・トヨトミ大阪の映像はベタでこてこてやけど心意気やよろしき | トップページ | 天神さんでゲトした男性用絽の長羽織。これ羽織って伊勢音頭見に行こ…。落語会にもいいかな。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイ・バック・ページ ジャーナリズムのあり方の一つを思い出しました。確かに読んでおられました、AJ。:

« プリンセス・トヨトミ大阪の映像はベタでこてこてやけど心意気やよろしき | トップページ | 天神さんでゲトした男性用絽の長羽織。これ羽織って伊勢音頭見に行こ…。落語会にもいいかな。 »