« 孫文の義士団・団を束ねるのは温厚な慈父というプロットが忠臣蔵的です。 | トップページ | 長澤芦雪・MIHO ミュージアム・もし、鯉が池の中からアメショーを見たら »

2011年5月25日 (水)

GANTZ PERFECT ANSER

Gantzperfectanser
監督:佐藤信介
プロデューサー:佐藤貴博
原作:奥浩哉
脚本:渡辺雄介
キャスト
二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、戸田菜穂、伊藤歩、田口トモロヲ、山田孝之
あらすじ
黒いナゾの球体「GANTZ(ガンツ)」に召還され、異形の敵“星人”を倒すことを強いられる玄野の戦いは続いていた。得点が100点になったとき、元の世界に帰るか、好きな人を生き返らせることができるということを目標に戦ってきた玄野の前に現れた敵は、加藤の姿をしていた。
戦い続け生き抜く決意をした玄野と、暴力に支配された世界を嫌悪し、戦いを否定する加藤は再び対立する。玄野に苛酷な命令が下されたとき、共に闘ってきた仲間たちのとった行動は…。

CGやワイヤーアクションや特撮がふんだんに使われているが、ベーシックな枠組みは、死をゲームとして楽しむ密室内の不条理心理劇だ。前編が公開されてからわずかな期間というのに、ファンタジーの世界のアルマゲドンを楽しめなくなっているのかもしれない。いうまでもなく、この間に東日本大震災の体験がある。
二宮さんと松山さんは、現実感のある若者を見事に演じておられました。
漫画が原作、若者が夢中になる生命をもてあそぶストーリーは、心して見るようにしています。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

|

« 孫文の義士団・団を束ねるのは温厚な慈父というプロットが忠臣蔵的です。 | トップページ | 長澤芦雪・MIHO ミュージアム・もし、鯉が池の中からアメショーを見たら »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GANTZ PERFECT ANSER:

« 孫文の義士団・団を束ねるのは温厚な慈父というプロットが忠臣蔵的です。 | トップページ | 長澤芦雪・MIHO ミュージアム・もし、鯉が池の中からアメショーを見たら »