« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

ラ・フォル・ジュルネ音楽祭 in びわ湖ホール 平和のなかで音楽を聴ける幸福を感じた一日でした。

ラ・フォル・ジュルネ音楽祭 in <br />
 びわ湖ホール
長い1日なので、おうちで昼食と夕食をいただいてくつろぎながら鑑賞と思ってましたが、気迫の演奏に打たれ、ヘア、メイク、スーツをびしっと直して出直しだぁ!
何を聴いたのかって、AM10:00からPM9:00まで通しました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "ラ・フォル・ジュルネ音楽祭 in びわ湖ホール 平和のなかで音楽を聴ける幸福を感じた一日でした。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)

図書館で借りた本0429

図書館で借りた本

□天馬、翔ける 安部龍太郎
□ダ・ヴィンチの白鳥たち・下 カレン・エセックス
□女王エリザベスと寵臣ウォルター・ローリー ローズマリ・サトクリフ
□アーサー王と円卓の騎士 ローズマリ・サトクリフ 
□桜姫雪文章 領家高子
□怪談お露牡丹 領家高子
□QED出雲神伝説 高田崇史
□陳平 風野真知雄
□失われた近代建築Ⅰ都市施設編 藤森照信・増田彰久
□失われた近代建築Ⅱ文化施設編 藤森照信・増田彰久
今回はすぐ返却しよう。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

文楽4月公演千秋楽・女殺油地獄,源平布引滝,艶姿女舞衣

Photo_2
楽しみにしていた割りに,白石噺,源平布引滝,艶姿女舞衣は一度の鑑賞となった今月でした。
源平布引滝は襲名披露狂言でしたが,新源大夫さんはドクターストップで,口上のみの御参加。また,文雀師匠は体調不良で御休演ということで,満願成就のめでたさではありませんでしたが,厳かで感動的でした。
産経新聞夕刊1面記事にもありますが,公演期間中に観客から628万円の義捐金を集め,技芸員一同の500万円を加え,1128万円の寄附をなさったそうです。日本赤十字社には,住大夫さんら7人と,茜屋の御新造お園さんが行きはったそうです。
昨日は,お園さんに握手してもらいました。
玉女さんが遣われるお園さんは若々しいです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "文楽4月公演千秋楽・女殺油地獄,源平布引滝,艶姿女舞衣"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

南座歌舞伎鑑賞教室・美吉屋の春です。

「南座歌舞伎鑑賞教室」23日ソワレを鑑賞。

毎年解説の九雀さんが幕開きは「なりきり」で御登場ですが、お江戸日本橋の舞台に角兵衛獅子で登場したのは上村純弥さん。長身に1本歯の下駄は不安定そうですが、さらしは綺麗に舞いました~。ちょっとリズムに乗り切れないところもありましたが、余裕でこなしておられました。
メインイベントは松羽目ものの釣女。
大名が松次郎さん、太郎冠者が亀蔵さん、上臈がりき弥さん、醜女が吉弥さんと、ここまではオリジナルにもありますが、今公演特別バージョンとして、恵比寿三郎に吉太朗ちゃん。
紅葉狩の少年神・山神のような役どころで、大名と太郎冠者がまどろんでいるところに登場します。背丈も伸びて見た目もすっきり、踊りも上手になりました。
松次郎さんとりき弥さんは美男美女のカップルというところ。こんな大役をなさるということでうるうるに……。
亀蔵さんは個性派で、いつもびっくりの演技で楽しませてくださいますが、正統派の太郎冠者も愉快に品よく演じられました。逆にいつもはんなりとした花車やちんまりとした老婆をストイックに演じられる吉弥さんが、誰か分からないほどの特殊メイクで、はじけた醜女ちゃん。
九雀さんや亀蔵さんより大きな首に見えるのが謎でした。
毎年楽しみにする価値ありますよ。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

劇団四季公式から平幹二朗さんのシャイロックポスターがダウンロードできます。

Photo_2
お父様!
浅利版ではいかにもな正統派の拵え。
諦念、鬱屈、悲哀が感じられます。家族を愛する慈父でもあられます。本邦空前にして絶後のシャイロックになられること間違いなし。心配なのはシャイロックの娘ジェシカ。生田斗真さんのイメージが真っ先に浮かびますが、四季では誰でしょ。花代さんはおられないし。ポーシャもネリッサも誰でもよろし。ジェシカが問題だぁ。
坂本さんのポーシャが平幹シャイロックを屈服させるというのは説得力無いかな?↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人のへそ・高度経済成長時代の日本人は想像を絶する元気さ!

Photo

こまつ座第九十三回公演
テレビ朝日共同主催・Bunkamura提携
日本人のへそ
作;井上ひさし
演出:栗山民也
音楽:小曽根真
振付:謝珠栄
出演:石丸幹二、笹本玲奈、辻萬長、植本潤、吉村直、古川龍太、久保酎吉、
明星真由美、今泉由香、高畑こと美、町田マリー、たかお鷹、山崎一、
小曽根真

あらすじ
舞台上では、吃音障害のある人たちを対象とした演劇による治療が試みられていた。演目は、東北岩手から上京した田舎娘のドロップアウトとサクセスのジェットコースターストーリー。
東北岩手から集団就職で上京した田舎娘は希望に胸膨らませていた。しかし現実は、希望に膨らむ胸でなく、彼女のはじけそうなオッパイに、男達の欲望がふくれあがる。
職を転々、男を変転と流転続きで、果てはストリッパーへと転落なのか・・・・、
いやいや、男の玉を手玉にとって、天下に成り上がる。その娘の名前は、―――ヘレン天津。

井上ひさしさんの追悼公演。笹本さんがストリッパー、小曽根さんがピアニスト役ということで行き決定。
1969年の作品ということで、表裏源内蛙合戦、道元の冒険などと同じらしい。井上ひさしさんらしい日本語の限界に挑戦する演劇ワークショップにしてミステリー、メロドラマにしてシチュエーションコメディ、ミュージカルなのかオペレッタなのか、はたまたストリップショーなのか謎のお芝居だ。
それにつけても、この年代の日本人のエネルギーはどうだろう。東京一極集中のエネルギーの補給源は東北地方から流入した集団就職のマンパワーだった。
出演俳優さんたちの肉体と羞恥心の限界に挑戦なさる濃ゆい演技に呆れ、あれよあれよという間に、作者の仕掛けた罠にはまってしまっている。
笑いすぎてあっけにとられているうちに大きなどんでん返しがあったようだが、それも信じられないうちに終わる。
東京と東北はタイトにつながっているのね。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2011年4月22日 (金)

シングルマザーズ in びわ湖ホール・シングルマザーを飾る言葉が大事と永井さんは主張なさいます。

Photo
二兎社 vol.36 シングルマザーズ
作・演出:永井愛
出演:沢口靖子、根岸季衣、枝元萌、玄覺悠子、吉田栄作
あらすじ
直(なお)は12歳の男の子を育てるシングルマザー。派遣社員として働くかたわら、シングルマザーの支援団体、“ひとりママ・ネット”の事務局長も務める。
時は2002年の秋。舞台は事務所の木賃アパート。児童扶養手当の削減を阻止するため、国会を動かそうと息巻いていた。シングルマザーたちからは、ひっきりなしに悩みごとの相談が寄せられる。
そんなある夜、見知らぬ男が、妻子が突然消えてしまったと言って飛び込んできた。

毎年、びわ湖ホールに来られる社会派の劇作家・永井愛さんの 作品。今年は母子家庭の現実がテーマ。児童手当ての母子加算を維持するために活動する任意団体の事務局長と、仲間たちの数年のエピソードを、笑いと爆発で綴る。
ワーキングプア、雇用、就職支援、DV、母子支援制度、生活保護と、重く身につまされるテーマだが、女性のたくましさと絆でなごませてくださる。
東北の公演は大震災で中止になったけど、頑張るおかあさんたちの物語が、きっと応援になると募金活動も続けておられる。
沢口靖子さんは、どんなど貧乏コスチュームでも美しさは際立っておられ、募金箱の前には長い列が・・・。
社会派は好みではないけど、二兎社は別↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

港町純情オセロ・めっちゃタイトルのとおりやで!

港町純情オセロ

それに、原作や松岡和子センセの解釈にも忠実。兵庫県出身のじゅんさんにふさわしく、ヴェネツィアは港町神戸(かんべ)地中海は瀬戸内海。いやあこの矮小感がたまりません。けど、悲劇と純情は大きいんやで。
じゅんさん復活。泣かせてくれるやんか!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

東福寺の青もみじがまぶしい!

東福寺の青もみじがまぶしい!

紅葉の名所はそのまま青もみじの名所だ。まだ開ききらない赤いもみじの芽が可愛い。赤いガクの小さな白い花もちゃんと咲 いていて、一瞬の輝きを示している。
青もみじの盛りは、紅葉よりずっと短い。桜花の名残を惜しんでいるうちにひねこびてしまうので、思い立ったら出掛けよう。
そういえば、風知草も新緑は可愛かったはず。
新緑は一斉なのに、紅葉は時差で進むのが、なんだか人生を象徴しているようです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "東福寺の青もみじがまぶしい!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

血沸き肉躍る国芳にみな夢中!

血沸き肉躍る国芳にみな夢中!
大阪市立美術館は、没後150年、大々的な歌川国芳の企画展が開催中です。観客はそれほど激混みではないのですが、皆さん、見入っている時間が長い。奇想天外な画題に大胆な構図、精緻でありながら力強い筆致て、視ても視ても飽きないです。
イヤホンガイドは、山本耕史さんが国芳の弟子吉芳宗に扮してべらんめえで語るのが聴きどころ。ええ声や~。ひととき、天王寺にいることを忘れてしまかいそうでした。
花の種類は多いですが、京都の花木はやはり枝垂れ桜~↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "血沸き肉躍る国芳にみな夢中!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐでんぐでん、大荒れの玉様が好きだぁ!

ぐでんぐでん、大荒れの玉様が好きだぁ!
残念ながら、15日でマイ千秋楽。大千秋楽は、特派員対応となりました。
岩長姫の怨み、哀しみ、怒りが増幅しておられました。醜い姿に生まれついたゆえに恋の敗者となり、美女を根絶やしにするという身勝手に共感を取れるのは、玉様だけです。皆さんのパワーに大々堪能しましたが、ひぇーとなったのは、玉様。隈取りより姫の拵えの方がよっぽど怖いです。
わずか一週間でもパワーアップなさっておられます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

琵琶湖疎水取水口と三井寺はライトアップ自粛

琵琶湖疎水取水口と三井寺はライトアップ自粛
残念ですが、桜は毎年咲くはず。
桜花が咲くと時空がつながる気がするのよねぇ↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "琵琶湖疎水取水口と三井寺はライトアップ自粛"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

二条城の夜桜も灯り気持ち控えめ

二条城の夜桜
(風知草)
花の種類は多いですが、京都の花木はやはり枝垂れ桜~↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "二条城の夜桜も灯り気持ち控えめ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

嵐電夜桜電車に乗ってみました

嵐電夜桜電車に乗ってみました
大震災から1ヶ月。今日は祈りと誓いの1日でした。大規模な余震が続くなか、被災された皆様の艱難辛苦と御心痛はいかばかりかと、同胞として、いてもたってもいられない心境です。
とにかくワタクシは、生かされていることに感謝し、見て聞いて考えて行動し、結果が正しかったか自問し、また考えるということに努めます。最もあかんのが、思考を停止したり、破滅型の暴論に易々と洗脳されたりして、自覚なしに、結果として社会の歩みを迷走させることと思います。

さて、嵐電北野線鳴滝駅と宇多野駅間の約200メートルの桜のトンネルがライトアップされています。例年のイベントですが、今年は祈りと希望の明かりとして収益金の一部が被災地に送られます。幻想的です。
それにつけてもこの冷え込み(゚0゚)↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

文楽4月公演・碁太平記白石噺・女殺油地獄・だし巻き


文楽4月公演・碁太平記白石噺・女殺油地獄
国立文楽劇場前の桜は満開
9日に第2部、碁太平記白石噺・女殺油地獄を拝見しました。
みなさまありがとうございました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "文楽4月公演・碁太平記白石噺・女殺油地獄・だし巻き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花は紅、柳は緑


花は紅、柳は緑
白川は、桜だけではありません。知恩院さんの門前の柳の新緑が綺麗です。
美味しそう。
この綺麗な緑が写ったかな?↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "花は紅、柳は緑"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

新築京町家のレストラン・イル・ピアーノで新年度会してました

京町家のレストラン
イル・ピアーノは新築です。なかなかのもんです。
コースもリーズナブルで、昨秋の開店ですが早くも人気です。府立芸術文化会館の帰りにぴったりです。
ハヌルさま、この間はすみませんでした。今度こそ行きましょ。
薄暮のときに撮影すると、町家の本質が浮かび上がります。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "新築京町家のレストラン・イル・ピアーノで新年度会してました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

琵琶湖ホテルの桜もスタンドアローン

琵琶湖ホテルの桜もスタンドアローン
こちらも定点撮影している浜大津琵琶湖ホテルの車寄せの垂れ桜。ブルーの外壁の建物のアクセントになってます、なかなかの樹形です。
明日は風雨が強くなるとか。かなり気になりますね。
こんなにたくさん桜があるのに見飽きません。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "琵琶湖ホテルの桜もスタンドアローン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

京の春の立役者・円山公園の枝垂れ桜と祇園白川

円山公園と祇園白川の桜

今年は、京都も観光客が少なく宴会の自粛もあり祇園界わいの賑わいも寂しいです。老名優を彷彿とさせる凛としたたたずまいと孤高の美に、みんなで長生きしようと決意!
夜景は強化されそうです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "京の春の立役者・円山公園の枝垂れ桜と祇園白川"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

スマートフォンに変えました!高瀬川一之舟入を撮影してみましたが…

高瀬川一之船入
毎年、定点撮影している高瀬川の桜。三分咲きです。

記事のグレードアッブが可能かもと期待していますが、今のところ、新しく出来るようになったたことありません。トホホです。
年中傾いていますが今週は花の盛り。よりいっそう浮かれたいものです。
ここは散り初めが綺麗ですね。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

都の春・玉様が南座に春を運んでくださいました。

高瀬川

4月に入ったというのにこの週末は大変な寒さでしたが、高瀬川の桜は三分咲きとなっています。今週は毎日が花見日和となります。

高瀬川高瀬川

京都四條南座は、坂東玉三郎特別舞踊の初日を迎えました。待ち望んでいた春です。
4月9日(土)と16日(土)、いずれも17:00から、坂東玉三郎丈と中村獅童丈のチャリティトークショーが開催されます。
あ、気になっていた稲田姫は尾上右近さんが演じられます。
今日は劇場の前を通過しただけでした。早よ見たい!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »