« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

新ジーザスに芝さん、新ヘロデ王に北澤さんではありませんか!

公式のジーザス・クライスト・スーパースターの稽古場画像を拝見して驚きました。ユダは定評のある金森勝さんですが、長年のユダの第一人者の芝さんが、ファントムではなくジーザスとは驚きました。福井さんにも、ユダ役のチャンスがもらえればいいですね。(結局そこです。)
北澤さんの拵えとパフォーマンスはどんななんでしょ?↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

明治座五月花形歌舞伎に上村吉弥丈もええお役で出はります

公式に、花形さん以外の主要なお役が発表になってました。

昼の部
一、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
 川連法眼館
  佐藤忠信/忠信実は源九郎狐  市川 亀治郎
  静御前  市川 門之助
  駿河次郎  中村 亀鶴
  亀井六郎  市川 弘太郎
  川連法眼  市川 寿猿
  妻飛鳥  上村 吉弥
  源九郎判官義経  市川 染五郎

二、けいせい倭荘子 蝶の道行(ちょうのみちゆき)
  助国  市川 染五郎
  小槇  中村 七之助

三、恋飛脚大和往来(こいびきゃくやまとおうらい)
 封印切

  亀屋忠兵衛  中村 勘太郎
  傾城梅川  中村 七之助
  井筒屋おえん  上村 吉弥
  槌屋治右衛門  片岡 亀蔵
  丹波屋八右衛門  市川 染五郎

夜の部
一、通し狂言怪談 牡丹燈籠(ぼたんどうろう)
 大川の船の場より幸手堤の場まで

  伴蔵/萩原新三郎  市川 染五郎
  お峰/お露  中村 七之助
  宮野辺源次郎  中村 亀鶴
  お国  上村 吉弥
  酌婦お絹  澤村 宗之助
  女中お竹/酌婦お梅  坂東 新悟
  馬子久蔵  片岡 亀蔵
  飯島平左衛門  市川 門之助
  乳母お米  市村 萬次郎
  船頭/三遊亭円朝  中村 勘太郎
二、高坏(たかつき)
  次郎冠者  中村 勘太郎
  高足売  中村 亀鶴
  太郎冠者  澤村 宗之助
  大名某  片岡 亀蔵
なんかほんまかいなという斬新な配役ですね。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今週から福井さんがムファサ

出演の可能性のあるお役は、上演中だけでも、マンカス、タガー、ビースト、ラダメス。その他の持ち役が、トニー、ペロン、久雄、ソンダンMV1…。
あと目指すは、チェ、ユダ、トラップ大佐、ファントムですかしら。全ての山に登れ♪
エーデルワイスもええやろな~↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三月南座花形歌舞伎「獨道中五十三・」千穐楽・充実のおもだか屋の役者さんたち

伊達の十役等とともに,市川猿之助丈演出の痛快娯楽活劇の決定版です。
一度名古屋で拝見しています。
序幕は三条大橋から岡崎まで楽しい演出の棚さらえ,二幕目が箱根霊験記風に しっとりと,三幕目がお染の七役の倍のスペクタクルショーという,アレグロ,アダージョ,アレグロの協奏曲になってます。
千穐楽ということもあって,流れが円滑なうえ,ひとつひとつのお役も自然で気持ちよく楽しませていただきました。
呼びものは,序幕ラスト岡崎無量寺の場の怪猫の跳梁で,右近丈の怪猫と猿流丈の里女おくらの芸です。全体を考慮すれば,旅半ばで盛り上げ過ぎかもしれませんが,楽しみを出し惜しまない市川猿之助さんの演出がうれしいです。(心の中で♪マキャビティ,マキャビティ悪徳マキャビティ〜♪というフレーズが回ること,お許しを・・・)
劇中で,おやえさんとおきちさんによる5月の南座ミュージアム企画の紹介がありました。笑三郎丈と春猿丈のナビゲーションは,とーっても御達者です。
みなさん俳優としての旬を感じました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

SP革命篇・滋賀県庁でロケですって

SP革命編・滋賀県庁でロケだって
国会議事堂に見えました。

Sp
監督:波多野貴文
製作:亀山千広、藤島ジュリーK.
エグゼクティブプロデューサー:石原隆、和田行、島谷能成、加太孝明
プロデューサー:関口大輔、稲葉直人、中島久美子、古郡真也
原案・脚本:金城一紀
音楽:菅野祐悟
撮影:相馬大輔
キャスト
岡田准一、香川照之、真木よう子、松尾諭、神尾佑、山本圭、堤真一
あらすじ
官房長官を狙ったテロ事件から2カ月。怪我も回復し通常業務に戻った井上ら第4係のSPたちは、麻田内閣不信任案の採決が行われる国会議事堂での警備につく。一方、野望の実現に向けて動き出した尾形は、人生の全てを賭けた計画を実行に移そうとしていた。国会内の様子がテレビで生中継されるなか、テロリストたちが一斉に行動を開始する。

岡田准一主演の人気ドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」のシリーズ完結編となる劇場版第2作。空いているはずの地元シネコンですが、人気NO1ということで、それなりに詰まってました。ドラマを見ていない者には、このような映画化はとてもありがたいです。重厚な男のドラマと、素敵な岡田さんを眺めているだけで、幸せな気分になれます。野望篇や前夜の放送も見ていませんが十分楽しめました。録画をしたのを見ることとします。
主人公は予知能力あるんでしたか。そんなことも知らなかったなんて遅れてました。
明日から天井桟敷の人々です。ここの会員にもならんとあかん。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

宝塚歌劇公式に春から夏にかけての公演情報がたくさん掲載されています。

いっぱい発表になっています。

1 雪組
 (1) 雪組ファンとしては、トップ娘役さんに、「ロミオとジュリエット」で、ジュリエットのひとりを務められた舞羽美海さんが就任という決定にほっとしました。もうおひとりのジュリエットの夢華あみさんはしばらくお休みされるようです。是非もありません。

 (2) 春の2つの雪組公演のお役が発表になっています。これも是非はなし。

 (3) 夏には、梅芸で音月桂さんの「ハウトゥサクシード」と、バウホールで彩凪 翔さんと彩風咲奈さん主演の「灼熱の彼方」というのがあります。グラディエーターの時代設定のようです。

 (4) 秋には大劇場公演が「仮面の男」と「ROYAL STRAIGHT FLUSH!!」とな…。ダルタニアンと三銃士役が気になります。

2 月組
 大劇場公演が、「アルジェの男」と「Dance Romanesque(ダンス ロマネスク)」。
3 星組
 バウホールで真風涼帆さん主演で「ランスロット」。アーサー王物語でしょう。
意欲的な新作に期待します。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年3月23日 (水)

眺めのいい部屋・渋いけれど清新、知的で情熱的なラブロマンス。若き日のぽわぽわしたヘレナ・ボナムさんが英国上流風

Photo
製作:イスマイル・マーチャント
製作・監督:ジェームズ・アイヴォリー
原作:E・M・フォースター
脚本:ルース・プラバー・ジャブバーラ
撮影:トニー・ピアース=ロバーツ
キャスト
ヘレナ・ボナム・カーター、マギー・スミス、ジュリアン・サンズ、デンホルム・エリオット、ダニエル・デイ=ルイス、ジュディ・デンチ
あらすじ
20世紀初頭のまだまだ階級や身分の違いが絶対的な英国。良家の令嬢であるルーシーは、おつきの従姉の老嬢とともに訪れた旅先のフィレンツェで、同じように旅する一人の英国青年ジョージと出会う。眺めのいい部屋を譲ってくれた情熱的な彼に、ルーシーは次第に魅せられる。しかし、2人が恋に落ちそうな危機をを察知した周囲の思惑でまもなく旅は終わる。そして、帰国したルーシーに名門の紳士セシルと婚約話が持ち上がる。

E・M・フォースター原作の同名小説をイギリスの名匠ジェームズ・アイボリー監督が映画化した恋愛ドラマ。イギリスの格調高い美術や衣裳、そして美しい映像で綴られている。 アカデミー賞では脚色・美術監督装置・衣裳デザイン賞を受賞。
アイヴォリー作品や英国映画にだだはまりになったきっかけとなった作品です。ハワーズ・エンド、モーリス、日の名残り、鳩の翼、いつか晴れた日に、エマetc.夢中で見ました。英国上流家庭が文化的に規範とするイタリアにも心ひかれる動機となっています。もちろん、ヘレナ・ボナム=カーターさんのファンにもなりました。ベートーベンのピアノソナタも好きになったし、女性が好む文化と恋が散りばめられた作品です。フィレンツエ市街地を見下ろす丘にも行きましたねえ。
ストーリーは、ガールミーツボーイのシンプルなものですが、名匠の手にかかると、ありがたさがこうも増すものかという見本です。
午前10時だけではなく、1日4回、回ってます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

北海道四季劇場で、こけら落とし公演ライオンキングまもなく開幕・福井さんは新役のムファサで先発予告登板

公式に、スタメンさんは出身地とともにほぼ掲載されてます。画像もあります。(≧▼≦)
とうとうムファサですね。おまえのなかに生きている〜♪で号泣しておられる観客さんの姿が見えるようです。
夏は暑い関西に来てくださいますよね。
北海道はライオンキングで盛り上がりますよ!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "北海道四季劇場で、こけら落とし公演ライオンキングまもなく開幕・福井さんは新役のムファサで先発予告登板"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

アイーダ先発はほぼ劇団四季オリジナルキャスト(濱田アイーダ、阿久津ラダメス、佐渡アムネリス)。日本初演の感動が蘇りました。ホルスの目メイクはパンダ目に。

アイーダ先発はほぼ四季オリジナル
\(^O^)/
あの大阪公演初日の感動が蘇りました。濱田さん、阿久津さん、佐渡さんの3人の歌唱、演技、ルックス全てより深くより艶やかになって帰ってこられました。
もうもう、全曲、全ナンバー涙がとまりませ〜ん。唯一涙が出なかったのは2幕冒頭のどうしたらいい三重唱だけです。
今日は、アイメイクをホルスの目に描いて行きましたが、終わったときには全部流れてパンダウサギの目になってました。
観客の反応も良く、素晴らしい歌唱にショーストップとなる寸前でぴたっと拍手が鳴りやみます。果てしないカテコと、絶賛のため息とともに終了しました。感謝あるのみです。
もう幕間のツイッターで、絶賛と感動が全国に発信されていることでしょう。
大阪はアイーダで盛り上がりますよ!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

続きを読む "アイーダ先発はほぼ劇団四季オリジナルキャスト(濱田アイーダ、阿久津ラダメス、佐渡アムネリス)。日本初演の感動が蘇りました。ホルスの目メイクはパンダ目に。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

堀川中立売

Photo_2
監督:柴田剛
出演:石井モタコ、山本剛史、野口雄介、清水佐絵、堀田直蔵、祷キララ、秦浩司、住田雅清
あらすじ
大妖怪・加藤 the catwalk ドーマンセーマンは、長年地球侵略を画策していた。それを察知し、密かに地球に降り立ったギャラクシー・フォースのリーダーは、京都と呼ばれる地で安倍さんと名乗り、陰陽師として人々に畏れられる存在となった。
安倍さんは加藤の「ドロップアウトを許さない 人類補完計画」を阻止すべく、社会の片隅で遁世する信介(ヒモ王子)とツトム(ホームレス男爵)の二人に白羽の矢を立てる。
遂に動き出した加藤の計画の鍵を握るのは、過去に「正義感殺人事件」と呼ばれる犯罪を犯した寺田。寺田の存在が世界の人間の“悪意"を呼び寄せ増幅してしまうことで、人々は我を失い、次々に妖怪化していってしまうのだ。そして、安倍さんが式神に仕立てあげた信介とツトムは、たった二人で妖怪化した民衆を相手に出陣する。<堀川中立売> 一見、何も起こっていないかのように見えるその地で、京都ギャラクシーウォーズがカオスにはじける!

京都で消費者金融業者を標的にした連続殺人事件が発生!この事件の影に見え隠れするのは、15年前に福岡で14歳の少年が巻き起こした“正義感殺人事件”。【加藤TV】では15年前の事件と今回の事件を徹底取材!事件の真相に迫ります!果たして15年前の事件と現代を結びつけるものとは!?

京都を舞台に、地球侵略を画策する妖怪と、その陰謀を阻止する普通の人間たちとのバトルを描く和風京都日常的背景のSFムービー。オカルトや陰陽道、人間VS妖怪というファンタジックなストーリーながら、少年犯罪、報道被害という現代の病理までモチーフにした野心作。映画芸術誌の2010年日本映画ベストテンで第2位に選出され、待望の凱旋上映!

終了後、寺田役の野口さんが、映画の拵えのまま、突然映画館に登場され、鑑賞のお礼を言っておられました。なかなかクリエイティブマインドに溢れたおにいさんです。拵えといっても眼鏡におひげフェイスにニット帽です。
京都の街中の生活感あふれます。いやー、難解でした。画面画面は笑えるのですが、主筋がわかるのがかなりあとでした。続編も製作されるそうです。京都の街中の生活感あふれます。
超満員でした。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文楽地方公演 in 京都

Photo
19日土曜日、京都府立文化芸術会館に来られた文楽座一行の公演に行ってきました。3月11日は、埼玉県越谷におられたようです。
桐竹紋壽さんは休演で、曽根崎心中のお初は吉田和生さんの代演でした。
当日券を購入しての鑑賞でしたが、思いのほか、床下のお席で拝聴することができました。国立文楽劇場よりかなりこぶりですので、よかったように思います。
さすが、京都ということで、舞妓さんとおねえさんが鑑賞しておられまして、大夫さん、三味線さんは眼福だったのではなかったでしょうか。

昼の部
 解説は紋臣さん
 「仮名手本忠臣蔵」二つ目の段、身売りの段、早野勘平腹切の段、
 「釣女」
 文楽では、与市兵衛女房には名前はありませんが、見せどころはいっぱいです。特に勘平さんがおちいってからが見せ場です。勘壽さん、大活躍でした。
眼目の釣女。醜女ちゃんの首は、普通のお福ちゃんより大きいのか、和生さんのお顔とシンクロして迫力ありました~。

夜の部
 解説は一輔さん
 「曽根崎心中」生玉社前の段、天満屋の段、天神森の段
曽根崎は何べん聴いても泣けます。咲大夫さんと燕三さんの天満屋の段は緊張感ありました。虎の尾を踏む思いがびしびし伝わります。
こちらは、きれいきれいなお初。官能と激情のお初ちゃんではなく、徳兵衛に殉じるという気迫の娘でした。 

【主な出演者】
  豊竹咲大夫、竹澤團七、鶴澤燕三、吉田玉女、吉田和生
京都でお出迎えできてよかったです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

図書館で借りた本0319

図書館で借りた本0319
□深読みシェイクスピア 松岡和子
□こころげそう 畠中恵
□狂い咲き正宗 山本兼一
□鶴屋南北の恋 領家高子
□ダ・ヴィンチの白鳥たち カレン・エセックス
□中原の虹 浅田次郎
□わが骨を動かす者へ マイケル・グルーバー
□三島由紀夫エロスの劇 松本徹
□空白の桶狭間 加藤廣
□日本近代建築大全【西日本編】
ツイッツターを控えめにして読書♪↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

渋谷コクーン歌舞伎第12弾は盟三五大切・勘三郎丈のお名前がありませんが、行こ!

歌舞伎美人に掲載されています。
渋谷・コクーン 歌舞伎第12弾
盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)
平成23年6月6日(月)〜27日(月)
出演
中村 橋之助 たぶん源五兵衛
尾上 菊之助 たぶん小万
中村 勘太郎  たぶん三五郎

2月に仁左様で拝見したばかりですので、立派すぎない3人の組み合わせがタノシミ!源五をなさる方は、大家さんもなさいますよね。小万は、ファムファタルではなく、ちょい悪ねえちゃんでお願いします。
勘三郎丈のお名が見当たりませんので心配は増します。長い長い芸の道ですから、ゆっくりご養生いただくのが一番。待ってます。
6月は遠征したいな♪↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島

Photo_2
監督:マイケル・アプテッド
製作:マーク・ジョンソン、アドリュー・アダムソンフィリップ・ステュアー
原作: C・S・ルイス
脚本:クリストファー・マルクス、スティーヴン・マクフィーリー、マイケル・ペトローニ
音楽:デヴィッド・アーノルド
キャスト
ベン・バーンズ、ゲイリー・スウィート、スキャンダー・ケインズ、ウィル・ポールター、ジョージー・ヘンリー
(声の出演)リーアム・ニーソン他

あらすじ
ペべンシー兄妹(次男エドマンドと次女ルーシー)は大嫌いな従兄のユースチスの家に預けられるが、壁に掛かった帆船ドーン・トレダー号の絵の中に吸い込まれ、再びナルニアの国へ。
兄妹は、親友のカスピアン王とネズミ戦士のリープチープと再会を果たし、ナルニアの東の果てへと再び冒険の旅に出ることになるが、行く手にはさまざまな困難が待ち受けていた。カスピアンの領国の島では、7卿と国民が行方不明になるという危難が起きていた。魔法使いやクリーチャーたちと遭遇しながら、兄妹と従兄は成長し絆を深めていく。

C・S・ルイスの児童文学を映画化したファンタジー・アドベンチャー、『ナルニア国物語』シリーズの第3章。これまで4兄妹だったのが弟と妹に加え、気の合わない従兄が加わる。王になったカスピアン、鼠の戦士、アスラン王などおなじみのキャラクターも健在。画像もどんどんパワーアップして美しい。注目は、第1作から豊かな表情で物語を引っ張るルーシーちゃんが、年頃の娘らしく多感な表情を見せてくれるところ。おたくっぽいユースチスも冒険の終わりにはすっかり一人前の戦士に成長する。やっぱりシリーズものは安心して見られてイイネ↑
カスピアンはますますイケメンになられました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「アレクサンドリア」古代ローマの文化力とレイチェル・ワイズさんの美しさに感動

映画「アレクサンドリア」古代ローマの文化力とレイチェル・ワイズさんの美しさに感動
原題: Agora 別題:・gora Alexandria Агора
監督:アレハンドロ・アメナバール
キャスト
レイチェル・ワイズ、マックス・ミンゲラ、オスカー・アイザック,アシュラ フ・バルフム
あらすじ
4世紀、ローマ帝国末期のエジプト、アレクサンドリア。宗教をめぐって市民が争いを繰り広げ、街は荒廃していた。図書館長テオンの娘で,類まれなる美貌と明晰な頭脳を兼ね備えた女性天文学者ヒュパティアは、身分に分け隔てなく多くの生徒たちを教え,尊敬と憧憬を一身に集めていた。
求婚までする武闘派の青年,穏当で政治力のある青年,奴隷でありながら密かに慕う少年。しかし、学問の殿堂アゴラは,宗教対立から勃発した暴動に押しつぶされる。ヒュパティアと3人の男たちは,キリスト教が主導権を拡大する激動の時代を,懸命に生き抜こうとするが・・・。

着々とキリスト教が社会を支配していく時代が描かれます。末期とはいえ,4世紀ローマ帝国に女性天文学者が実在し,男子学生を教えていたとは,浅学にして知らなんだ〜。
公衆の面前で愛を告白し,教授に求婚する男子学生がおられることが微笑ましく不思議ですが,レイチェル・ワイズさんは,知性と誇り,美貌と豊かな肉体,勇気と正義を全て備えた女性を見事に演じられてますので納得です。
文化と科学,人間の知力を信じることの尊さを感じさせてくれる素敵な映画です。
資料不足は想像力でカバーしておられます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塔の上のラプンツェル・これこそプリンセスものの老舗の逸品。とびきりスイート、ほんのりビター。ヒアアフターは上映中止。

Photo
キャスト・スタッフ
監督:ネイサン・グレノ、バイロン・ハワード
原作:ヤーコプ・グリム、ビルヘルム・グリム
製作:ロイ・コンリ
脚本:ダン・フォグルマン
音楽:アラン・メンケン
声:中川翔子、畠中洋、剣幸
ストーリー
盗賊フリン・ライダーは、兵士に追われ、山奥の谷にそびえ立つ高い塔に逃げ込む。塔に入ったフリンは、黄金の髪が驚くほど長い少女ラプンツェルと出会う。彼女は18年間、塔の中だけで母親と生活し、友達はカメレオンのパスカルだけだ。外の世界を知りたいとずっと考えていたラプンツェルは、フリンの案内で塔を脱出する。

この春、一番の楽しみにしていた映画がこれ!グリム童話からプロットを借用しただけで、恐ろしげなところは皆無のとびっきり楽しいメルヘン!
グリム童話の「ラプンツェル(髪長姫)」を映画化した、ウォルト・ディズニー・スタジオの長編アニメ第50作。プリンセスものの王道をゆくディズニーアニメ。愉快なキャラクター、恋と冒険と夢とミュージック、魔法、お姫様、盗賊、魔女…。既視感のある美しい場面に素直に感動。
しかし、親からの自立、運命を切り開く力の獲得、愛を知ることによって成長する心と、メッセージもしっかり織り込まれ、プリンセスものにとどまらず共感を得られる作品に仕上がっている。
プリンセスものの金字塔・美女と野獣が好きな者にはたまりません!リピ決定。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "塔の上のラプンツェル・これこそプリンセスものの老舗の逸品。とびきりスイート、ほんのりビター。ヒアアフターは上映中止。"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年3月15日 (火)

京都市からも第7次支援隊が仙台市に向けて出発

京都市からも第7次支援隊が仙台市に向けて出発
京都新聞によりますと、京丹波町、乙訓、山城も行きはりました。無事の到着を期すと共に、お役にたてますように。
給水車が輝いてみえました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

できることはあるものです。

個人的にできたことをメモっておきました。
11日(金)
阪神淡路、新潟県中越地震の際の資料の再読
最小限の安否確認
ツィッターの自粛
休暇、ホテル、列車のキャンセルと旅先の観劇チケットの放出
12日(土)
ブログ更新の自粛
その他は日常とおり
13日(日)
ブログ更新の自粛
その他は日常とおり
節電開始
14日(月)
近々の予定のキャンセル
粛々とブログ更新の再開
普通のエコライフにしました。
募金に備え節約開始
その他は日常とおり
こんなときに楽しんでは不謹慎という理由ではなく、仕事量が増えたからです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

どうぞ今夜の御無事をお祈り致します。

京都でも揺れを感じました。
情報が入ってくるに従って、被害の甚大さが次第に大きくなってまいります。まだ危難が去ったわけではありません。避難なさっておられる皆さまがご無事であることお祈りいたします。

京都市ホームページより
京都市消防局も緊急消防援助隊及び医療チームを派遣しました。
国公立大学後期受験等で,北海道・東北・信州方面に受験に行っていた京都市立高校生の24人全員の無事が確認されました。

東京都消防庁に友人がおります。この日のために、訓練を積んできたのですから、頑張っていただいているかと思います。
まずは、今夜の無事を…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

オペラ座の怪人・初日特派員報告とワタクシの2日目の印象。京都劇場は誰もが跪くファントムの王国

初日特派員報告と総合した感想です。佐渡裕さんを聴きに行きましたので、初日は特派員対応となりました。

メモ
以前に京都劇場で拝見したとき、装置がコンパクトと感じましたが、今回はそのような印象はありませんでした。
屋上にての場面で、プロセニアムアーチの中央の死の大天使のゴンドラに乗っかって♪愛を教えた〜音楽を教えた〜と歌うところは,ゴンドラに乗らないで、映画版と同じく騎馬像からの御登場です。
休養充分な高井さんの御声の圧力に震えました。魂が震えるという柔なものでなく、本当にぶるっときます。主要キャストさんがかなり入れ替わり、ロングランキャストは高井さんだけですから、その支配力、音楽性は圧倒的なものがあります。愛よりミューズ。ラブトライアングルというより、芸術と人間の戦いになります。よれよれのときより、コンプレックスや悲しみが薄まり、支配欲が勝ります。これは好みの問題です。

ラブトライアングルの一角のラウルは、今回、中井智彦さんが新キャストで先発でした。2009年入団で、前歴はTDLとか。ガタイのよい体育会系の好青年といった印象で、とびっきり美声の歌上手さんです。上手すぎて、支配人室オフィスには、ムッシュー・アンドレ、ムッシュー・フィルマン、ムッシュー・シャニュイがおられるような印象を受けました。7重唱のとき、ラウルの歌はこんなんだったかと初めて気がつきました。
痩せて子爵様としての気品と知的な印象を磨くか、筋肉質に体質改善し、若々しいパッションで勝負するか,方向性を見定めて精進していただきたいです。
ビーストもいけそうです。

高木クリスさん。ウエイトをのせられて、声量とルックスを増量中です。ダイエット厳禁で頑張って頂きたいです。歌の上達を志向し、愛の行方が見えにくいクリスになっておられますが、このモデルもありではないでしょうか。

課題が多かったのが、メグとカルロッタ。抜擢は大変おめでたいことですが、精進では克服できない声質とニンのミスマッチを感じました。
以上特派員報告。
愛のバトルなら映画版です。佐野、沼尾、飯田の日に期待?↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "オペラ座の怪人・初日特派員報告とワタクシの2日目の印象。京都劇場は誰もが跪くファントムの王国"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

池田理代子 ベルサイユのばら原画展 in 京都国際マンガミュージアム

Belbara2011_vi

これも行かないと…。
愛と革命、男性に互して活躍したい夢と社交界の女王になりたい願望等みんなまとめて叶えてくれる劇画で、一度は夢中になったはず。

フランス革命の動乱を舞台に、男装の麗人オスカルやフランス王妃マリー・アントワネットらの人生を描いたマンガ「ベルばら」こと「ベルサイユのばら」。運命に翻弄されながらも自分の意思や愛を貫いていく姿には、多くの読者が熱狂し、宝塚歌劇団の舞台化も火付けとなり、一大ブームになりました。
原画およそ300点を、2回の会期に分けて展示いたします。繊細なペンタッチ、鮮やかな色合いなど、原画ならではの臨場感をご堪能いただけます。

期間2011年3月19日(土)~5月8日(日)
 前期:3/19(土)~4/12(火) 後期:4/14(木)~5/8(日)◇午前10時~午後6時 (入館は午後5時30分まで)◇館日:毎週水曜日 (ただし、3/30、5/4は開館) 会場京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー1・2・3
トークショーは厳しいかな。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "池田理代子 ベルサイユのばら原画展 in 京都国際マンガミュージアム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

オペラ座の怪人 in 京都劇場2日目

オペラ座の怪人 in <br />
 京都劇場2日目
初日は諸般の事情で見送りましたので、直近のソワレです。新キャスト多数で楽しみです。
長い空き時間でした。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "オペラ座の怪人 in 京都劇場2日目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パウル・クレー展‐おわらないアトリエ‐京都国立近代美術館

パウル・クレー展‐おわらないアトリエ‐京都国立近代美術館
これも楽しみだ〜。京都の春に相応しい展覧会の予感がします。美術館で昼寝というのはネットカフェよりいい気分ですよ。近代美術館は向いてます。

展覧会名 パウル・クレー展― おわらないアトリエ
PAUL KLEE: Art in the Making 1883-1940
会 期 2011年3月12日(土)-- 5月15日(日)
会 場 京都国立近代美術館(京都市左京区岡崎円勝寺町)
開館時間 午前9時30分〜午後5時
(金曜日は午後8時まで開館。入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日
(ただし3月21日[月・祝]と5月2日[月]は開館、3月22日[火]は休館)
主 催 京都国立近代美術館、日本経済新聞社、京都新聞社
限りある時間、上手に使いたいね。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

今年の国立文楽劇場ノベルティは住大夫師匠サイン入り箸袋付きマイ箸

今年の国立文楽劇場ノベルティは住大夫師匠サイン入り箸袋付きマイ箸
渋い意匠で作りも丁寧。もったいなくていただけません。
カタカタ音が鳴らないので劇場に持っていけるね。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

佐渡裕・BBCフィルハーモニックwith辻井伸行・熱狂しました!

佐渡&BBC

【曲目】Aプロ
メンデルスゾーン:序曲「真夏の夜の夢」作品21
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18
ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14

【出演】
佐渡裕(指揮)
辻井伸行(ピアノ)
BBCフィルハーモニック

補助席も販売された超満員。
真夏の夜の夢は華やかに楽しく、澄み切った音♪、
渾身のラフマニノフは、大地を揺るがすような力強さで心の澱を澄ませてくれます♪。
ベルリオーズはとびっきりドラマチックで華麗♪

思いがけなく良席を割り当てていただき、急遽着飾って出かけました。素晴らしい演奏に、ほろほろ涙をこぼす人多数。辻井さんをハグする佐渡さんに割れんばかりの拍手と歓声が…。その場に居合わせることの幸運に感謝しました。

京都コンサートホールはBプロでした。
ブリテン:4つの海の間奏曲
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番
ドヴォルザーク:交響曲 第9番「新世界より」
どちらに行くかずいぶん迷いました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "佐渡裕・BBCフィルハーモニックwith辻井伸行・熱狂しました!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

親鸞聖人750回大遠忌を待つ西本願寺界わい・伊東忠太の伝道院に会えた!

西本願寺西本願寺
数年余りずっと修復工事中だった西本願寺伝道院の足場が取れていました。今年は、親鸞聖人七百五十回大御忌法要の年で、4月から来年1月まで開催されます。あの華麗な姿が見られなくなってさびしい思いをしていただけに、見たこともない鮮やかな姿が目に飛び込んできたときには、思わず歓声をあげてしまいます。
まだ内装や外回りが残っていまして、職人さんたちが急ピッチで仕事なさってます。
伊東忠太の傑作を再び目にすることができるだけでも嬉しい限りです。京町家と回教寺院はマッチングするんですね。あー、会いたかった。

西本願寺西本願寺西本願寺
まもなく開館予定の龍谷ミュージアム
「龍谷ミュージアム」は、本願寺派の「親鸞聖人750回大遠忌宗門長期振興計画」の推進事項である「文化財の保護と活用」に寄与する施設と位置付けられており、龍谷大学が所蔵する指定文化財や大谷探検隊が将来した約九千点に上る大谷コレクション、本願寺歴代宗主の蔵書約三万点、親鸞聖人真筆などの文化財や学術資料をはじめ、西本願寺が所蔵する「法宝物」を展示公開。仏教の誕生からアジアへの広がり、日本仏教の展開までを分かりやすく紹介する仏教総合博物館となる。
こちらは、工事は終わり、ソフトの方の準備中のようだ。

西本願寺
周辺の京町家も修復は急ピッチ。京町家作治組さんが頑張ったはります。
まちづくりも急ピッチのようです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "親鸞聖人750回大遠忌を待つ西本願寺界わい・伊東忠太の伝道院に会えた!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都商工会議所のロビー・このモダニズム感がたまりません。京都工芸繊維大学美術工芸資料館で開催されているモダニズム建築展行きました。

京都商工会議所のロビー・このモダニズム感がたまりません
京都商工会議所のロビー・このモダニズム感がたまりません
京都の人はモダニズムにノスタルジアを感じませんが、京町家よりこういう空間が落ち着く人もいていいように思います。うれしいことにウェイターさんが来てくださいます。
よいのではないでしょうか。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "京都商工会議所のロビー・このモダニズム感がたまりません。京都工芸繊維大学美術工芸資料館で開催されているモダニズム建築展行きました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

フレンチ・ロックミュージカル「ロミオとジュリエット」、ホリプロ版が9月赤坂ACT、10月梅芸ですって

小池先生の潤色の腕前を見せていただきたいです。キャストは3月から始まるオーディションで決定ですって。こちら

作: ジェラール・プレスギュルヴィック
潤色・演出: 小池修一郎
世界的に大ヒット中のフレンチロックミュージカル。
昨年7月に宝塚星組で初演、現在雪組により上演中。
宝塚歌劇版とホリプロ版は2足の靴。運が良ければ愛が付いてきます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "フレンチ・ロックミュージカル「ロミオとジュリエット」、ホリプロ版が9月赤坂ACT、10月梅芸ですって"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

ジュリア・往年の名画50本を連続上映「午前10時の映画祭」近くのシネコンは19時上映もありました。

Photo_2
原題:JULIA
製作:リチャード・ロス
監督:フレッド・ジンネマン
脚本:アルビン・サージェント
撮影:ダグラス・スローカム
音楽:ジェルジュ・ドルリュー
製作国:1977年アメリカ映画
キャスト
ジェーン・フォンダ、バネッサ・レッドグレイブ、ジェイソン・ロバーズ、メリル・ストリープ
あらすじ
劇作家リリアンと医師のジュリアは幼なじみ。リリアンは高名な作家ダシール・ハメットと暮らしていた。第二次世界大戦前夜、ジュリアは、ウイーンで反ナチスの運動に加わっていた。危険な活動のなか、ジュリアは重傷を負い行方知れずになる。
案じていたある日、劇作家として成功したリリアンのもとへ、ジュリアが人を介して反ナチの運動資金を届けてくれと依頼してくる。かけがえのない親友のためにリリアンは危険を覚悟で、鉄路、ベルリンに向かう。

米国の劇作家リリアン・ヘルマンの自伝映画。2人の女性の生涯にわたる友情と、作家ハメットのプライベートな生活とを交互に描いたこの作品は、戦争によって生命を奪われたジュリアへの思いとナチスドイツへの激しい怒りが描かれている。

ナチスドイツと命を賭けて戦っているジュリアに比べ、社会的成功を得て、社交界の名士としてパーティ三昧の生活を送るリリアンに感情移入しにくいが、ジュリアの要請により、列車に乗ってドイツの国境を越える辺りで、俄然、サスペンスフルになる。工作員としては最も不適切なドシロウト女が、親友のため危険な任務に身を投じる姿は、見ている方が非常に緊張する。
そして、ベルリンのパブでの短い出逢いは、もうもう涙なしではみられない。バネッサ・レッドグレイブの凛とした美しさは勇敢で高い志のジュリアそのもの。アカデミー助演女優賞に輝いておられる。片足を失ったジュリアの、1歳の娘がいるのという述懐で幸福感は絶頂に…。
任務を果たしたリリアンは無事帰国するが、これがジュリアとの永遠の別れだった。
俳優さんが皆名優で心が熱くなる。ぜひ午前10時の映画祭でご覧あれ。
1977年、若者が熱かった時代でした。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

宝塚音楽学校の卒業式・今年は34人ですって

毎年のニュースですが、今年は人数が少ないようです。
兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校で1日、第97期生の卒業式があり、歌やダンスの厳しい稽古に2年間励んだ34人がタカラジェンヌに向けて一歩を踏み出しました。
34人は1日午後、宝塚歌劇団に入団し、4月15日に開幕する星組公演「ノバ・ボサ・ノバ」「めぐり会いは再び」で初舞台を踏みます。by(共同通信)さん
入学時に40人だった生徒さんが全員そろって卒業できなかったのが残念かと察せられます。器量技能人並み優れたお子さんに周囲の期待や思惑はたいへんなものがあろうかと思いますが、あたたかく且つ一体化なさらず見守って差し上げて欲しいです。
元日に拝見して次はゴールデンウィーク。こんなもんではあかんかしらん?↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

喜び過ぎて福井さんチェック忘れてました。どこでしょう。

ビーストは今週は佐野さんです。
稽古場画像によりますと、オンディーヌのハンスは田邊さん、水界の王は味方さん。終幕を脳内上演しただけで泣けそう。
名古屋、京都、大阪と舞台がなかった2月の劇団四季。おかげで観劇以外の充実した日々でしたワ。浅利センセありがとうございました。♪↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »