« GANTZ | トップページ | 白夜行 »

2011年2月11日 (金)

死刑台のエレベーター ニュープリント版

Photo_2
監督:ルイ・マル
撮影:アンリ・ドカエ
音楽:マイルス・デイビス
キャスト
ジャンヌ・モロー、モーリス・ロネ、リノ・バンチュラ、ジョルジュ・プージュリー、ジャン=クロード・ブリアリ
あらすじ
パリの土地開発会社の重役ジュリアンは、その会社の社長夫人フロランスと不倫関係にあった。情事の果て、2人は社長を自殺に見せかけて殺す完全犯罪を計画し、実行に移すが、犯行直後、会社のエレベーターが停電で止まり、ジュリアンが閉じ込められてしまう…。

ノエル・カレフの推理小説を、製作当時25歳だったルイ・マルが監督した傑作サスペンス。何もかも一流の映画とはスタイリッシュでおしゃれ。銃撃戦よりもサスペンスフル。しかし、閉所恐怖症の人は絶対に見られないよね。
阿部さん、吉瀬さん版も丁寧になぞっていることが分かりました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

|

« GANTZ | トップページ | 白夜行 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死刑台のエレベーター ニュープリント版:

« GANTZ | トップページ | 白夜行 »