« 時計仕掛けのオレンジ ファッショナブルでえぐいよ! | トップページ | アカデミー賞授賞式までに映画のレビューやっつけよっと。 »

2011年2月13日 (日)

アンストッパブル

Photo_3
製作・監督:トニー・スコット
製作:ミミ・ロジャース、エリック・マクロード、ジュリー・ヨーン
脚本:マーク・ボンバック
撮影:ベン・セレシン
音楽:ハリー・グレッグソン・ウィリアムズ
キャスト
デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン
あらすじ
ペンシルバニアで、大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した最新式貨物列車が、操車係のミスにより無人で暴走を始めた。会社はあらゆる手を打つがことごとく裏目に。危うく退避線にのがれたベテラン機関士のフランク(ワシントン)は、初めてコンビを組むウィルとともに暴走列車を止めようと、暴走列車を機関車で追う。

実際の列車暴走事故をもとに映画化したアクション大作。暴走列車を二人の機関士が止めるという極めてシンプルな映画というのが元気と勇気の源となる。ミスをした操車係が特別に怠慢だったわけではない。ヒーローとなるベテラン機関誌は男手ひとつで手に負えない娘を育てているし、新米機関誌は、家庭裁判所から妻子に接近禁止命令が打たれている。凡ミスも英雄的行為も労働という日常の一部なんだよね。とにかく、観おわったあと、明日からの仕事頑張ろうという気にさせてくれる。
ヒヤリハットの原則を思い出そう。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

|

« 時計仕掛けのオレンジ ファッショナブルでえぐいよ! | トップページ | アカデミー賞授賞式までに映画のレビューやっつけよっと。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンストッパブル:

« 時計仕掛けのオレンジ ファッショナブルでえぐいよ! | トップページ | アカデミー賞授賞式までに映画のレビューやっつけよっと。 »