« ヒア・アフター・空いているときにもっぺん行こ。 | トップページ | 南座三月花形歌舞伎・獨道中五十三驛に、まゆまろが出はります »

2011年2月21日 (月)

太平洋の奇跡

Photo
監督:平山秀幸
原作:ドン・ジョーンズ・タッポーチョ『敵ながら天晴』大場隊の勇戦512日
音楽:加古隆
US監督:チェリン・グラック
キャスト
竹野内豊、唐沢寿明、井上真央、山田孝之、中嶋朋子、ベンガル、阿部サダヲ、ショーン・マクゴーウァン、ダニエル・ボールドウィン、トリー・ウイリアムズ
あらすじ
1944年、太平洋戦争末期、玉砕の島サイパンにアメリカ軍から“フォックス”と呼ばれ、畏れられたひとりの日本人がいた。その名は大場栄大尉。男は47人になりながらも仲間たちと共に、16カ月もの間、多くの民間人を守り抜いた。
絶望的な状況のなか、味方の日本人だけでなく敵側のアメリカ人の心をも動かした実話に基づく物語。

ディファイアンスと似た設定だが、追う側が勝者となるか敗者となるかでかなり異なった印象となる。日本映画でありながら、原作が米国の作家さんなのでどこか余裕をもって敗軍の将を称える甘さは否めないか。
久々の主演の竹野内豊さんの良いお声に聞き惚れる。指揮官は声が大切だ。
竹野内さんが冷静で、安心して見ていられます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

|

« ヒア・アフター・空いているときにもっぺん行こ。 | トップページ | 南座三月花形歌舞伎・獨道中五十三驛に、まゆまろが出はります »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太平洋の奇跡:

« ヒア・アフター・空いているときにもっぺん行こ。 | トップページ | 南座三月花形歌舞伎・獨道中五十三驛に、まゆまろが出はります »