« 琵琶湖にも春の気配 | トップページ | 相棒 劇場版II 警視庁占拠!特命係の一番長い夜 »

2011年2月26日 (土)

英国王のスピーチ・パーフェクトな作品です(追記)オスカー4冠おめでとうございます

Photo
原題:The King's Speech
監督・脚本:トム・フーバーキャスト
脚本:デビッド・サイドラー
製作:イアン・キャニング、エミール・シャーマン
撮影:ダニー・コーエン
音楽:アレクサンドラ・デスプラ
キャスト
コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、デレク・ジャコビ、マイケル・ガンボン、ティモシー・スポール、ジェニファー・イーリー
あらすじ
幼少時からきつ音に悩み、内向的だった英国王ジョージ5世の第2王子・ヨーク公アルバートは、風変わりな言語療法士のローグや妻エリザベスに支えられながらコンプレックスを克服しようと努めていた。ジョージ5世の逝去後、王位を継承した兄エドワード8世は、離婚経験のある米国女性と結婚し、王位を放棄してしまった。心ならずもジョージ6世として即位することになった彼に、ナチスドイツの進攻、第二次世界大戦への参戦という国難が待っていた。
彼は王として王の声を待つ国民の前に立つ。

アカデミー賞 12部門ノミネート!
現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマにしてハートウォーミングなヒューマンドラマ。
いやいやながら王にされたジョージ6世は、忍耐強く愛情にあふれ勇敢だったが、幼時の心の傷が元で内向的で自信の無い男だった。
一人の男の魂の再生とコンプレックスの克服の物語として、誰からも共感を呼べる作品になっている。ローグのキャラクターがとびっきり愉快で、芝居好きにはいちいち膝を打たせてくれる。エリザベス王妃が愛情深く控えめでありながら気丈で素敵。
作品全体に英国風ユーモアに溢れ、ウイットに満ち、申し分なし。あるとしたら完璧過ぎるということだけか。
少なくとも主演男優賞間違いなし!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

作品賞、監督賞、脚本賞もゲット

|

« 琵琶湖にも春の気配 | トップページ | 相棒 劇場版II 警視庁占拠!特命係の一番長い夜 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>みゆみゆさま
発声練習や体力づくりも方法論としてなかなかおもしろかったですね。家族の絆と友情に絞ったところが勝因でしょう。
あちら版傾城反魂香でしょうか。

投稿: とみ | 2011年3月10日 (木) 23時21分

こんばんは。
大感動するわけではありませんでしたが、良い作品でしたね。
ローグ役のジェフリー・ラッシュもすばらしかったです。
あちらではやはり、シェークスピアは普通に親しまれているのだろうなと思いました。

投稿: みゆみゆ | 2011年3月10日 (木) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英国王のスピーチ・パーフェクトな作品です(追記)オスカー4冠おめでとうございます:

» 英国王のスピーチ [みかん星人の幻覚]
いよいよ、日本時間で明後日、28日に発表される、アカデミー賞に、最多ノミネートさ [続きを読む]

受信: 2011年3月 4日 (金) 01時10分

» 『英国王のスピーチ』 [みゆみゆの徒然日記]
 お稽古関係のあれこれで映画等は自粛していたので(その割には出来がアレなんですが・・・)、久しぶりの映画です。実は大学時代にイギリス史を取っていましたが、恥ずかしながらそういうことを公には言いたくないくらいあまり記憶がない私(汗)ですが、テーマ的にも興...... [続きを読む]

受信: 2011年3月10日 (木) 21時24分

« 琵琶湖にも春の気配 | トップページ | 相棒 劇場版II 警視庁占拠!特命係の一番長い夜 »