« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

劇団四季「ヴェニスの商人」上演決定!平幹二朗さんが新シャイロックに!ジェシカさん、おとーちゃん泣かしたら姉ちゃんが許しません!

ラ・アルプが届いてました。
6月5日(日)~26日(日)自由劇場
開いてビッグニュースが!こちら
こんな嬉しいラ・アルプは、福井さんがトニーに抜擢されて以来でしょうか。
平幹さんが初めて劇団四季に客演なさったのは1968年の「ハムレット」。日本にこんな演劇人らしい役者さんがおられたとは…と、そのまま芝居好きの病に取りつかれ、心の父上に勝手決めしてから半世紀近くが過ぎました。
今度のジェシカ役はどなたでしょ。ワタクシなら父上を裏切って財産を持ち逃げしたり、ええかげんな男と駆け落ちはぜーったいに致しません。
早速日下版DVDを見て脳内変換妄想劇場で楽しんでいます。♪↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "劇団四季「ヴェニスの商人」上演決定!平幹二朗さんが新シャイロックに!ジェシカさん、おとーちゃん泣かしたら姉ちゃんが許しません!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

相棒 劇場版II 警視庁占拠!特命係の一番長い夜

Photo
監督:和泉聖治
脚本:輿水泰弘、戸田山雅司
音楽:池頼広
キャスト
水谷豊、及川光博、小西真奈美、小澤征悦、宇津井健、國村隼、六角精児、岸部一徳
あらすじ
警視庁本部内で、警視総監や副総監ら幹部12人を人質とした立てこもり事件が発生。犯人からの要求がないまま時間だけが過ぎていくなか、いち早く事件に気づいた杉下と神部は、鑑識の米沢らの協力を得て犯人を割り出す。何とか犯人に投降をさせようと奇策を講じる2人だったが、2発の銃声をきっかけに強行突入が始まった。

「あなたの正義を問う。」というサブタイトルが付いてます。最近の警察ドラマは警察内部や政治の腐敗をえぐる題材が主流です。事件の背景や動機に潜むヒューマンドラマの出来不出来が人気のポイントです。相棒は何と言っても10年の長寿を誇る人気番組。レギュラー陣の人物造形も深く、ゲストも豪華です。なかなかテレビを見ることのできない者にはありがたいです。大ヒットも納得の行き届いた作品でした。
もう上映2箇月♪↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

英国王のスピーチ・パーフェクトな作品です(追記)オスカー4冠おめでとうございます

Photo
原題:The King's Speech
監督・脚本:トム・フーバーキャスト
脚本:デビッド・サイドラー
製作:イアン・キャニング、エミール・シャーマン
撮影:ダニー・コーエン
音楽:アレクサンドラ・デスプラ
キャスト
コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、デレク・ジャコビ、マイケル・ガンボン、ティモシー・スポール、ジェニファー・イーリー
あらすじ
幼少時からきつ音に悩み、内向的だった英国王ジョージ5世の第2王子・ヨーク公アルバートは、風変わりな言語療法士のローグや妻エリザベスに支えられながらコンプレックスを克服しようと努めていた。ジョージ5世の逝去後、王位を継承した兄エドワード8世は、離婚経験のある米国女性と結婚し、王位を放棄してしまった。心ならずもジョージ6世として即位することになった彼に、ナチスドイツの進攻、第二次世界大戦への参戦という国難が待っていた。
彼は王として王の声を待つ国民の前に立つ。

アカデミー賞 12部門ノミネート!
現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマにしてハートウォーミングなヒューマンドラマ。
いやいやながら王にされたジョージ6世は、忍耐強く愛情にあふれ勇敢だったが、幼時の心の傷が元で内向的で自信の無い男だった。
一人の男の魂の再生とコンプレックスの克服の物語として、誰からも共感を呼べる作品になっている。ローグのキャラクターがとびっきり愉快で、芝居好きにはいちいち膝を打たせてくれる。エリザベス王妃が愛情深く控えめでありながら気丈で素敵。
作品全体に英国風ユーモアに溢れ、ウイットに満ち、申し分なし。あるとしたら完璧過ぎるということだけか。
少なくとも主演男優賞間違いなし!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "英国王のスピーチ・パーフェクトな作品です(追記)オスカー4冠おめでとうございます"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

琵琶湖にも春の気配

琵琶湖にも春の気配
比叡山には雪が残りますが、日差しはまぶしい春。ビアンカに観光客をいっぱい乗せて船出です。UV対策を考えないといけません。
花粉もかなり湖面に落ちるはず。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

今日から福井さんがビースト

タガーしながらお稽古かと思ってました。新役はないのでしょうか?
驚異的な体力の見せどころです。頑張ってください。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

今日は五大力さんの日・伏見区醍醐寺では餅上げ力奉納が行われました。仁左さまの「盟三五大切」もっぺん見たかった〜。

五大力さんとは、開山以来、毎年2月23日に醍醐寺において、国民の平和を祈る法要「五大力尊仁王会(ごだいりきそんにんのうえ)」の行事で、呼び物の一つが餅上げ力奉納です。「力」を奉納し、無病息災を授かるといいます。
経説によりますと、この大法会(だいほうえ)のご本尊「五大力尊」は、「不動明王」(中央)、「大威徳明王」(西方)、「軍荼利明王」(南方)、「降三世明王」(東方)、「金剛夜叉明王」(北方)の五大明王の総称で、この仏様を信仰すれば、無病息災、家内安全になるようご加護下さいます。
国宝・金堂前に特設された舞台で、女性90キロ、男性150キロの餅に挑み、持ち上げた時間を競います。優勝者には持ち上げた餅がもらえます。

あまり色恋と関係なさそうなパワフルな五大力さんが、なぜ恋の守護神になったかというと、江戸時代に、女性が手紙を出すとき、相手に間違いなくこの手紙が届きますようにという願いを込めて、手紙の封じ目の所に「五大力」という文字を書くというのが、一般的に行われていたようです。
これがさらに発展して、女性が愛する男性へ誓文として、櫛やかんざし、三味線など、日用品に「五大力」と書くようになりました。
芸者に袖にされた薩摩藩士がキレて5人を殺害したという実際に起き事件を元に、並木五瓶が書いた、「五大力恋緘(ごだいりきこいのふうじめ)」というお芝居が当たりしました。鶴屋南北は同じ題材で、忠臣蔵の世界を綯い交ぜ、「盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)」を書いたのです。五大力の文字を入れたのが三味線から腕の入れ黒子に大胆に変えられています。

どちらも趣向は五大力です。五大力と書くだけなら、誰に心中立てしているか分かりません。それに画数が少ないので簡単に別の文字に書きかえられてしまいます。芸者小万の間夫の三五郎が「三五大切」と書き換えたのが、五人斬りの大惨事になってしまったんですね。

お店の屋号にもありますね。お客さんへの誠心を示すのか、無病息災・家内安全なのか分かりませんがええ言葉です。
薩摩侍の五人斬りは文楽にもあります。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

今年の南座鑑賞教室釣女には亀蔵丈が出てくらはります。

松次郎さんも!
綺麗な吉弥丈が見られないのは残念ですが、りき弥さんの美女が見られます。賑やかそう\(^O^)/
今年は武闘教室でしょうか?↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

南座三月花形歌舞伎・獨道中五十三驛に、まゆまろが出はります

京都で開催される国民文化祭のキャラ・まゆまろが南座・獨道中五十三驛に出演ですって
噂になってましたが、京都新聞に掲載されるということはほんまです。
今秋、京都府内各地で開かれる「国民文化祭」のキャラ「まゆまろ」が、京都四條南座で来月かかる舞台に出はります。
出番は、序幕・南座芝居前の場。舞妓さんの拵えの役者さんたちと一緒に、国民文化祭のPRをするとか。
今年1月、市川右近丈らが京都府庁を表敬訪問しはった際、知事さんに「まゆまろを出して」と頼まれはったことから決まったようです。
2008年、人気全国区のひこにゃんでも、彦根藩主井伊家ゆかりの「大老」を上演していた国立劇場に応援に行きましたが、舞台出演は果たせていないです。
3月はこれがありました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "南座三月花形歌舞伎・獨道中五十三驛に、まゆまろが出はります"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

太平洋の奇跡

Photo
監督:平山秀幸
原作:ドン・ジョーンズ・タッポーチョ『敵ながら天晴』大場隊の勇戦512日
音楽:加古隆
US監督:チェリン・グラック
キャスト
竹野内豊、唐沢寿明、井上真央、山田孝之、中嶋朋子、ベンガル、阿部サダヲ、ショーン・マクゴーウァン、ダニエル・ボールドウィン、トリー・ウイリアムズ
あらすじ
1944年、太平洋戦争末期、玉砕の島サイパンにアメリカ軍から“フォックス”と呼ばれ、畏れられたひとりの日本人がいた。その名は大場栄大尉。男は47人になりながらも仲間たちと共に、16カ月もの間、多くの民間人を守り抜いた。
絶望的な状況のなか、味方の日本人だけでなく敵側のアメリカ人の心をも動かした実話に基づく物語。

ディファイアンスと似た設定だが、追う側が勝者となるか敗者となるかでかなり異なった印象となる。日本映画でありながら、原作が米国の作家さんなのでどこか余裕をもって敗軍の将を称える甘さは否めないか。
久々の主演の竹野内豊さんの良いお声に聞き惚れる。指揮官は声が大切だ。
竹野内さんが冷静で、安心して見ていられます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

ヒア・アフター・空いているときにもっぺん行こ。

Photo
監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:ピーター・モーガン
撮影:トム・スターン
キャスト
マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、ブライス・ダラス・ハワード、ジョージ・マクラレン、フランキー・マクラレン
あらすじ
サンフランシスコで平凡な工場労働者として働く霊能力者ジョージ(マット・ディモン)は、リストラに遭いそうになっている。霊能力者としての才能を活かしてビジネスを行えば収入は得られるが、封印する決意をする。
南の島で津波と遭遇し九死に一生を得たパリの政治キャスターのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、臨死体験で垣間見た光景が忘れられず、死後の世界の探求にのめりこみ、仕事はドスランプとなり、恋人とも上手くゆかない。
ロンドンの母子家庭の少年マーカス(ジョージ・マクラレン)は突然双子の兄(フランキー・マクラレン)を亡くし、薬中の母とも引き離され、兄と再会したいという思いで町を彷徨っていた。
死後の世界とのコンタクトにこだわる3人は、偶然、ロンドンの街で邂逅する。

死と生をめぐるヒューマン・ドラマ。死を身近で体験した3人の登場人物が悩み苦しみ、生と向き合う姿を描く。超常現象やスペクタクルシーンを抑えに抑えた趣味の良さ、ヒア・アフターは何なんだという謎との距離感に痺れる。
霊能力ゆえ普通の幸福を得られない男、死生観と価値観を見失い混迷する女、いつもそばにいた分身のような兄の喪失感に苦しむ少年。死は日常生活と隣り合わせにあるため、丁寧に日常を追う映像が素晴らしい。ところどころに散りばめられた監督のウイットや人生讃歌に唸りながら物語の大団円のロンドンの街へ。
このキター感、たまりません。どないなるんや、どないなるんやと思っているうちに号泣させられてしまう。チェンジリングでもそうだったが、苦悩の中にある主人公たちが、日常のちょっとしたハッピーに喜び、薄紙を剥ぐように、根雪が解けるように心が暖かくなるシーンは、イーストウッド監督の真骨頂。
キタ━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━!!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

立版古が歌舞伎座インターネットショップかおみせで発売

Photo_2
こういうものには目が無いが、同志はたくさんおられるようなので発売になった。(v^ー゜)ヤッタネ!!
詳細はこちら
よみがえる古のペーパークラフト「組上燈籠」のご紹介
今回復刻されたのは、「祇園祭礼信仰記 金閣寺の場」
本物の金閣寺というより装置らしいのがキモ!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最後の忠臣蔵

Photo

監督:杉田成道
原作:池宮彰一郎
脚本:田中陽造
撮影:長沼六男
音楽:加古隆
美術:原田哲男
編集:長田千鶴子
キャスト
役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、安田成美、笈田ヨシ、山本耕史、伊武雅刀、風吹ジュン、田中邦衛、片岡仁左衛門
あらすじ
赤穂浪士の吉良邸討ち入りで、大石内蔵助率いる46名が切腹により主君に殉じたなか、大石から、赤穂事件の真実を伝え、残された家族たちを訪ねるよう密命を受けた寺坂吉右衛門は、十六年かけてその任務の全てを終えようとしていた。実は、討ち入り前夜にもう一つの密命を受けて一党から逐電した男がいた。その男は寺坂の親友の瀬尾孫左衛門。瀬尾は武士の身分を捨て名を変え、京都で古物商として一人の娘を育てていた。
偶然邂逅した二人だったが瀬尾は決して真相を語らなかった。
美しく成長した娘は、豪商茶屋四郎次郎の跡取りに見初められ嫁ぐこととなる。瀬尾の密命も終わりが近づいていた。

喝采を受け武士の鑑と讃えられる義士に名を連ねることなく、主命を果たすために死よりもつらい生を送る二人。主演の役所さんのストイックで静謐な演技というか、意固地で頑なな初老の男に思いっきりリアリティがありました。
京都の四季を背景に日本の美を表す映像が美しく、京言葉も流麗で完璧。主要人物の人間関係を象徴するかのように挿入される人形浄瑠璃の曽根崎心中の場面もほんまもんなので快く酔えます。
クライマックスは、娘の花嫁行列の連続映像で、はじめはピアニシモからクレッシェンドになるため、涙が決壊したまま止まらなくなります。

肝心の仁左さまの大石。短い登場時間ながら、このお方のために生きなければという輝きに満ちておられました。
昨年の時代劇ラッシュのなかで、特に評判良かったようですね!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年2月18日 (金)

極め付けはこれかな「フェルメールからのラブレター展」京都市美実館

Photo

コミュニケーション:17世紀オランダ絵画から読み解く人々のメッセージ
「フェルメールからのラブレター展」
会期:2011年6月25日(土)~10月16日(日)
会場:京都市美術館
公式サイト:http://vermeer-message.com/

人気の名作が3点
「手紙を読む青衣の女」(アムステルダム国立美術館)
「手紙を書く女」(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)
「手紙を書く女と召使」(アイルランド・ナショナル・ギャラリー)
会期は長いけど激混みが予想されます。早めがよいかも。!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラ・フォル・ジュルネびわ湖「熱狂の日」音楽祭2011の日程が発表になってました。今年はベートーベン!

ラ・フォル・ジュルネびわ湖「熱狂の日」音楽祭2011の日程が発表になってました。今年はベートーベン!

ラ・フォル・ジュルネ びわ湖 「熱狂の日」音楽祭2011の日程は,4月29日(金・祝)・30日(土)!
今年はベートーベンです。プログラムは検討中とか。
チケット発売日は以下のとおり決定!!
一般発売日:4月2日(土)
びわ湖ホール友の会優先発売日:3月24日(木)
大曲も小品も聞きたい!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よいこの君主論・はじめてのマキャベリズム

よいこの君主論・はじめてのマキャベリズムよいこの君主論・はじめてのマキャベリズム
「もしドラ」が流行っているので,ついでに,これ読んでみました。塩野七生さんの「わが友マキャヴェッリ」,「マキャヴェッリ語録」にだだはまりになった体験を持つ者には,抱腹絶倒請け合い。

著者:架神恭介+辰巳一世
ちくま文庫: 301ページ
出版社: 筑摩書房
発売日: 2009/5/11

マキャベリの名著『君主論』を武器に5年3組のクラス制覇へと乗り出したひろしくん。だが、彼の前に権力への野望を持つ小君主たちが立ち塞がる。『君主論』はひろしくんを覇王へと導くことができるのか?
小学生の権力闘争を舞台に楽しく学べる戦略論の古典的名著『君主論』。クラスを牛耳りたいよい子も、お子様に帝王学を学ばせたい保護者の方も、国家統一の野望を持つあなたにも最適のマニュアル。
小学生はたいへんだね。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは行こ。もうひとつの京都−モダニズム建築から見えてくるもの−・京都工芸繊維大学美術工芸館

これは行こ。もうひとつの京都−モダニズム建築から見えてくるもの−・京都工芸繊維大学美術工芸館
展覧会もさることながら,価値が評価された近代建築は保存されるでしょうから,今,評価が流動的なモダニズム建築そのものを見に走らなくては・・・。

会場 京都工芸繊維大学美術工芸館
   京都市左京区松ヶ崎橋上町
会期 2011.02.07 - 2011.05.08
開館 午前10時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
   休館日 日曜日・祝日

もうひとつの京都−モダニズム建築から見えてくるもの−

本展覧会は、1920年代から1970年代に建てられた、京都におけるモダニズム建築の軌跡をたどることを通して、モダニズム建築の価値とその持つ意味を顕在化させ、あわせて、長い木造文化の伝統をもつ京都という地域特性との関係性についても再考しようとする試みです。
ここでいうモダニズム建築とは、工業化を前提に、合理主義と社会改革的な思想を背景にして、装飾を排する抽象的な形態と、外観だけではなく空間構成を重視したデザインを志向した近代建築のことを指しています。
これまであまり意識されてこなかった視点で、1920年代から1970年代までのモダニズム建築を概観し,それら全体が未来へ向けた貴重な文化遺産であることを確認する機会としたいと思います。
コンサートホールとセットで行こ。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これも行きたい。ラファエル前派からウィリアム・モリスへ・JR京都伊勢丹美術館えき

これも行きたい。ラファエル前派からウィリアム・モリスへ・JR京都伊勢丹美術館えき
これも行きたい。あと1週間後。いつでも行けると思って油断は禁物。会期が短い。

◆2月25日(金)〜3月27日(日)[会期中無休]
◆開館時間:午前10時-午後8時(最終日は午後5時閉館)
 入館締切:各日閉館30分前<最終日:午後5時閉館>
◆主 催:京都新聞社
◆企画協力:株式会社ブレーントラスト
◆後援:ブリティッシュ・カウンシル

19世紀半ばのイギリス。思想家ラスキンが唱えるアーツ回帰の理念に,ハント、ロセッティ、ミレイらを中心とする青年画家たちが共鳴し、1848年<ラファエル前派同盟>を結成しました。彼らは当時、美術アカデミーが理想としていた巨匠ラファエロより以前の、初期イタリア・ルネサンスやフランドル絵画の自由な表現力に新たな未来を切り開こうと探求しました。
彼らの周辺には、モリス、ジョーンズら、多才な人物が集い、のちにアーツ・アンド・クラフツ運動へとつながっていきます。
本展では、ウィリアム・モリス・ギャラリーほか、イギリス各地の美術館、コレクターの所蔵品約100点を展示し、ラファエル前派からウィリアム・モリスへの潮流を展観します。
ミュージアムグッズは我慢。できるかな?↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

大人はかく戦えり・普段は大人気ないと言われたくないんだよね。

Photo
戯曲:ヤスミナ・レザ
翻訳:徐賀世子
演出:マギー
キャスト
大竹しのぶ/ヴェロニク(加害少年の母)
段田安則/ミシェル(加害少年の父)
秋山菜津子/アネット(被害少年の母)
高橋克実/アラン(被害少年の父)

あらすじ
息子同士の喧嘩で片方がケガを負ったことから、被害者ウリエ家の応接間にそれぞれの両親が集まった。話し合いは、礼儀正しく、節度ある大人のマナーで始まったが、猛烈な勢いで本題から逸脱してしまう。
しかも、それぞれの夫婦の溝が白日の下にさらされ、話題は夫婦間の問題に止まらず、日頃のうらみつらみ、言いたいこと、うっぷんが噴出し、敵味方が離合集散、争点も敵も分からない壮絶な修羅場となる。

このポスターのとおりの装置と衣装でも文句言わへんと乗り込んだが、ワインカラーを基調としたおしゃれなリビングの装置に感激!

モンペにあらず。大人は感情を露わにしてはならない、利害よりも是非に基づき行動したいというくびきがあるうちは、結局何も話が進展しない。しかし、それぞれがぶち切れるといきなり無差別の大バトルに…。
きっかけは、無神経な携帯電話というのもいまどきの大人のうっぷんを象徴していてうれしい。最初はセーブ気味の大竹さん、秋山さんがいつキレるか、どう暴れられるか楽しみにしていたが、期待どおり想像をはるかに超えて、えらいことになった。

対するハズバンド陣もいい味だ。おぢさんは、意味なくキレ遅れる。こういうときは先にキレたもん勝ちだ。
些細でも的外れでも「自分の正義」は「世界の正義」。そんな個々の正義の激突は果てしない勝者なき戦いとなる。
愚かしさに笑い転げながらも身につまされ、肩入れしてしまう。観た後、思いっ切り晴れ晴れとした舞台だった。
ファイティングスピリットに火がついてどこかで大暴れしたくなった~。
大暴れしたら、元より大人度アップするに違いないと思うんだけど~。
大竹さんと秋山さんが大暴れしてくださいましたので暴れないで済みます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春を待つMIHO MUSEUM・グラミー賞と春季特別展「長沢芦雪奇は新なり」

春を待つMIHO MUSEUM<br />
 ・グラミー賞と春季特別展「長沢芦雪奇は新なり」
春を待つ滋賀県信楽にうれしいニュースです。
長沢芦雪の特別展は楽しみです。今は路面凍結で閉館中ですから,よけいに春が待ち遠しいです。先週が芦雪、昨日は雪村でした。水墨画って大胆不敵で好戦的だわ!

MIHO MUSEUM
2011年春季特別展「長沢芦雪 奇は新なり」
3月12日(土)〜6月5日(日)

■休館期間 2010年12月13日(月)〜2011年3月11日(金)
路面凍結のため冬期休館させていただきます。

■祝 MIHO Journey to the Mountain /グラミー賞・ニューエイジ音楽部門・最優秀賞受賞
アメリカのサックス奏者Paul Winterを中心とする Paul Winter Consortが、MIHO MUSEUMと信楽の山々をテーマに美術館で録音・制作したCDが、グラミー賞を受賞しました。
詳しくはこちら
湖国はこれからよ!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

読売ONLINEに宝塚大劇場の年間入場者数が阪神淡路大震災以来100万人を切りそうとありました

かしまし娘さまに教えていただきました。100年も続いていたら、ええ時もあれば苦しい時もあるわ、不況やし今は我慢のときという次元ではない深刻な事態のようです。
偉い経営陣さんが分析しておられますから、小難しい社会経済や人口動態、エンタメの時流的な考察は一切抜きでつぶやかせていただきます。
一観客としてワタクシが劇場に出向く回数は、だだはまり演目の有無で決ります。何にはまるかって。そりゃ、命懸けた恋ですよ。ロミジュリとか、阿古屋とか、桂川連理柵とか、ウェストサイド物語とか、春のめざめがそうです。美男美女ならなおよろしいですが、凡夫凡婦でも文句言わしません。愛が世界を変えたらええんです。ということで、一途な愛の世界を見せてくださいませ。
年2回の観客を切り捨てたらあきません。年2回を3回にする人が増えたら効いてきます。
物語又は主演カップル、どちらかに愛が見えたらええんです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "読売ONLINEに宝塚大劇場の年間入場者数が阪神淡路大震災以来100万人を切りそうとありました"

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2011年2月13日 (日)

アカデミー賞授賞式までに映画のレビューやっつけよっと。

実は、映画は完全見っぱになっていました。最後に映画のメモを書いたのは、11月20日のレオニーだから、どんだけサボっていたんやと自己突っ込みを入れたところ。今は年末からのお正月映画の人気作が終了し、春休み映画までの間の大人向け映画のリリース時期なので、気になる作品がいっぱいだわ。一番の楽しみは塔の上のラプンツェル。
実は、アリス・イン・ワンダーランドよりプリンセスと魔法のキスの方が好きだぁ!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンストッパブル

Photo_3
製作・監督:トニー・スコット
製作:ミミ・ロジャース、エリック・マクロード、ジュリー・ヨーン
脚本:マーク・ボンバック
撮影:ベン・セレシン
音楽:ハリー・グレッグソン・ウィリアムズ
キャスト
デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン
あらすじ
ペンシルバニアで、大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した最新式貨物列車が、操車係のミスにより無人で暴走を始めた。会社はあらゆる手を打つがことごとく裏目に。危うく退避線にのがれたベテラン機関士のフランク(ワシントン)は、初めてコンビを組むウィルとともに暴走列車を止めようと、暴走列車を機関車で追う。

実際の列車暴走事故をもとに映画化したアクション大作。暴走列車を二人の機関士が止めるという極めてシンプルな映画というのが元気と勇気の源となる。ミスをした操車係が特別に怠慢だったわけではない。ヒーローとなるベテラン機関誌は男手ひとつで手に負えない娘を育てているし、新米機関誌は、家庭裁判所から妻子に接近禁止命令が打たれている。凡ミスも英雄的行為も労働という日常の一部なんだよね。とにかく、観おわったあと、明日からの仕事頑張ろうという気にさせてくれる。
ヒヤリハットの原則を思い出そう。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時計仕掛けのオレンジ ファッショナブルでえぐいよ!

Photo_2
原作・脚本 アンソニー・バージェス A Clockwork Orange
上演台本・演出 河原雅彦
音楽監督 内橋和久
出演
小栗旬/アレックス
橋本さとし/医師ブロドスキー、ドリン、ブリー他
武田真治/作家アレキサンダー、囚人、ジョー、リック他
高良健吾/ジョージ、囚人他
山内圭哉/デルトイド、囚人他
ムロツヨシ/ディム、監守、担当医
矢崎広/ピート、囚人
桜木健一/所長、父他
石川禅/牧師他
キムラ緑子/老婆、ブラノム、母他
吉田鋼太郎/老いた男、内務大臣他
ほか
あらすじ
1962年当時想定されていた近未来のロンドンの町。アレックス(15歳)をリーダーとするジョージ、ディム、ピートから成る4人の不良少年グループは、ホームレスの老人の襲撃、別のグループとの抗争など、無法の限りを尽くしていた。彼らは仲間だけに通じるナッドサット語を使う。
アレックスらは、作家アレクサンダーの家に押し入り、夫妻に暴行の限りを尽くし、麻薬入りミルクを提供するコロヴァ・ミルク・バーでベートーベンを聴いてハイになる。その勢いで一人暮らしの老婆宅に侵入し老婆を撲殺する。
しかし、仲間にもやりたい放題をしていたため、仲間に警察に通報され、あっさり捕まり懲役14年の実刑となる。
当時、英国政府は、増え続ける犯罪者を撲滅しようという計画を持っており、人体実験の被験者になれば釈放されるという話を模範囚のアレックスに持ちかける。釈放されるなら何でもすると、その話にのるアレックス…。

実験は成功する。暴力やセックスの衝動を覚えると激しい苦痛を感じ、おとなしくなったアレックスは家に帰るが、両親には見放され、ホームレスにも報復され、警官となっていたかつての仲間にもぼこぼこにされる。助けてくれたのは、偶然にも作家のアレクサンダーだった。

舞台版日本初上演!

小栗さんの熱演に尽きます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "時計仕掛けのオレンジ ファッショナブルでえぐいよ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーレスク

Photo
監督:スティーヴン・アンティン
キャスト
クリスティーナ・アギレラ、シェール、クリスティン・ベル、スタンリー・トゥッチ 他
あらすじ
アリ(クリスティーナ・アギレラ)は、アイオワから歌手になることを夢見てロサンゼルスにやってきた。クラブ・バーレスクで、ショーガールたちのセクシーなダンスに魅せられ、ウエイトレスとして働くことにする。オーナーのテス(シェール)に認められ、たぐいまれな歌唱力と傑出したダンスの才能を花開かせていくアリは人気者となる。しかし、バーレスクは経営難で買収の危機に…。

世界的な歌手クリスティーナ・アギレラが歌手を夢見るヒロインを演じる。圧倒的な歌唱で説得力のあるサクセス・ストーリーとなっている。勿論シェールも深みのある歌声で応戦。年に一度はこんな音楽劇を見たい。ナインからもう1年なんだ。
元気が出ること間違いなし♪↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

白夜行

Photo_2
監督・脚本:深川栄洋
原作:東野圭吾
脚本:入江信吾 / 山本あかり
音楽:平井真美子 キャスト
堀北真希、高良健吾、船越英一郎、姜暢雄、緑友利恵、粟田麗、今井悠貴、福本史織、中村久美、田中哲司、戸田恵子他
あらすじ
昭和55年、質屋の店主の刺殺事件が起き、愛人の女が容疑者となるが、女はガス漏れ事故で死亡した。被疑者死亡のまま解決となったが、担当刑事笹垣(船越英一郎)は、何か腑に落ちないものを感じていた。
数年後、遠縁の女性の養女となっていた容疑者の娘雪穂(堀北真希)は、美貌と才覚で成功への道を歩んでいた。一方、被害者の息子亮司(高良健吾)は家出し、荒んだ暮らしを送っていた。

ある殺人事件にかかわった人々の複雑な人間関係を、容疑者の娘を軸に描くヒューマンドラマ。ヒロインは、容疑者の娘という過去を断ち切り健気に気高く生きる外面と裏腹に、心は明けない白夜を彷徨う。堀北さんは悪をイノセントに演じることのできる希有な役者さんです。高良健吾さんは、心に傷を持つ若者という分かりやすい設定ながら、凄味のある容姿で好演でした。
犯人や謎は早めに解けてしまうが、超人気の東野圭吾さんらしい凝りに凝った伏線がエンタテイメントとして堪能できました。
ナマ高良健吾さんを今日、時計仕掛けのオレンジで見るんだっと♪↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

死刑台のエレベーター ニュープリント版

Photo_2
監督:ルイ・マル
撮影:アンリ・ドカエ
音楽:マイルス・デイビス
キャスト
ジャンヌ・モロー、モーリス・ロネ、リノ・バンチュラ、ジョルジュ・プージュリー、ジャン=クロード・ブリアリ
あらすじ
パリの土地開発会社の重役ジュリアンは、その会社の社長夫人フロランスと不倫関係にあった。情事の果て、2人は社長を自殺に見せかけて殺す完全犯罪を計画し、実行に移すが、犯行直後、会社のエレベーターが停電で止まり、ジュリアンが閉じ込められてしまう…。

ノエル・カレフの推理小説を、製作当時25歳だったルイ・マルが監督した傑作サスペンス。何もかも一流の映画とはスタイリッシュでおしゃれ。銃撃戦よりもサスペンスフル。しかし、閉所恐怖症の人は絶対に見られないよね。
阿部さん、吉瀬さん版も丁寧になぞっていることが分かりました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GANTZ

Gantz
監督:佐藤信介
原作:奥浩哉
脚本:渡辺雄介
キャスト
二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、白石隼也、伊藤歩、田口トモロヲ、山田孝之他
あらすじ
普通の大学生の玄野(二宮和也)と、彼の幼なじみで弟と二人で生きる加藤(松山ケンイチ)は、電車にひかれて命を落としてしまう。しかし、気がつくと一室に死んだ人たちが集められ、黒い謎の球体“GANTZ”が、“星人”と呼ばれる異形の敵との過酷な戦いを強いる。加藤は異星人とはいえ殺戮をためらうが、玄野は戦いを終わらせるための戦いに身を投じる決意をする。

奥浩哉の人気コミックの映画化。いまどきの若者好みのバーチャルな世界での対戦ながら、主人公たちの生い立ちや死にざまがしっかり位置づけられ、生と死がテーマの深遠なドラマになっている。松山ケンイチさんのお役がかっこよすぎて二宮さん分が悪いけど、演技力は互角。東博は先日行ったばかりだから親近感ありました。
それにつけても、漫画が苦手なワタクシにとって漫画の映画化は貴重な情報源だ。漫画が苦手な理由を改めて考え込んでしまった。
劇画は終わらないのが苦手です。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソーシャル・ネットワーク

Photo
監督:デヴィッド・フィンチャー
原作:ベン・メズリック
脚本:アーロン・ソーキン
撮影:ジェフ・クローネンウェス
音楽:トレント・レズナー
キャスト
ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク他
あらすじ
2003年、ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、学内で友人を増やすためのサイトを親友のエドゥアルド・サヴェリン(アンドリュー・ガーフィールド)と共に立ち上げる。サイトは瞬く間に学生たちの間に広がり、ナップスター創設者ショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)との出会いを経て、社会現象を巻き起こすほど巨大に成長していくが…。

世界最大のSNS「Facebook」誕生の裏側を描いた伝記ドラマ。ハーバード大学在学中にFacebookを立ち上げた主人公たちが、一躍有名人となり巨万の富を築くものの、金や女、裏切りの渦に巻き込まれていくさまを映し出す。
ネットワークやメディアの在り方を考えさせてくれる刺激的でスリリングな映画であるが、基本は青春の夢と野望、裏切りを映し出す。モニターの向こうに居るのは人間だわ。
メディアは供給するコンテンツを変貌させます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

RED

Red
監督:ロベルト・シュヴェンケ
原作:ウォーレン・エリス / カリー・ハムナー
キャスト
ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレン、メアリー=ルイーズ・パーカー
あらすじ
CIAの腕利き工作員、フランク(ブルース・ウィリス)は、年金事務官のサラと電話で話すのが楽しみの老後を送っていたが、ある日突然何者かの襲撃を受ける。調査の結果、背後にCIAが絡んでいることを割り出した彼はかつての仲間たちを招集。介護施設で暮らす元上司のジョー(モーガン・フリーマン)やマーヴィン(ジョン・マルコヴィッチ)、元MI6のヴィクトリア(ヘレン・ミレン)ら引退した超一流のスパイたちが続々と集まる。

肩の凝らないスパイ・アクション・コメディ。猛者のじいさまとばあさまが現役を相手に胸のすく活躍を見せる。名優は名優。全体のストーリーというより細々した笑いのポイントがそこかしこに満載。
スパイ映画や軍事サスペンスたちで育った我々としては、コメディになってしまうのがチト悲しいかな。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年2月 9日 (水)

ツィッターで盛り上がったあとですから控えめに、中村屋さん、頑張ってくださいませ。

ご病気は、充分な安静が必要な難聴のひとつとありました。ご家族の皆様のご心配は、いかばかりのことでしょう。最もお辛いのはご本人様ですが、一門の皆様をご信頼して、気長に養生なさっていただきたいと思わずにはいられません。
博多座で座頭を務められる橋之助丈、大きな代役を務められる勘太郎丈をはじめ、一門の皆様の結束と奮闘をお祈りします。
ご事情もありましょうがご健康が最優先です。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

双蝶々曲輪日記と彦山権現誓剱では、主人公は訳あってわざと負けたげはりました。

義太夫になるくらいですから、あってはならないことという原則の共通認識があるんですね。あんまり考えなしに見て、感想書いてました。
たとえ私的なブログといえども、刹那的な呟きではなく、考えてもの言わないといけないと思うこの頃です。
現実世界の八百長はあかんに決まってます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

図書館で借りた本0206

図書館で借りた本
□井上ひさしコレクション ことばの巻
□ギリシャ劇大全 山形治江
□鶴屋南北 諏訪春雄
□花宵道中 宮本あや子
□ジャンヌ・ダルク 中島かずき
□歌舞伎の中の日本 松井今朝子
□シェイクスピアの恋愛学 小田島雄志
□イギリス文学探訪 小池滋
□愛憎の王冠・上 フィリッパ・グレゴリー
□探偵レオナルド・ダ・ヴィンチ
返却、遅れないように致します。♪↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

大阪松竹座二月大歌舞伎!仁左さま昼夜の仇討ち

大阪松竹座二月大歌舞伎!仁左さま昼夜の仇討ち
ええわあ!ストイックにしてエロチック。端正にして退廃的。お茶目でニヒル。
座組も豪華やこと。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "大阪松竹座二月大歌舞伎!仁左さま昼夜の仇討ち"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

今日は千本ゑんま堂に行きたかったんだけど出遅れたんで、祇園でお化けウォッチング

今日は千本ゑんま堂に行きたかったんだけど出遅れて祇園でお化けウォッチング
今日は千本ゑんま堂に行きたかったんだけど出遅れて祇園でお化けウォッチング

狛犬は見た。
今年の一力前では、石川五右衛門、外郎売り、所家、手古舞い(名月八幡祭の美代吉みたいな)、黄八丈(髪結新三のお熊みたいな)が、見られました。問われるままに、周りの方にお衣裳の解説をしてしまいました。違うてたら堪忍え。
町を歩くおぢさん達のなかには、楊貴妃、マリーアントワネット、オペラ座の怪人も…。皆さんの愉しみを、只で楽しませてもろてよかったんやろか。
普通の舞妓はんもいたはりました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "今日は千本ゑんま堂に行きたかったんだけど出遅れたんで、祇園でお化けウォッチング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

節分前夜の吉田神社とか、聖護院とか、須賀神社とか

節分前夜の吉田神社とか、聖護院とか
節分前夜の吉田神社とか、聖護院とか
明日が本番ですが今夜も大変な人出です。京大生さんはそれどころと違うとおもいますが、留学生らしい他国の若い方、地元の家族連れや友達グループでにぎわってました。
今夜はどこもお祭りやしぃ。信じられへんけど、温いんよね。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "節分前夜の吉田神社とか、聖護院とか、須賀神社とか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

今週から福井さんがマンカス

Photo_3

お帰りなさい!
本当はマンカスで、福井晶一と他のお役を演じておられるような気がします。
ジェリクル今夜は武闘会♪↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »