« 坂東玉三郎特別公演 in ル・テアトル銀座 至芸と初役、雅と粋、京と江戸、義太夫狂言と長唄舞踊、玉三郎丈の全てがここにあり | トップページ | 東博にも初詣 »

2011年1月16日 (日)

十二夜 in シアターコクーン・天性の気品と麗質がヴァイオラ役者の条件だ!

作 W.シェイクスピア
翻訳 松岡和子
潤色・演出・美術・衣裳 串田和美
音楽 つのだたかし
出演
シザーリオ実はヴァイオラ、セヴァスチャン/松たか子、オーシーノ公爵石丸幹二、オリビア/りょう、マライア/荻野目慶子、サー・トービー/大森博史、船長、アントーニオ/真那胡敬二、役人/小西康久、ヴァレンタイン/酒向芳、フェイビアン/内田紳一郎、キューリオ/片岡正二郎、ジャグリング/目黒陽介、アコーディオン/小春、リュート、司祭/つのだたかし、パーカッション、リコーダー/飯塚直子、サー・アンドルー/片岡亀蔵、マルヴォーリオ/串田和美、フェステ笹野高史

15日ソワレを拝見。コクーンらしく串田さんらしい音楽劇です。双子の兄妹が同時に舞台上に存在しなければならない場面は、主演の松さんの演技力で非常に感動的なものに仕上がっていました。
松さんの健気でピュアで一途なこと。ただ、愛の方向性は恋焦がれているオーシーノ公爵ではなく、別れ別れになった双子の兄セバスチャンに向いています。串田さんの潤色による兄を思うシーンに大泣きさせていただきました。
笹野さん、石丸さん、松さんの歌あります。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

|

« 坂東玉三郎特別公演 in ル・テアトル銀座 至芸と初役、雅と粋、京と江戸、義太夫狂言と長唄舞踊、玉三郎丈の全てがここにあり | トップページ | 東博にも初詣 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

>ハヌルさま
しばしお待ちを…。よかったですよ~。満点とは申しませんが、松さんの魅力で全て解決でした。

投稿: とみ | 2011年1月17日 (月) 23時40分

たか子ちゃんのセバスチャンはキュートでしたか?
石丸さんはどうでした?
笹野さんも歌われるんですね♪
あ~、観に行きたかった~!!

投稿: ハヌル | 2011年1月17日 (月) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/50596653

この記事へのトラックバック一覧です: 十二夜 in シアターコクーン・天性の気品と麗質がヴァイオラ役者の条件だ!:

» 『十二夜』 [【徒然なるままに・・・】]
嵐に遭って船が難破し、双子の兄セバスチャンと離れ離れになったヴァイオラ。九死に一生を得た彼女は兄は死んだものと思い、身を守るために男装してシザーリオと名乗りオーシーノ公爵に小姓として仕えることになるのだが、密かに公爵に想いを寄せるようになる。 そのオーシーノ公爵は、伯爵家の令嬢オリヴィアに夢中。しかしオリヴィアは、亡き兄の喪に服したいとの理由で公爵の求婚を断り続けていた。 そこで公爵は一計を案じ、シザーリオをオリヴィアの許へ遣り、自分の想いを伝えてくれるように命じる。複雑な気持ちで、オリヴィアへ... [続きを読む]

受信: 2011年1月16日 (日) 13時00分

« 坂東玉三郎特別公演 in ル・テアトル銀座 至芸と初役、雅と粋、京と江戸、義太夫狂言と長唄舞踊、玉三郎丈の全てがここにあり | トップページ | 東博にも初詣 »