« 事始めは今日でしたやろか | トップページ | 岩永は猿弥さん »

2010年12月15日 (水)

京都は毎日が何かの祭

京都は毎日どこかで祭が開催されてます。14日は山科技士(訂正→義士)祭です。
こんな日は九段目が見たい。今の七段目ベストキャストは九段目もベストです。
大石神社の宮司さんはいろいろお話してくださいます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

|

« 事始めは今日でしたやろか | トップページ | 岩永は猿弥さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>しろくまさま
まち起こし系の住民が主役の祭が増えてきました。大石神社では子ども歌舞伎ができたそうです。技士祭は存じませんでした。
まだ大阪にいた頃、山科といえば、大星由良之助の閑居のイメージしかありませんでしたから、宅地化してて驚いた記憶あります。

投稿: とみ | 2010年12月18日 (土) 07時59分

おとみ様
>14日は山科技師祭です。
「技師祭」、山科って京都薬科大のイメージが有りましたから理学療法士さんとかが集うお祭りかな、と思って居ました。
結局揚げ足取りで済みません。

しまった、書き漏れです。
京都って業界ごとに小さな神社を抱えて居ますね。そのイメージが有りますからそういう発想が出てきたんだろうな、と思います。
実は京都薬科大学に4回生の時に単位互換で通う事になっていたのですが、就職戦線の悪化等により霧散しました。

投稿: しろくま | 2010年12月17日 (金) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/50307070

この記事へのトラックバック一覧です: 京都は毎日が何かの祭:

« 事始めは今日でしたやろか | トップページ | 岩永は猿弥さん »