« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

ウィキッド in 大阪四季劇場・31日マチネ

ウィキッド in <br />
 大阪四季劇場・31日マチネ
千秋楽まで2ヶ月を切りました。たぶんマイ千秋楽となるので心して拝見してきました。これを見ないことには年は越せません。
大晦日のメインキャストは、エルファバが岡村さん、グリンダが苫田さん、フィエロが北澤さん、ネッサが勝間さん、オズが松下さん、マダム・モリブルに原田さん。

苫田さん、パワフルでキャピキャピ、ポピュラーの曲のとおり観客の心をつかみ、お芝居のペースメーカーになっておられ、格闘も力入ってました。考えは浅いが根は善良ということで押し切られました。
エルファバの岡村さんは初めて拝見します。声の質はかなり濱田さんに似ておられます。長身で手足が長く美貌です。堅意地な前半が若々しくいい感じです。正義感あふれる女の子という側面を押し出して頑張っておられました。恋を知ってからもう少し声の質を柔らかくなさったら無敵となられることでしょう。
きょうの観客席は、初見の方が多かったのか、ストーリーに感動しておられる方多数。ミュージカルにしては不幸になった主要人物が多すぎます。エルファバの父母、ネッサ、ディラモンド先生、ボック、ライオン、フィエロ、エルファバ…。言葉、勇気、心、頭脳、生命や肉体を失うのは、何度拝見しても悲しいです。
敗北感と罪悪感に苛まれながら、民衆の期待という重荷を背負って生きなければならないグリンダにもククク~(声を殺して泣いているところ)。*((艸д・。`*)゜*。
カテコ盛り上がりましたよ。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "ウィキッド in 大阪四季劇場・31日マチネ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふたつの土蜘蛛塚と秀吉、利休、阿国の夢の跡。3年越しに解いた阿国歌舞伎夢華と蜘蛛の拍子舞の符合

その3です。北野天満宮を中心に西陣界わいを巡ってみました。マップを作成しています。

西陣
北野天満宮
「北野の天神さん」と親しまれている北野天満宮は、天暦元年(947)に創建され、平安時代に学者・政治家として活躍した菅原道真公をお祀りしている。現在は、特に学問の神様としての信仰篤く、学問に勤しむ多くの学生が参拝に訪れる。歌舞伎の演目では、もちろん、菅原伝授手習鑑。顔見世では寺子屋が上演されました。
国宝・本殿は慶長12年(1607)に豊臣秀頼が造営したもので八棟造と称され絢爛豪華な桃山建築。菅公が殊のほか愛でられた梅と紅葉の名所でもある。毎月25日は縁日で、境内には多くの露店が立ち並び賑わいをみせる。

西陣
西陣
北野天満宮内の北野大茶湯之跡と三斎井戸
豊臣秀吉が1587年(天正15)10月1日、北野天満宮境内で九州平定と聚楽第の竣工を祝って催した大茶会。この日秀吉みずから亭主をつとめるなど、千人以上の参会者で賑わい、諸家の茶席に秘蔵の名物茶器・道具が展観されたという。
その遺跡として表参道一の鳥居の西側に、細川三斎が設けた茶席の井戸「三斎井戸」が現存している。
出雲の阿国が上洛し、初めてややこ踊りを踊ったのがここ

西陣
千本釈迦堂(大報恩寺)
大報恩寺は藤原秀衡の孫と伝える義空上人の開創。真言宗智山派の名刹。本堂(国宝)は1227年(安貞1)創建時のままで、京洛最古の古建築。本尊釈迦如来坐像(重文)のほか霊宝殿に快慶作の十大弟子像をはじめ、六観音像など多くの文化財を常時展示(有料)。2月はお亀の福にあずかる‘おかめ節分’で、12月7・8日は諸病封じの大根焚きで賑わう。

Nec_0638
千本ゑんま堂(引接寺)
千本通寺ノ内上る西側
高野山真言宗。開基小野篁卿(802~853)、開山定覚上人(1017-恵心僧都の法弟)、諸人化導引接仏道から寺名。本尊は閻魔法王(高さ2.4メートル)左脇に司命、右脇に司録を安置し、往古の裁判庁舎を象っている平安朝京洛の中心道路である朱雀大路(現千本通)頭に位置するこの辺りはあの世へ通ずる処としてここから送った故に京の都ではお盆といわずお精霊迎えの根本霊場として古来より有名。
堂内の壁に室町・桃山時代の狩野元信筆閻魔王庁の図。境内には紫式部の供養塔という十重石塔(至徳3年の刻銘あり)(重文)がある。2月強運節分会、ゑんまさまのこんにゃく煮き授與、5月の千本ゑんま堂狂言、8月のお精霊迎えは、よく知られている。

西陣
西陣
晴明神社と一条戻橋
上京区堀川通一条上ル
平安中期の天文学者安倍晴明を祭る。晴明は6代の天皇に仕え、当時の天文暦学から独特の‘陰陽道’を確立。朝廷の祭政に貢献した。1007年(寛弘4)一条天皇がその功績をしのび創祀したという。秋分の日の晴明祭には湯立神楽、鼓笛隊、鉾車、飾馬の行列などがでる。近年は、陰陽師人気でいつもにぎわっている。
表に利休の屋敷跡の石碑もある。
一条戻橋は、一条通の堀川に架かる橋。橋名は「源氏物語」や918年(延喜18)文章博士・三善清行が一時蘇生した説話、渡辺綱と鬼女の物語などの歴史を秘める。縁談ごとには避ける風習。
歌舞伎舞踊「茨木」の舞台はここ。玉様は老婆も素敵♪↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "ふたつの土蜘蛛塚と秀吉、利休、阿国の夢の跡。3年越しに解いた阿国歌舞伎夢華と蜘蛛の拍子舞の符合"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

2010年風知草の人気記事ランキングベスト10に玉三郎丈の記事が3本・ありがとうございました。どうぞ良いお年を

Photo_2

例年の締めとして,アクセス解析を活用して,ページ別アクセスランキングを通年集計しました。風知草のエントリの客観的評価です。玉3、海老1、宝塚歌劇3、劇団四季2、映画2と、地元情報中心の並びとなりました。
2010年は地元情報を中心に早書きに努めますという当初目的は達成しました。入魂のエントリをなかなか作成することができませんでしたが、ご高覧本当にありがとうございましたm(__)m 。
好きな俳優さんの観劇記は、舞い上がるばかりで客観的に書けていないことが反省です。
では、皆さまも、よいお年を…。

1位:玉様の阿古屋ですって・ルテアトル銀座の代替公演♪
2位:京都駅南口イオンモール「T・ジョイ京都」で、ゲキ×シネ6本連続上映!
3位:宝塚星組公演ロミオとジュリエット初日 in 梅田芸術劇場・ミュージカルの上演スケジュールを変えるぞ!
4位:宝塚雪組・次期トップスター・音月桂さんの相手役さんたちが決まったようです。
5位:宝塚宙組公演「誰がために鐘は鳴る」13日マチネ&蘭寿とむさん、花組トップスター内定おめでとうございます。
6位:ウイキッド in 大阪四季劇場19日ソワレ拝見・フィエロ・デビューの岡田亮輔さん
7位:「アリス・イン・ワンダーランド」ヘレナ・ボナムさんの赤の女王が大竹しのぶさんとそっくり
8位:當卯年吉例顔見世興行 in 京都四條南座初日夜の部

9位:訪欧凱旋公演「義経千本桜・忠信篇」夜空の星屑数多集まれども、月の光に勝つことあたわず

10位:京都劇場「春のめざめ」27日ソワレ・新メルヒオール一和洋輔さんに遭遇

2011年は、ちゃんと考えて書くという初心に戻ります。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "2010年風知草の人気記事ランキングベスト10に玉三郎丈の記事が3本・ありがとうございました。どうぞ良いお年を"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

謡曲史跡嵯峨嵐山早回り(リクエストエントリその2)

すっかり師走の風物詩となった嵯峨嵐山のライトアップ。古来、桜、月、紅葉、雪の名所の中の名所とされているこの界隈は、一日かけてゆっくり散策がおすすめです。
嵯峨嵐山は、別業や隠れ家が設けられていましたので、権力や愛を失い、昔の栄華をしのび恋の熅と向き合う主人公を、所縁の人や旅の僧が訪れるという共通のストーリー展開となっています。嵯峨嵐山の風景は、これらの物語を愛した人々が、手間暇と時間をかけて、それらに相応しく守り育ててきたものですので、京都の人々の美意識のエッセンスのようなものとなっています。
Nec_0301
渡月橋
右京区の史跡名勝嵐山にあり大堰川(桂川)に架かる橋。承和年間(834-48)僧道昌が架橋したのが最初。京福電車嵐山200メートル。
能の「嵐山」はこんな感じの桜の能です。
帝の命で嵐山の桜を見に来た臣下は、桜の木の下を清める老夫婦に会います。老人はこの桜は吉野の桜を移したので吉野の神々も降臨すると言い、西の空に去り、中入り後、木守、勝手の二神と蔵王権現が出現して舞を舞います。

野宮
小督塚
右京区嵐山渡月橋の大堰川(桂川)の左岸少し上流に小督局を弔う五輪石塔がある。塚の場所は最初の隠棲地とされている。
能の「小督」は、芸術賛美、名所と風物、政治と悲恋がないまぜのストーリーで人気の演目。
平家全盛の世。琴の名手小督は高倉天皇(1161-81・応保1―治承5)の寵愛をうけますが、建礼門院(清盛の娘)の恋敵として清盛から2度も御所を追放され、尼にされてします。
能のエピソードは、一度目の追放の際、帝の勅命を受けた源仲国が、ちょうど仲秋の夜、月が白々と照る中を小督が応えることを期待して得意の笛を吹く。すると、見事な想夫恋の調べが聞こえてくるので、音のほうに向かうと、果たして粗末な小屋に小督が隠れ住んでいたというもの。
謡曲は場所を大切に作劇されてますね。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "謡曲史跡嵯峨嵐山早回り(リクエストエントリその2)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

エビータ in 京都劇場・千秋楽

エビータ in <br />
 京都劇場
野村さんのエビータは佐野ペロンと芝チェも圧倒。美しさで涙を取れる女優さんです。
目当ての俳優さんは客席でお見かけしました。札幌公演頑張ってください。春には大阪へ来て下さいますよね。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "エビータ in 京都劇場・千秋楽"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

終い天神に行ってみました

終い天神に行ってみました
終い天神に行ってみました
今年の終い天神(12月25日)は休日でしたので、行ってみました。初天神に比べ、梅花がない分さみしいですが、正月飾りなどを扱うお店が多数出店し、活気あります。
古着屋さんをのぞくのが楽しみです。戦利品はアンティークの黒繻子の帯。お相撲さんの回しみたいなテクスチャーが古風でグッド。しかし、短いうえ、絵柄がペイントなのでモンダイが多数。締めるとパキパキにペイントがはがれるそうです。はて、どうしたもんかいな。
あ、北野天満宮です。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

寒い思うたら鴨川にゆりかもめが…

寒い思うたら鴨川にゆりかもめが…
2度くらいです。寒!
早いもんで顔見世も明日で千秋楽です。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

4月の南座・坂東玉三郎特別舞踊公演は将門と日本振袖始

葵上、雪、鐘ヶ岬でも文句言わへんと適当なこと書いていましたが、蝦蟇と大蛇ですね。スキップさま速報ありがとうございました。今日にも南座に筋書き買いに行こ。

忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)
 傾城如月実は将門娘滝夜叉        玉三郎
 大宅太郎光圀(おおやのたろうみつくに) 獅童

日本振袖始(にほんひりそではじめ)
 岩長姫実は八岐大蛇(やまたのおろち)  玉三郎
 素戔嗚尊(すさのおのみこと)      獅童
稲田姫は尾上右近さんがいいな↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "4月の南座・坂東玉三郎特別舞踊公演は将門と日本振袖始"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

図書館で借りた本1223

図書館で借りた本1223
□誰も知らなかった京都聖地案内 小松和彦
□カッパ・ノベルス創刊50周年記念作品
□春独丸 俊寛さん 愛の鼓動 川村毅
□桜の園・神代教授の日常と謎 篠田真由美
□国盗人 河合祥一郎
□宇田川心中 小林恭二
□源氏物語=性の迷宮へ 神田龍身
□ジョン・ディクスン・カーを読んだ男 ウィリアム・ブリテン
□京極噺 京極夏彦
□エドワード三世 ウィリアム・シェイクスピア・河合祥一郎訳
□出星前夜 飯島和一
□毒草師 白蛇の洗礼 高田崇史
□能のふるさと散歩 岩田アキラ
□能のみどころ 村上湛
□平家物語を歩く 林望
エドワード三世は本邦初役、39番目の作品。38番目は二人の貴公子、40番目はサー・トーマス・モア。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2010年12月22日 (水)

仁左様の絵本合法衢♪!国立劇場公式に23年3月公演の情報が掲載されてました

現役でなさっているのは,仁左様と松本幸四郎丈だけですって。
そのかみ,仁左様と玉様で絵本合法衢の上演をという要望活動ありましたね。
(遠い目)あれはなんだったのでしょう。
その他の配役が気になります。とりわけ,うんざりお松が気になります。

公演名 通し狂言 絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)
公演期間 2011年3月5日(土) 〜 2011年3月27日(日)
開演時間 12時30分開演(4時50分終演予定)
※11日(金)、18日(金)は4時開演(8時20分終演予定)
いのうえ歌舞伎で、染五郎丈主演、うんざりお松を秋山奈津子さんというのがいいでしょうねえ。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "仁左様の絵本合法衢♪!国立劇場公式に23年3月公演の情報が掲載されてました"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010年12月21日 (火)

国立劇場で,仮名手本忠臣蔵「松の間刃傷の場」の立版古(たてばんこ)が販売中ですって

国立劇場で,仮名手本忠臣蔵「松の間刃傷の場」の立版古(たてばんこ)が販売中ですって
国立劇場のHPに掲載されてました。
国立場オリジナルグッズに新商品「立版古(たてばんこ)」が登場。
一枚の錦絵をはさみで切り抜き、立体的な模型へと組み上げて楽しむこの「立版古」。今回は十二月歌舞伎公演『仮名手本忠臣蔵』にちなみ、三段目「松の間刃傷の場」がよみがえります。
ひとつ300円。
こういうもんに目がないんです。ほ、ほしい。
お江戸のみなさんは想像力が豊かですね↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

お待たせしました。60万キリ番リクエストエントリその1・南座周辺の玉様出演演目所縁の地・30分早回り

今月の顔見世興行は京都の御当地演目がてんこ盛りです。開演前にさっくり一回りがおすすめです。マップはこちら。プロットしておきました。スタート。
Nec_0844_2
四条河原の出雲阿国像
阿国は、関ヶ原の戦いが終わった頃に京都の北野天満宮で興行をしたという記録が残っていますが、この時の興行で踊ったのが「ややこ踊り」と呼ばれる踊りでした。天下一と有名になった出雲の阿国により、慶長13年(1608年)には四条河原で女歌舞伎が行われたと伝えられています。

Nec_0845
四条河原
四条大橋から上流をのぞみます。鳥辺山心中の舞台は三条と四条の間の近道辺りのようです。鳥辺山をさして花道をゆきますが、松原橋に向かうのですね。舞台が南側にあるので、実際の位置関係と逆ですが、中も外も同じというのがいいです。近頃河原達引も四条河原の装置が登場します。

謡曲史跡謡曲史跡
一力茶屋
花見小路四条の一力茶屋です。一度は行ってみたいです。
大石がもっぱら遊んだのは伏見撞木町と言われています。

謡曲史跡謡曲史跡
建仁寺と勅使門(矢の根門)
花見小路をずっと南に下がると大本山建仁寺の境内地に入ります。
臨済宗建仁寺派の大本山。1202年(建仁2)栄西禅師が建立した京都最初の禅寺。
南の八坂通りに面した勅使門(重文)は、銅板葺切妻造の四脚門で鎌倉時代後期の遺構を今に伝えています。柱や扉に戦乱の矢の痕があることから「矢の根門」または「矢立門」と呼ばれています。元来、平重盛の六波羅邸の門、あるいは平教盛の館門を移建したものといわれています。
いよいよ本題に迫ってきましたよ。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "お待たせしました。60万キリ番リクエストエントリその1・南座周辺の玉様出演演目所縁の地・30分早回り"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

當る卯歳吉例顔見世興行昼夜 in 京都四條南座通し

今日は1日南座におりました
今日は1日南座におりました
午前10時30分から午後10時40分。
こういうとき、普段の1日14時間労働の生活習慣が役立ちますね。
重厚で緊迫感があって品の良い舞台に練り上げられていました。
お正月公演のポスター凝ってます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

高井ファントムはやはりさぶいぼもん

劇団四季が吹き替えをつとめるロイド・ウェバー映画!
金曜ロードショーで放映でした。
楽しみにしてました。ちょっと楽譜どおり過ぎて固い印象でしたが、ぐわーんときました。空調をハイにしてましたが、オール・アースク・オブ・ユーでは、寒気に勝てず浴室へ?
劇場にはお風呂がないのが良いのですね。マネージャーたちがまたまた素晴らしかったぁ〜。
映画の吹き替えなら、佐野ファントム、木村クリス、北澤ラウルが良かったかも?↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "高井ファントムはやはりさぶいぼもん"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

岩永は猿弥さん

そうこなくてはなりませぬ。棒沢はどなたでしょ。猿琉さん希望。
↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

京都は毎日が何かの祭

京都は毎日どこかで祭が開催されてます。14日は山科技士(訂正→義士)祭です。
こんな日は九段目が見たい。今の七段目ベストキャストは九段目もベストです。
大石神社の宮司さんはいろいろお話してくださいます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

事始めは今日でしたやろか

曜日の感覚がなくなったこのひと月、そろそろ年越しの準備せんと…。
事始めとは、正月の準備のため、薪や松を山に取りに行った習慣が起源とか。
花街には、事始めのよいしきたりが継承されてます。一年間お世話になったお師匠さん宅におつかいものを持ってご挨拶にあがり、お稽古用の扇をいただくといったもんです。
お世話になった方に感謝の気持ちを持つことが大切と思う年の瀬です。
そういえば、嵐山花灯路始まってました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

アントニーとクレオパトラ in 新神戸オリエンタル劇場・平幹様はタイトルロールのアントニー

Antony250px
新神戸オリエンタル劇場が演芸ホールに。熟年オールメールプレイ。新劇、大衆演劇、狂言、ミュージカルの座長さんや主演級が一堂に会する不思議なお芝居でした。平幹様の色惚け豪傑は完璧であられました。やはり主演が似合われます。 客席も、のりのりでした。長台詞は端折って、決め台詞の応酬が心地よかったです。こってりどろどろの愛憎劇に幻惑されました。大衆演劇を意識したお衣裳の素材や色調も新鮮でした。
こういう純粋な愛に殉じる色惚け中高年と、愛より政治・合理的な若者の対立のお話、好きだぁ!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "アントニーとクレオパトラ in 新神戸オリエンタル劇場・平幹様はタイトルロールのアントニー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

4月の南座・坂東玉三郎特別舞踊公演の演目はなんですやろ

南座の広告が10日朝日新聞夕刊に大きく掲載されています。
3月(3日〜27日)がおもだか屋一門の獨道中東海道五十三驛、4月上旬(3日〜17日)が玉様の舞踊公演、下旬(22日〜27日)が吉弥丈の南座歌舞伎鑑賞教室です。男の中の男であられます。みみっちいことはなさらず、持ち札の最上位のものをあっさり張られる潔さ。惚れても惚れ尽くしても、また惚れ直させていただけます。
歌舞伎の守護聖人であられます。

また、公演中の顔見世全演目の写真も!小さい写真ながら、仁左様の山三は憂愁をたたえて素敵ぃ!
南座の春は、京鹿子娘道成寺でお願いします。くどいかしら?↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

玉様の阿古屋ですって・ルテアトル銀座の代替公演♪

Nec_0840

京都で記者会見しはったんや。

♪あこやがこころのにごりみず~♪
阿古屋ですよ!阿古屋!

公式に発表になっていました。そうでしょう、そうでしょう、この危機を乗り切るお方は玉様を置いて考えられません。葵の上、雪、鐘ヶ岬の三点セットがいいか、京鹿子娘道成寺がいいか、コンサート版阿古屋、獅童さんと桜姫東文章、高野聖と海神別荘が良いか。いやいや、朗読会の海神別荘でも文句言わへん…と、あれこれ、思いめぐらせていましたが、阿古屋とは、さすがです。
そろそろ聴きたいと思っていたところです!

ル テアトル銀座
坂東玉三郎 特別公演
中村獅童 出演

平成23年1月2日(日)~20日(木)

一、壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)
   阿古屋

遊君阿古屋  坂東 玉三郎
秩父庄司重忠  中村 獅 童

二、女伊達(おんなだて)
坂東 玉三郎

南座の春は、京鹿子娘道成寺でお願いします。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2010年12月 8日 (水)

海老蔵さんの記者会見は大きく取り上げられています

昨夜遅く帰宅して、家族がわーわー言っているので知りました。別人のようなお声に驚きました。見た目より損傷を受けておられるのでしょうか。
社会の関心の高さに驚かされます。年に1公演程度、生涯通算で十数公演しか拝見していませんし、出演を見合せられた公演のうち、チケットを購入していたのは南座の分だけですから、是非もなし以外の言葉はありません。これまでに拝見した舞台の感動が減ったわけでもありませんし。通し狂言義経千本桜は素晴らしかったです。
お江戸の皆さまの歴代市川宗家に対する守護神としての思い入れや、邪気を払うというお家の役目は、上方ものには体感できないものがあります。にらみが出来るかできないかが、なぜ大問題であるか、記事として書き添えてほしい気がします。
新型インフルエンザが流行していたときは、舞台上からにらんでいただきました。あれは大阪松竹座でした。今となって、意味が分かっていなかったことに気がつきます。
市民インタビューに考え込んでしまいます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

銀杏の葉に黄色のイルミネーションは映えます。

銀杏の葉に黄色のイルミネーションは映えます。
京都市中京区河原町御池付近の街路樹。黄色があたたかそうです。
ちょっとだけ気持ちが華やぎます。
↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "銀杏の葉に黄色のイルミネーションは映えます。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

京都新聞1面に吉例顔見世興行の市川海老蔵丈のまねきが撤収されたと掲載されていました。

20101205092224maneki002

京都新聞の記事は事実しか書いていないところが好感持てます。でも、京滋ニュースでアクセス数1位です。京雀らしいです。
あの熱狂の9月からまだ2箇月しかたっていないんですね。しみじみ。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "京都新聞1面に吉例顔見世興行の市川海老蔵丈のまねきが撤収されたと掲載されていました。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

爆見してないつもりですけど…

秋から年内の観劇は、準備不足のため低調です。京都ばっかし選んだつもりでしたが、初日にこだわって見境なしに予定を詰めたため、11月下旬に集中してしまいました(文楽、音楽、ミュー、音楽、ミュー、演劇、演劇、歌舞伎)。社会人として尋常な観劇態度といえません。(゜_゜)(。_。)
10日間のうちに季節は進みました。早くもクリスマス関連のイベントが各地で始まります。なるべく点灯時間内に職場を出て、街を楽しみたいと思います。
脳の回転数あがってます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »