« ボストン美術館展 in 京都市美術館 | トップページ | 上田秋成 in 京都国立博物館 »

2010年7月19日 (月)

夏祭浪花鑑 in 国立文楽劇場 途中落ちながらも初めて全容が見えました

文楽団七

梅雨も上がりオーブンに放り込まれたようなミナミの暑さ。国立文楽劇場で上演中の夏休み文楽公演第2部「夏祭浪花鑑」かなり通し目を観劇しました。
「夏祭浪花鑑」にはかなり思い入れのあられるハヌルさまとムンパリさまと御一緒です。マイ好みで床下の大夫さんの汗と唾液が飛んでくるお席としました。
長町裏の段を千歳さんが語られるのを想定していませんでした。この段は確か綱大夫さんで聴いたはず…。
勘十郎団七、義平次玉女の格闘技に千歳vs松香の舌戦なのでえらいことでした。ムンパリさま、ハヌルさま、すみませんでした。

住吉鳥居前     歌舞伎で観た 文楽で聴いた
内本町道具屋             文楽で聴いた
釣船三婦内     歌舞伎で観た 文楽で聴いた    
長町裏        歌舞伎で観た 文楽で聴いた
田島町団七内    歌舞伎で観た 文楽で初めて聴いた
田島町団七内の場は、ホリゾントが開いてセントラルパークをニューヨーク市警に追われるところですから、文楽でも聴いたような気がしてましたが、ワタクシ的には初めてです。久々の上演らしいです。
とーても満足度の高い公演でした。
清治師匠の後は落ちますが、千歳さんの後も放心します。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

文楽Nec_0812
高津さんの前は通ってきました。ゆっくり行けばよかった。

観劇帰省中のかしまし娘さまも同じ回をご観劇中でした。お目当ては勿論ロミジュリとか。昨夜は、久しぶりに音圧にぺしゃんこになって爆睡しました。大編成のN響並みの出力でした。

|

« ボストン美術館展 in 京都市美術館 | トップページ | 上田秋成 in 京都国立博物館 »

文楽」カテゴリの記事

コメント

>ムンパリさま
裃に団七と徳兵衛がありましたね。4人ともお似合いでした。
咲大夫さんと燕三さんで落ちたのは初めてです。ファンなんやけど…。

投稿: とみ | 2010年7月21日 (水) 08時26分

とみさま♪
念願の夏祭浪花鑑をサイコーの床下席でありがとうございました。
長町裏の段で千歳大夫さんが登場された時はヤッタ〜!
唾でも汗でも飛んでこい!と思いましたです(半分うそ。)
いやホントに楽しかったです♪
どこを見てもスターだらけだし、文楽はいいですね〜。
「夏祭浪花鑑」はやっぱり大阪のもんや〜という思いを
かみしめながら見せていただきました。
文楽で通して見る楽しみ、クセになりそうです♪
とみさまお薦めの演目、またごいっしょさせてくださいませ。

投稿: ムンパリ | 2010年7月21日 (水) 02時20分

>ハヌルさま
2006年は後に連獅子がついていて田島町はありませんでした。
団七は大きくて美しいですね。以前、左さんが大奮闘されていると感じましたが、そんなことを忘れる男6人、圧巻の格闘でした。
次の注目は、一ノ谷でしょう。

投稿: とみ | 2010年7月20日 (火) 09時00分

とみさま、お疲れさまでした。
今回はどうもありがとうございました。
とても楽しかったです!
大体私も床に近い席を希望しますが、
あそこまで近いのは初めてでドキドキしました。
凄い迫力ですね〜。それでも落ちる私たち(笑)
道具屋の段は以前にもやりましたっけ。記憶にない(苦笑)
さすがに団七と義平次は一人では無理ですね。
そんなところも迫力が増す要因でしょうね。
床だけでなく、舞台の人形遣いさんも同様、
勘十郎団七と玉女義平次の格闘も迫力ありますしね。
大夫、三味線、人形遣いさんたち、そして人形そのものも含め
迫力と一体感と格好良さがあり鳥肌ものでした。
やっぱり大好きな演目です。
秋も是非是非ご一緒させてくださいませ〜。

投稿: ハヌル | 2010年7月19日 (月) 22時49分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏祭浪花鑑 in 国立文楽劇場 途中落ちながらも初めて全容が見えました:

« ボストン美術館展 in 京都市美術館 | トップページ | 上田秋成 in 京都国立博物館 »