« 宝塚宙組公演「TRAFALGAR(トラファルガー)」&「ファンキー・サンシャイン」 | トップページ | 健闘祈願!蹴球の神様・白峰神社にお詣りだ! »

2010年6月10日 (木)

宝塚歌劇・後半のラインナップが公式に発表になってました。映画路線です。

宙組の「誰がために鐘は鳴る」がよさげですね。グレゴリー・ペック氏とイングリッド・バーグマン氏、鳳蘭さんと遥くららさん…でしたか。拙宅の「カサブランカ」の感想に、さよなら公演は「誰がために鐘は鳴る」で、と書きましたが、さよなら公演は「戦争と平和」(ピエールが主演にリメイク。大空ピエール、蘭とむアンドレイ、すみ花ナターシャ)でお願いします。
植田景子センセの「エフゲニー・オネーギン」、どうなんでしょ。傲慢で尊大、屈折した妄執が似合う芸風の方にさせてあげたいです。映画はレイフ・ファインズ氏でした。
雪組の音月さんの安否か気に掛かります。大劇場公演は「そして誰もいなくなった」はいかが?
劇画や映画のリメイクは安心です。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

|

« 宝塚宙組公演「TRAFALGAR(トラファルガー)」&「ファンキー・サンシャイン」 | トップページ | 健闘祈願!蹴球の神様・白峰神社にお詣りだ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>かしまし娘さま
実は恐れをなしてあまり見てないんです。原作がしっかりしていてもえらいことになるようですね。伺ってますます心配になります。
はい、ワタクシもさよなら公演は凱旋門希望です。
ボリスが蘭とむさん、ヴェーベルが北翔さんと揃ってますよね。

投稿: とみ | 2010年6月19日 (土) 01時36分

とみ様
「アイーダ」もダメだったの。
あれ、受け付けない体質やねん、私(泣)
世間ではえらく盛り上がってたけどねぇ。
今となっては、キムシンの”オペラ”な中では
「鳳凰伝」がイチバンええかも…。
もっとええのは「ゼンダ城の虜」

投稿: かしまし娘 | 2010年6月18日 (金) 14時31分

>かしまし娘さま
何年かに一度は大当たりがありますので、いつかは当たります。と、観客の立場では思います。しかし、親心では、短い在任期間にかわいそうなことになったら…。やっぱ許せねえ。
えーと、木村センセのアイーダ当たったからもうそろそろ来ますよ。

投稿: とみ | 2010年6月17日 (木) 22時17分

とみ様
「誰がために鐘はなる」
演目を生かすも殺すも演出家。
超級不安で仕方ありません。
作品が宜しくないとリピート出来ない私の体質も災いしてしまいそう。
♪主よこの身に与えたまえ力をぉおお♪(byパーシー)
グォォオオオオ。

投稿: かしまし娘 | 2010年6月17日 (木) 12時57分

>スキップさま
「誰鐘」を御覧とはうらやましい。
ワタクシはテレビ放映を一度拝見したきりです。記憶が無いに等しいですが感動した覚えが…。やはり名作なのですね。
あー、雪組が心配だぁ。もちろん、何がきても見ますが、確実に集客が見込めるものを祈ります。「ファントム」でいいです。

投稿: とみ | 2010年6月12日 (土) 08時31分

とみさま
「映画名作シリーズ」はいつまで続くのでしょう。
『誰がために鐘は鳴る』は、ツレちゃん&モックカップルで観ました。
遥くららさんのマリアがすごくキュートで印象的でしたが、
娘役より若くて美形の男役の方が似合う役かも?

雪組の安否(笑)。
音月さんのお披露目ですね。
どんな演目を持って来られるのか楽しみです。

本日、大劇場に参上いたします。

投稿: スキップ | 2010年6月12日 (土) 05時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/48600029

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚歌劇・後半のラインナップが公式に発表になってました。映画路線です。:

» 宙組 誰がために鐘は鳴る [アッパレじゃ!]
またまた映画なのかぁ。でもって、大人のロマンスは、大空祐飛&野々すみ花に任せとけ!ってことかしらん♪ そうそう。あのヘミングウェイの!なんだか戦争絡みの…。ウ〜ム。ものごっつ昔に小説を読んだのにぃ。あんまり覚えとらん(コラコラ!) 「キスするとき、鼻は邪魔にならないの?」ってあれだ!! 映画も観たよ。あのあの、ゲーリー・クーパーとイングリッド・バーグマン…ヒェァ!すみ花ちゃんってば、またバーグマンだよぉお。 心はグイッと”リックのカフェ”へ♪♪カサブランカ〜♪ってことは小池修一郎なのかも…ス... [続きを読む]

受信: 2010年6月17日 (木) 13時20分

» たかが宝塚歌劇されど宝塚歌劇 [宝塚歌劇]
何気にはまってる宝塚歌劇。インターネットには沢山の宝塚歌劇に関連したブログやHPがあり、つくづく見るほうもどれを見ていいか分かりません。 ブログなんかだいぶ前に書かれたもので今参考になるのかなと思いますが、それでも見てしまいます。宝塚歌劇星組 ミュージカル『ロミオとジュリエット』公演概要 ...史上最高のラブストーリーが宝塚歌劇の舞台でどのように展開されるか期待がかかります。★あらすじ(内容に触れていますのでご注意ください)花の都ヴェローナ、代々憎しみ合ってきたキャピュレット家とモンタギュー家。両... [続きを読む]

受信: 2010年6月27日 (日) 10時07分

« 宝塚宙組公演「TRAFALGAR(トラファルガー)」&「ファンキー・サンシャイン」 | トップページ | 健闘祈願!蹴球の神様・白峰神社にお詣りだ! »