« 図書館で借りた本0529 | トップページ | 今週から福井さんがタガー »

2010年5月30日 (日)

コーラス・ライン in 京都劇場初日・加藤ザックにビーンと緊張感

コーラスラインのスタメン。荒川ボビー、菊池アルが現役というのがうれしい。
30日、マチネを観劇。
ザックが加藤さん、ラリーが松浦さん。冷暖コンビでぐわーんと感動させてくださる。
京都公演初日、しかもザックが加藤さんということで前半はかなり堅めに進む。緊張感があってよろしい。深見さんのときは良いお声だったので早い段階からじわーんとなったが、怖い怖い加藤さんに客席まで堅くなる。なんと言ってもほんまもんの振付家・演出家ですから。
センターでダンスの指揮を執られる御姿は鳥肌もの。バックのダンサーたちも劇団四季の精鋭だが年季が違う。
その分、踊れなくなったらどうするという後半の厳しい質問に迫力が増し、舞台に賭ける人生の重さが際立ってやっぱり心地よく泣ける。
君たちは素晴らしい。いい1日をありがとうという台詞があるが、振付家加藤敬二さんはおそらく誉めたたえながらももう少しできるはずだというニュアンスがあった。
観ているだけで涙がこぼれる坂田さんは台詞でも涙をとっておられた。
ポールは、初めて拝見する飯村和也さん。渡辺謙さんの息子さんのような美貌に長い手足。ステップを踏むようなセリフ術ではないが、少し世をすねた感じの田邊ポールに比較して、素直そうで真摯なポールだった。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
半年前とキャストが激変。それがコーラスライン!↑よかったら、ポチッお願いします♪
実は最前列センターブロックであまり真剣にガン見したため、脳細胞がパニックに!おうちへ駆けもどり6時間睡眠をとってやっと復活。、

本日のキャスト

ザック  加藤敬二
ラリー  松浦勇治
ダン  丹下博善
マギー  和田侑子
マイク  斎藤洋一郎
コニー  和田侑子
グレッグ  道口瑞之
キャシー  坂田加奈子
シーラ  増本藍
ボビー  荒川 務
ビビ  小松陽子
ジュディ  恒川愛 
リチー  松島勇気
アル  菊池正
クリスティン  染谷早紀
ヴァル  石倉康子
マーク  玉井晴章
ポール  飯村和也
ディアナ  熊本亜記
フランク  本間祐司
ロイ  宮本聖也
トム  金光基成
ブッチ  吉田龍之介
ビッキー  秋山舞
ロイス  脇坂美帆
トリシア  勝田理沙

|

« 図書館で借りた本0529 | トップページ | 今週から福井さんがタガー »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーラス・ライン in 京都劇場初日・加藤ザックにビーンと緊張感:

« 図書館で借りた本0529 | トップページ | 今週から福井さんがタガー »