« 図書館で借りた本0503 | トップページ | 薔薇とサムライ in 大阪1日ソワレ・男も女も惚れるパーレートクイーン天海 »

2010年5月 3日 (月)

菊之助丈御贔屓の皆様、録画してから劇場へ・帰宅してからすぐ見ましょうぞ(加筆)

明日はもう初日。
『歌舞伎役者 尾上菊之助の挑戦 〜女方の伝統に新たな華が咲く〜』
関西方面のみの放送ですが、尾上菊之助丈の特番が放映されます。関西のMBS毎日放送で5月4日(火)9:55〜10:25、玉様へのインタビューもあるようです。
初役ですが、玉様に習っておられるのですね。玉手は19歳の律儀な若妻ですから、菊之助丈らしく演じてくださることでしょう。
緊張してきました。
初日を観る阿呆ですが、燃え尽きておられないはずないです!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

女形の大役・玉手は、継子の俊徳丸に恋をし、我がだけのものにせんと毒酒で業病にしてしまい、出奔した俊徳丸を追うという凄まじい女性だ。古くはインド説話に起源し、西に流れギリシャ悲劇のヒッポリトゥス(パイドラかも)からラシーヌのフェードルに。東に流れ中国を経て俊徳丸説話から能の弱法師、そして義太夫の摂州合邦辻となり歌舞伎となっているという古今東西の芸能の種となる女性の宿業の物語だ。
それぞれの国の時代、モラル、宗教、大衆の好みにより主題は変奏されるが、本邦では、実は、主君の恩と継子への義理を立て通すというおぢさん好みの返り忠が主題の健全なホンにより上演される。
しかし、主君としての夫への義理に偽装した俊徳丸への激しい恋慕はみーんな知っており、知っていて騙されてやり、淑徳を称えるという観客も巻き込んだ共犯のお芝居なのよね~。

菊之助丈は、耐えるだけでなく自ら考え行動するという現代にも通用する女性の強さを表現するという方針で取り組まれたようだ。しかし、様々な感情が今際の際に交錯し、痛い、辛い、嬉しいがごちゃまぜになると客席に伝わらないと玉様に教えられ、今の自分が可能なひとつの方法に行き着き、初日はそれで行かれるという。
また、役に対する深い解釈とそれを客席に伝える確かな技術が必要と御父上の菊五郎丈。
御名残四月大歌舞伎の最中から真剣な御稽古をなさっておられたようだ。役者さんは、観客をエキサイトさせても、自分は生涯の芸道を見据え、常に冷静であられる。

映像は、前日の舞台稽古まで収録されており、当然のことながら、観客の反応や共演者さんたちとの掘り下げにより進化し続けることだろう。

結論。初日を拝見したが、必ずもっぺん見んならん。

|

« 図書館で借りた本0503 | トップページ | 薔薇とサムライ in 大阪1日ソワレ・男も女も惚れるパーレートクイーン天海 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/48256589

この記事へのトラックバック一覧です: 菊之助丈御贔屓の皆様、録画してから劇場へ・帰宅してからすぐ見ましょうぞ(加筆):

« 図書館で借りた本0503 | トップページ | 薔薇とサムライ in 大阪1日ソワレ・男も女も惚れるパーレートクイーン天海 »