« あれだけ眠かっただけあって今日は大変な雨量でした | トップページ | オーケストラ! »

2010年5月23日 (日)

宝塚星組公演「激情 −ホセとカルメン−」&「BOLERO」大きな羽を背負って1回転なさってました

Photo
5月22日(土) ソワレ 梅田芸術劇場
ミュージカル・プレイ 激情 −ホセとカルメン−
脚本:柴田侑宏、演出・振付:謝珠栄
出演:柚希礼音、夢咲ねね、英真 なおき、涼 紫央、夢乃 聖夏、真風 涼帆

1999年、姿月あさと、花總まり、和央ようから、宙組により上演された作品を、全国ツアーバージョンとしてリメイクしたもの。
ヴェルディで御馴染のカルメンを意識しながらも、原作者プロスペール・メリメを登場させるなど、メリメの「カルメン」にこだわり、ドン・ホセの変節と情念を華麗に描き上げたミュージカル。

娘っ子に飢えてがつがつした健康的な男子がお似合いの素敵なトップスターさんに相応しい作品だ。
お衣裳(光沢のない青)もトップさんと他の兵卒さんと差がないのがよろしい。同じ衣裳でも柚木さんのオーラはとびっきりだ。ちえさん、カルメン一直線!若者らしいです!ねねさんのカルメンも手足が長く綺麗な筋肉質で退廃感皆無!健康的なカップルだ。
銃殺の倒れっぷりの潔いことheart01
メリメ役の涼さんの明晰な語り口のおかげで、柴田センセの作劇意図もよくわかりました。
ちえさんは痩せられましたが、みなさん元気そうでした。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

グラン・ファンタジーBOLERO −ある愛−
作・演出:草野 旦

通し役のロメロとジぜルの出会いと別れと再会の主筋はあるようだが、印象に残ったのは2場面だ。円形の台の上での裸足のデュエットダンス。二人とも足長い〜。
そして、お目当ての圧巻のボレロ。センターで踊るボレロの男に群舞。素晴らしい求心力。この組の今だからできる名場面だった。

全国ツアーの最終都市、地元に御帰還のタカラジェヌたちもはしゃいでおられた。
ショーのなかでライオンキングもどきのハンターに銃で追われる場面があり、銃声に倒れるちえさん。ホセの間違えたと立ち上がり、ロミジュリエットのチラシを紹介しておられた。

お楽しみのご当地出身者紹介。ちえさんは大きな羽を背負いながらくるっと一回転。元気いっぱいだった。とにかく元気をいただけました!

|

« あれだけ眠かっただけあって今日は大変な雨量でした | トップページ | オーケストラ! »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

>かしまし娘さま
エロかっこいいおふたりでした。いまどきの子感がまぶしいです。
夏はロミジュリでヒートアップですね。ポスター見ただけでも溶けます。

投稿: とみ | 2010年5月27日 (木) 23時05分

とみ様
オーラスでもクルリンと回ってました!チエちゃん!!(byスカステ)
大阪出身者のなんと多いことよ!7人でしたかね。ビックリです。
浪花が産んだスターを観に、この夏は梅芸に押しかけまっせぇ。

投稿: かしまし娘 | 2010年5月27日 (木) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/48430117

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚星組公演「激情 −ホセとカルメン−」&「BOLERO」大きな羽を背負って1回転なさってました:

« あれだけ眠かっただけあって今日は大変な雨量でした | トップページ | オーケストラ! »