« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

タイタンの戦い

Photo_2
監督:ルイ・レテリエ
脚本:トラヴィス・ビーチャム / フィル・ヘイ / マット・マンフレディ
オリジナル脚本:ビヴァリー・クロス
撮影:ピーター・メンジース・Jr
キャスト
サム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズ、アレクサ・ダヴァロス、ジェマ・アータートン、マッツ・ミケルセン、ジェイソン・フレミング
あらすじ
神々の王ゼウスが人間の娘に産ませたペルセウス。彼は世界を滅亡の危機から救うため、冥界の王ハデスを倒す戦いの旅に出る。そこには、悪魔や獣といった強敵との死闘が待っていた。

英雄ペルセウスが活躍するアクション・アドベンチャー。出生の経緯やそれからのお話がかなりギリシャ神話とは異なる。
若々しく体育会系というかヘアーもフェイスも米軍海兵隊員(↑)にしか見えないペルセウスが人間らしくてかっこよい。他はみなロン毛だよね。ギリシャ神話というより聖闘星矢の実写版のような楽しさ。ペガサスは白の方がいいように思ったがここでは黒。星矢が大人になったらこんなキャラクターと想像できて楽しい。
少年たちよ。劇場にGO!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

高島屋東別館は、昔、松坂屋だった

高島屋東別館は、昔、松坂屋だった
メインストリートが御堂筋に移る前は4店あった大阪の堺筋。北浜三越が撤退し、堺筋に唯一残る百貨店がこれ。建築家鈴木禎二が手懸けた高島屋東別館(1937年)だ。
現在は高島屋東別館として、オフィス、資料館、ブライダルサロンとして活用されている。アーチが連続するネオルネサンス洋式のファサードに、アカンサスをモチーフにしたアールデコ調の装飾は、保存状態もよく、かつての日本橋やなんばの文化的な面影を今も忍ばせてくれる。
資料館の収蔵品も貴重なものばかりで、高島屋が果たしてきた芸術を育成する社会的役割の精華たちだ。
黒門市場と電気屋街の真っただ中の異空間です。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "高島屋東別館は、昔、松坂屋だった"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大阪国際美術館と周辺の洋風建築

大阪国際美術館と周辺の洋風建築大阪国際美術館と周辺の洋風建築大阪国際美術館と周辺の洋風建築大阪国際美術館と周辺の洋風建築
ルノワール展も大盛況だ。しかし、詰め込みがきく美術館なので、待ち時間ないのがうれしい。
ビルはそれぞれ、山根商店、船町ビル、山内ビル。皆、1930年代と思われる。
西船場は洋風建築がいっぱい。かなりいい感じです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜大津の旧大津公会堂、複合施設としてリニューアルオープン

旧大津公会堂、複合施設としてリニューアルオープン旧大津公会堂、複合施設としてリニューアルオープン
4月23日(金)にオープンした。昔の浜大津の賑わいを彷彿とさせる重厚な外観、質実ながら時流を押さえた内装、公共建築らしい節度と意欲が感じられる。
滋賀会館を閉める滋賀県、旧大津公会堂を保全する大津市。地域から目を放してはいけません。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "浜大津の旧大津公会堂、複合施設としてリニューアルオープン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

風知草も新緑になりました

風知草も新緑になりました
越冬した株たち、ごくろうさまでした。
代わり映えしないといえばそれまでですが、新緑は色が浅く、丈も短くてかわいいです。
そういえばもうすぐ5年だわ!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

シャッター・アイランド

Photo
監督:マーティン・スコセッシ
原作:デニス・ルヘイン
脚色:レータ・カログリディス
出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キンズレー

1954年、ボストンの沖合に浮かぶ孤島“シャッター アイランド”。精神を患った犯罪者を収容するアッシュクリフ病院で、鍵のかかった病室から3人の子どもを殺害した女性患者が消えた。捜査のため、この孤島を訪れた連邦保安官のテディと新しい相棒のチャックに不可解な出来事が続く。
島内に女性患者の姿はなく、島外へ脱出した形跡も見あたらない。唯一の手掛かりは、彼女が部屋に残した1枚のメモ。そこには、「4の法則」と題した意味不明の言葉が書かれていた。

香気溢れる本格派ミステリーともサスペンスとも言える重い原作を名監督がディカプリオという渋々素材で料理したメインディっシュ。全編にヒントが散りばめられ、勘の良い方には謎は途中で解けるだろうが、解けても面白さは衰えず、一気にラストに持ってゆく。
ディカプリオ映画に外れなし!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

ソング&ダンス 55ステップス in 羽島市文化センター

竹鼻の藤
竹鼻の藤
竹鼻の藤
今日の公演地は岐阜羽島近くの羽島市文化センター。
福井さんはヴォーカル1でMC。なぜかソンダンの福井さんは初見だ。トプシーのお衣装が意外にお似合い。初めて聞く歌では、南十字星の祖国が、本役をしのぐ叙情的な響き。エビータの飛躍に向かって、ジーザス・クライスト・スーパースターは完璧、いつでもスタンバイオッケーと思われる。
いつもながら、落ち着いた萩原さん、適当に荒れている岩崎さんのダンサーツートップがかっこいい。その真ん中に立つのが坂田加奈子さん。軽快で切れ味の良い麗姿はソンダンの要だ。
坂田加奈子さんのヴァリエーションズは目が釘付けになります。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "ソング&ダンス 55ステップス in 羽島市文化センター"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

妹背山婦女庭訓&国立文楽劇場前の新緑

国立文楽劇場前の新緑
この組み合わせの妹山背山の段は貴重と思われるので何とか再見しました。
装置がきれいです。水車は玉様が吉野山で使われました。
ジュリー・ティモアさんがライオン・キングで、ムウの大群が追ってくるところでも使っておられます。
小道具では、雛道具の乗り物に首(かしら)を収め、他の調度品と川を渡るのが、文楽ならではの趣向で泣けます。
心ばかりがいだきあい〜戯曲の名文に酔えます。
様々な年齢層の方が来られてました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "妹背山婦女庭訓&国立文楽劇場前の新緑"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘンリー六世 in シアター・ドラマシティ覚え書き

P3_2
作:W・シェイクスピ、ア演出:蜷川幸雄
翻訳:松岡和子、構成:河合祥一郎
出演
         第1部                第2部
上川隆也  ヘンリー六世            ヘンリー六世
大竹しのぶ ジャンヌ・ダルク/マーガレット マーガレット
高岡蒼甫       −              グロスター公リチャード
池内博之     サフォーク伯爵                      クラレンスジョージ
長谷川博己 シャルル                              エドワード四世
たかお鷹      ウィンチェスター大司教     枢機卿
原康義    トゥールボット           スタフォード(兄)
山本龍二   トマス・ド・モンタキュート           ジャック・ケイド
横田栄司   ウォリック伯爵                       ウォリック伯爵
草刈民代  オーヴェルニュ伯爵夫人      グレイ夫人エリザベス
吉田鋼太郎 ヨーク公              ヨーク公/リヴァース
瑳川哲朗   グロスター公爵            ディック/息子を殺した父親
遠山悠介   使者/兵士他           王子エドワード
中島来星   ヘンリー六世            少年リッチモンド
立石涼子、手塚秀彰、青山達三、塾一久他
さいたまゴールド・シアターの皆さん

前篇 第一部 ヘンリー五世の葬送からトゥールボットの死まで
イングランド王ヘンリー五世の死により、その息子ヘンリー六世が生後9カ月で王位を継承するが、若い王は政治情勢を統治できず、国内では、身内のグロスターと司教ウィンチェスターの反目が続く。外征においては、ヘンリー五世が獲得したフランスの領有権を失った。フランスでは乙女ジャンヌ・ダルクが皇太子シャルルと共に軍を率い、イングランド軍の猛将トゥールボットと激しく攻防する。トゥールボットは援軍が無いまま孤立し、息子と共に壮絶な戦死を遂げる。

前篇 第二部 ウィンチェスター専横からサフォークの追放まで
ウィンチェスターは病死。フランスではジャンヌが神通力を失い敗戦。イングランドとフランスの間に和平が締結し、ヨーク公に捕えられたジャンヌは火刑に処せられた。
一方、サフォークはアンジュー公の娘マーガレットに思いを寄せ、マーガレットをヘンリーの妃に推挙し、女と王国共々掌握しようと野心を抱く。野心を抱き始めた男がまたひとり。ヨークは、ランカスター家のボリングブルックこそ王権の簒奪者で、ヨーク家が正当な王位継承権を持つものと主張し始める。
ヘンリーの妃となったマーガレットは、サフォークと人目をはばからない親密ぶりを示し、グロスター夫妻と激しく対立する。グロスターが暗殺され、普段は優柔不断な王だが、このときはサフォークを断固として追放する。
やっと理解できました。感想は今から!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "ヘンリー六世 in シアター・ドラマシティ覚え書き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

野村万作・野村萬斎狂言公演『謀生種』『八句連歌』『花折』 in びわ湖ホール

Photo_3
24日(日)午後2時、滋賀県立びわ湖ホール中ホール
びわ湖ホールには毎年来ていただいているが、いつも即完のため拝見できていなかったが、今年は、先輩に御連れいただき観ることが叶った。
出演:野村万作、野村万之介、野村萬斎、石田幸雄ほか万作の会

   解説/野村萬斎
一、謀生種(ほうじょうのたね)

  伯父/野村万之介 甥/高野和憲
  
二、八句連歌(はちくれんが)
  貧者/野村万作、何某/石田幸雄
三、花折(はなおり)
  新発意/野村萬斎、住持/野村万之介
  立衆/深田博治、高野和憲、月崎晴夫、竹山悠樹、時田光洋

萬斎さんのお話は、狂言の登場人物は身近で親しみの持てる人達ばかりで、そんな人たちを笑い飛ばし元気になろうという趣旨のもの。
「謀生種(ほうじょうのたね)」は、甥が叔父に法螺話で勝負を挑み、あっさり返り討ちになるお話。スケールが大きく罪のない法螺話は気が大きくなる。
「八句連歌(はちくれんが)」は、元連歌友達から金を借りている男と貸した男が、連歌の応酬のなかに、「待ってくれ」、「いいや返せ」と詠み込む。字幕代わりに巨大な短冊が掲げられ分かりやすい。
「花折(はなおり)」は、新発意が、住持に花見禁止を申し渡されているにも関わらず、つい、このあたりに住む若い衆に乗せられ、飲めや歌えの大騒ぎをしたあげく花の枝を土産に持たせる。照明や音響、装置などを駆使した劇場バージョンでとにかく楽しめる。

そういえば、萬斎さんのお芝居や舞踊、映画は拝見しているが狂言を拝見したのはおそらく2回目だ。狂言そのものが通算3回目くらいなので、うまく言えないが、朗々とした台詞やインパクトのある朗唱が心地よい。
↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "野村万作・野村萬斎狂言公演『謀生種』『八句連歌』『花折』 in びわ湖ホール"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

京都国立博物館の長谷川等伯展

京都国立博物館の長谷川等伯展
京都国立博物館の長谷川等伯展
京博は広いので並ぶスペースも充分。風景も良い。
ワタクシは9時に入場させていただいたが、雨で寒かったよー(*_*)
生きることはかくも悲しいというサブタイトルが付いている。栄光と悲嘆と交々の人生を乗り越え、あるはずのものの姿やあるべき姿を見せるパワーに感歎するしかない。
松林図屏風は身震いします。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "京都国立博物館の長谷川等伯展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

おとみの妄想劇場・蜷川さんに期待

シェイクスピア全作品に取り組んでおられる蜷川さん。今は、目標数が37プラス3で40になっていることですし、この際、河合センセに編集をお願いして6時間で、
リチャードⅡ
ヘンリーⅣ第一部
ヘンリーⅣ第二部
ヘンリーⅤ
イッキ上演はいかがざんしょ。3つ片付きます。
リチャードⅡは唐沢さん、ボリングブルック・ヘンリーⅣは横田さん、フォルスタッフは吉田さん、居酒屋おかみは大竹さん、ハル王子・ヘンリーⅤは高岡さんがいいな。
ご賛同いただけますかしら?↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "おとみの妄想劇場・蜷川さんに期待"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

名残の八重桜

名残の八重桜
名残の八重桜
京都市役所前広場の八重桜が満開です。手まりのようでずっしり感あります。
御室の桜もまだ咲いてます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

歌舞伎座周辺のレトロビルヂング・銀座二丁目のヨネイビルと銀座一丁目の奥野ビル

歌舞伎座詣でのとき,定宿にしていたホテル周辺の銀座一丁目界隈のレトロビル2題のメモ。4月11日,せっかく前まで行ったので写真を掲出しておこう。いずれも,東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅すぐ。
歌舞伎座周辺のレトロビルヂング・銀座二丁目のヨネイビルと銀座一丁目の奥野ビル
ヨネイビルディング 都選定歴史的建造物
所在地    中央区銀座二丁目8番20号
建 物    建設年 昭和5(1930)年
設計者    設計者 森山松之助
構造・規模  木造一部 SRC造 6階

震災後の1930年代,ビルが林立し,銀座が大きく発展し、モボ・モガが街を闊歩していた。ヨネイビルディングは、当時建築されたオフィスビルのひとつで,時代の趣を色濃く残しているビルの一つである。外観は中世ロマネスク風の意匠で、らせん模様の柱を添えた大小のアーチ窓が,石張りの重厚な壁面に軽快なアクセントを与えている。
日帰りだけど収穫多かったです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ


続きを読む "歌舞伎座周辺のレトロビルヂング・銀座二丁目のヨネイビルと銀座一丁目の奥野ビル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホテル阪急インターナショナルのケーキ「スリジェ」はグリンダ風味

阪急インターナショナルホテルのケーキ
モンシュシュのウィキッドロールは、外が緑で中がピンクだったが、これは外がピンクのフランポワーズジャム(たぶん)で、中が緑のピスタチオムースに酸味の効いたチェリーがぎっしり。ベリー系に目がない者にはジュエリーものだ。グリンダの涙(本名はスリジェ)と命名。
ヘンリーⅥの大休憩に、ご一緒にいただいたのは、みんみんさま。着実なスケジュール管理をなさっておられ、お気に入りの演目は千秋楽も含め押さえておられ、たいへん参考になりました。
鑑賞を迷っている演目の相談に乗っていただき、ありがとうございました。
さとしさんを観たいのですがもう休みがありません〜↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

チシャ猫は太めアメショーなんだ

チシャ猫は太めアメショーなんだ
猫の写真は食事中しかチャンスが無いらしい。動物なら当然か。
チシャ猫に見えなくもないかな。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「アリス・イン・ワンダーランド」ヘレナ・ボナムさんの赤の女王が大竹しのぶさんとそっくり

Poster_red
監督:ティム・バートン
出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ

「スゥイニー・トッド」、「コープス・ブライト」等のティム・バートン監督とジョニー・デップさんが、ルイス・キャロルの不思議な世界を開く。「不思議の国のアリス」、「鏡の国のアリス」を枠組にした“それからのアリス”の“新たなる冒険”を、実写映像とモーション・キャプチャーの融合が可能にした摩訶不思議な映像世界。原作の有名なキャラクターが次々と登場するが、ティム・バートン版「アリス」の世界では、夢とは違った意志によって自由に息づく。

前日の薔薇戦争モードのまま鑑賞。「スゥイニー・トッド」のパイ屋の女将を拝見以来、ヘレナ・ボナム・カーターさんと大竹しのぶさんが似ておられることに気付いていたが、マーガレット王妃と赤の女王の符号は笑うしかない。似過ぎ!いずれも大女優であられる。
そういえば白の女王アン・ハサウェイさんはエリザベス王妃の草刈民代さん、アリスはジャンヌ・ダルク。裏切りと寝返りの家臣たちもいる。
日本が、対立軸は源平合戦の紅白の枠組を踏襲するように、英国も紅白戦なんだわ。松岡和子さんの訳で、不思議の国のアリスを読んでみよう。
最近のヘレナさん飛ばしておられます。でも、十二夜のオリビアの面影のままです。♪↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "「アリス・イン・ワンダーランド」ヘレナ・ボナムさんの赤の女王が大竹しのぶさんとそっくり"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2010年4月17日 (土)

ヘンリー六世・降りものは4種類。うち、3種類いただきました。

ヘンリー六世・昔、薔薇戦争とは紅薔薇と白薔薇を投げ合ったと思っていた
蜷川さんの6時間半、三部作一挙上演。17日、梅田芸術劇場シアタードラマシティでマチソワ千秋楽を拝見。
降りものがキーアイテムの蜷川演出だが、今回は降ったものの事後処理がもっと重い意味を持つ果敢な演出だった。
降る降る花々は、ランカスターの紅薔薇は血、ヨークの白薔薇は青ざめた頬、フランスの白百合、それと4キログラム程度の肉塊。いずれも、兵士たちの散った命の象徴のはず。写真がそれ。上向いて落ちるようがくに重しがついている。カテコで客席に投げてくださったので全種類いただいた。さすが肉塊のこしらえものはくださいませんでした。
周りが熱すぎ!ヘタレが際立つ上川さん♪↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "ヘンリー六世・降りものは4種類。うち、3種類いただきました。"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

大阪松竹座七月大歌舞伎の演目と配役が発表に!新歌舞伎もいいかも…

旬の龍馬さんです。たぶん2作目でしょうか。寺田屋お登世はもちろん吉弥丈です。松次郎さん出てくださいますよね。 義太夫、新歌舞伎、舞踊となかなかヴァラエティあります。ビジュアルも優れているはず…。2006年の正月公演を思い出します。楽しみ!

昼の部
一、妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)
   三笠山御殿

  杉酒屋娘お三輪  孝太郎
  豆腐買おむら  翫 雀
  烏帽子折求女  段治郎
  入鹿妹橘姫  春 猿
  漁師鱶七実は金輪五郎今国  愛之助

二、大原女(おはらめ)
  国入奴(くにいりやっこ)

  大原女/奴  翫 雀

三、元禄忠臣蔵
    御浜御殿綱豊卿(おはまごてんつなとよきょう)

 第一幕 御浜御殿松の茶屋
 第二幕 御浜御殿綱豊卿御座の間
 同    入側お廊下       
 同    元の御座の間
 同    能舞台の背面
  徳川綱豊卿  仁左衛門
  富森助右衛門  染五郎
  御祐筆江島  笑三郎
  中臈お喜世  孝太郎
  新井勘解由  左團次

出演者が涼しげで夏向き。演目も夏向きが欲しいかも♪〜↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "大阪松竹座七月大歌舞伎の演目と配役が発表に!新歌舞伎もいいかも…"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

和樂5月号買いました。特集は、坂東玉三郎の「ありがとう、歌舞伎座」

思いの他ページ数が割かれているので久々に購入しました。籠釣瓶,ぢいさん・ばあさん,女暫etc.仁左様のお写真もあります。
今晩は、これを見ながら,坂東玉三郎丈が、「拍手」と「掛け声」の大きさに合わせてボリュームが変幻自在になり,「あくび」と「居眠り」で鬼神化なさる「ハクション大魔王」現象について考察してみよう。
表紙が変わってから初めての購入デス。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "和樂5月号買いました。特集は、坂東玉三郎の「ありがとう、歌舞伎座」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

今年の片岡我當一門の巡業は新口村

大阪市民歌舞伎が歌舞伎美人に掲載されている。ひと月程度の巡業の通過点だが、いつどこで何度観ようか気になるところ。一回はキープっと。

巡業
平成二十二年度大阪市民歌舞伎
歌舞伎・その美と歴史への招待
平成22年6月12日(土)
一、歌舞伎へのご案内
   解説  坂東 薪 車
二、恋飛脚大和往来(こいびきゃくやまとおうらい)
     新口村の場
     孫右衛門  片岡 我當
     傾城梅川  上村 吉弥
     亀屋忠兵衛  片岡 進之介
若者の封印切ダイジェストがいいのよねえ。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "今年の片岡我當一門の巡業は新口村"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

三菱一号館美術館のマネ展

三菱一号館美術館のマネ展
11日に寄りました。待ち時間無しの時間指定入場券は旅行者に便利。入口は通り側のこちら。
三菱一号館美術館のマネ展
お馴染みのきら星のような名絵画揃いです。あの時代の風俗に心騒ぎます。熱く洒脱でリアリティーあふれるドラマあります。昨年秋の丸の内一丁ロンドン展(ストイックで良かったデス。)をイメージしていたので時間不足となりました。
美術館は観劇の合間に駆け抜けるものではありません。しゅーん。
エシレのマドレーヌにはありつけそうにないです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "三菱一号館美術館のマネ展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

これがモン・シュシュのウィキッドロール・ホール

これがモン・シュシュのウィキッドロール・ホール
ムフフ…。ホールを購入〜。ロールのスポンジはエルファバの緑で抹茶、生クリームとホワイトチョコクリームに、フランボワーズジャムが練りこまれ、グリンダのイメージのイチゴが入っている。
□販売場所 大阪四季劇場飲食売店 1カット 400円
         モンシュシュ堂島本店・肥後橋店(ロール販売のみ/1本 1,680円)

ホールをまるかぶり♪〜の予定がなんでこんなに減ってんねん!
モン・シュシュはミルフィーユが華やかテイストよ。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

御名残四月大歌舞伎・第三部・私的是切歌舞伎座

御名残四月大歌舞伎・第三部・マイラスト
御名残四月大歌舞伎・第三部・マイラスト
涙で滲んででますが残り20です。いつもきれいに撮れるのに…。
玉様揚巻、南座顔見世のときの4倍くらいの大きさになったはりました。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "御名残四月大歌舞伎・第三部・私的是切歌舞伎座"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サウンド・オブ・ミュージック初日・デジタルリマスター映画を見るようなロイド・ウェバー版。

サウンド・オブ・ミュージック初日・デジタルリマスター映画を見るようなロイド・ウェバー版。
ハイクォリティで品格あります。
子どもたちのパフォーマンス、シスターのコーラス、マリア先生の健闘、大佐の恋心。もう、プロローグから涙ぽろぽろでした。全ての山に登れはめちゃくちゃ感動しました。
カテコのご挨拶は芥川大佐(お髭無し?)。先代トニーだわ♪↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ


続きを読む "サウンド・オブ・ミュージック初日・デジタルリマスター映画を見るようなロイド・ウェバー版。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新緑が美しい根津美術館・歌舞伎座は任せて安心、隈研吾氏

新緑が美しい根津美術館
新緑が美しい根津美術館
いつか訪れたいと思っていた根津美術館。ジミハデを地でゆく瀟洒な佇まいだ。
美実館はこれくらいの密度がいいです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "新緑が美しい根津美術館・歌舞伎座は任せて安心、隈研吾氏"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

文楽4月公演・妹背山女庭訓通し

文楽4月公演・妹背山女庭訓通し
全編通して、初めて壮大な物語の全貌がわかったこと、あまり上演されないいくつかの良いエピソードがあったこと、メインストーリーの脈絡がわかったことなど、文楽ならではの満足感が得られた。
山の段は人間国宝5方揃い踏みで豪華の極み。簑助さんが雛鳥をなさってるので、雛鳥がただのお姫さまでなく、お三輪ちゃんと対等のヒロインと初めてわかったのが大収穫だった。
文雀さんの雛流しは号泣もの。腰元たちも頑張りました。
全体的に一点豪華主義になっているのは是非はあると思われる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

国立文楽劇場前の葉桜

国立文楽劇場前の葉桜
暑いくらいの今日の大阪。第一部は満席で補助席も発売。
山の段は桜とともに、人間国宝の至芸の花が満開。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "国立文楽劇場前の葉桜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は葉桜おとみ・岩崎弥太郎縁の大阪西長堀土佐稲荷

今日は葉桜おとみ・岩崎弥太郎縁の大阪西長堀土佐稲荷
今日は葉桜おとみ・岩崎弥太郎縁の大阪西長堀土佐稲荷
境内地に暖かな日差しが…。桜も祭も今夜限りと思われる。弥太郎邸は隣接地ねようだが再開発計画のため碑文はこちらち移設されている。
京都の土佐稲荷からは想像を絶する広さ!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "今日は葉桜おとみ・岩崎弥太郎縁の大阪西長堀土佐稲荷"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

能楽のシテみたいな枝下桜は琵琶湖ホテル前のもの

能楽のシテみたいな枝下桜は琵琶湖ホテル前のもの
毎日車窓から眺めていたが、ちょっとカメラを向けに下車してみた。30年後が楽しみなお兄さんってところかな。
湖畔は寒い!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "能楽のシテみたいな枝下桜は琵琶湖ホテル前のもの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜桜おとみは毎日が花見

夜桜おとみは毎日が花見
夜桜になる理由は、職場を出る時間が遅いから…。昼のほうがいいに決まってる。高瀬川は遅くまで投光してくれているのがありがたい。
この辺もだいぶ落ち着いてきてます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

衣笠の平野神社は若者の花見スポット

若者の花見スポットは衣笠の平野神社
平野神社の桜祭は4月10日だが、今夜が満開かもと立ち寄ってみた。大正解で、花びらは散ってないのが不思議なほどの正真正銘の満開。咲くときも散るときも一斉というのは生物的にはリスキーなのではないかしらん?境内の樹木がほとんど桜というのも潔すぎるかも。
さて、衣笠は、大学のまちだけあって、若い方々が盛り上がっておられる。若くない世代の宴会は、地元の皆さんの集まりなのか、和気あいあいといい感じだ。
若者は街の花♪↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "衣笠の平野神社は若者の花見スポット"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今週から福井さんは55Steps

あ、うれし!
坂田さん、斎藤さんも復帰。今どこにいたはるんやろ。とにかく4月中に追いつかなくては…。
5月は北海道ツアーみたい!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

春の装いの高瀬川一之船入

春の装いの高瀬川一之船入
満開て花曇り、気だるい感じがいいみたいです。
この景色は散りぎわがいいのよね。花吹雪と花筏♪↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "春の装いの高瀬川一之船入"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

相対的浮世絵・後ろめたさのない人生なんてないんだ~

Photo_2
戯曲:土田英生
演出:G2
出演:岬達明/平岡祐太、岬智明/袴田吉彦、関守/安田顕、遠山大介/内田滋、野村淳/西岡德馬
あらすじ
とある地方都市の公園墓地の夕刻。中年の会社員・岬智明と高校教師の関守は高校時代の同じ卓球クラブ員だ。二人の身辺には最近、15年前の部室の火災で落命した同学年だった遠山大介、岬智明の弟の達明の亡霊が出没していた。今日は4人がこの公園墓地で落ち合うことになっている。智明は不倫と使い込み、関は女子高校生との交際と、公私にわたるトラブルを抱え抜き差しならない状況にあった。
なぜか、達明と遠山は、智明を助けてくれるという。関もいろいろ世話になっているようだ。
うしろめたい気持ちを抱えながら、遠山と達朗からの救いの手を頼りにするようになる二人。わだかまりがないかに思えた4人だったが、15年前の事故の真実と向き合うことは避けて通れないことに…。物語はサスペンスタッチで進む。
にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
休憩無しの2時間。一触即発の緊迫感とさぶいギャグのバランスがぜつみょー↑よかったら、ポチッお願いします♪

続きを読む "相対的浮世絵・後ろめたさのない人生なんてないんだ~"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

図書館で借りた本0404

写真
□侵犯するシェイクスピア 本橋哲也
□シェイクスピアの歴史劇 井上准治
□信長の棺 加藤 廣
□謎手本中心蔵・上 加藤 廣
□項羽と劉邦・上 鄭飛石
□お家さん・上 玉岡かおる
□アヴェンジャー・上 フレデリク・フォーサイス
□血の婚礼 フェデリコ・ガルシア・ロルカ
□ヴェネツィアの悪魔・上 デヴィッド・ヒューソン
□コースト・オブ・ユートピア トム・ストッパード
返す期限は守ります。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

夜桜でない桜と夜桜

夜桜でない桜夜桜
これはマンションの屋外遊園の桜。今夜はライトアップしてお花見♪↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "夜桜でない桜と夜桜"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

花のあと

Photo
監督:中西健二
原作:藤沢周平
脚本:長谷川康夫、飯田健三郎
キャスト:北川景子、甲本雅裕、宮尾俊太郎、市川亀治郎、柄本明、國村隼他
あらすじ
「たそがれ清兵衛」、「武士の一分」、「蝉しぐれ」、「隠し剣鬼の爪」などで中高年男性に圧倒的人気の藤沢周平氏による短編時代小説を、「青い鳥」の中西健二監督が映画化。
舞台は御馴染の海坂藩。上級藩士の一人娘以登は、父の慈愛を受け、女ながら藩で有数の使い手となっていた。以登は、剣の腕は立つが下級藩士の部屋住みの孫四郎と、父の検分で果たし合いを行った。孫四郎のまっすぐな太刀筋と女だからと手加減しない気性に激しい恋をしてしまう。しかし、以登には許嫁があり、孫四郎も上級武士の家へ婿入りしてしまった。思いを断ち切った以登に、突然、孫四郎が江戸で御役目をしくじり切腹したという知らせが届く。

ただ一度の果たし合いという邂逅に、命を賭けた激しい恋をする娘というプロットが藤沢周平氏の武家ものらしくて男も女も惹かれる。北川さんの以登は、きりっと意志的で一途で好演だ。バレエ界出身の宮尾さん、歌舞伎の亀治郎丈が助演というのも殺陣に花を添えていていい感じ。藤沢ものは、安心して見ていられるところがいいのかも。
亀治郎丈は卑怯かつ好色のとんでも野郎だが、似合っておられた。
全編を桜が彩り、美しい日本を感じさせてくれます。でも、もう上映は終わりのようです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円山公園のしだれ桜・花王と書いてさくらと読むんだったとナットク

円山公園のしだれ桜・花王と書いてさくらと読むんだった
咲く前からライトアップされてましたが、まもなく満開です。雨に濡れてしっとりとした風情。なんか凄いです。
造形芸術を観るような気がしますが自然の力なんですね。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "円山公園のしだれ桜・花王と書いてさくらと読むんだったとナットク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御名残四月大歌舞伎に上村吉太朗ちゃんが揚巻の禿で出演

美吉屋公式ページに掲載されてました。
吉弥丈は琴平座に御出演ですが、吉太朗ちゃんは、歌舞伎座で玉様揚巻の禿をさせていただくそうです。純弥さんは吉太朗ちゃんに付いて歌舞伎座で、吉弥丈はまたまたおひとりですね。
それにつけても、吉太朗ちゃんに一度は歌舞伎座の舞台を踏ませてくださるお心遣いがありがたいです。
もうもう歌舞伎の神様のような御方であられます。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

祇園新橋の夜桜は絵画的

祇園新橋の夜桜はやはり格別
七分咲きです。人は少なめですが、次の土日が見納めと思われます。この時期は見物に忙しいです。
人工的で妖艶な美しさに、桜と女人を愛した先人に、ひととき思いを馳せます。
雪も桜もマジシャンです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

続きを読む "祇園新橋の夜桜は絵画的"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »