« 抱擁のかけら | トップページ | 第18回南座歌舞伎鑑賞教室・美吉屋の国訛嫩笈摺は当代一・泣くより他のことぞなき »

2010年2月15日 (月)

美女と野獣は、大井町の四季劇場「夏」へ

京都で1年のロングランだったので、東京も同じくらい頑張れるかな。飯田さん、痩せられたら悲しいので、ビーストはトリプルキャストでお願い。

それと画期的なチケットレスシステムが導入されるらしい。会員証で自動改札を通過、観劇マイレージが貯まる、オープンチケットの発売など尋常でない観劇行動を助長するもののようだ。
幸いワタクシは美女と野獣に習慣性はないが、依存性の発症が怖い演目もあるので…。
にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
一極集中と地方に還元お願いします。↑よかったら、ポチッお願いします♪

それにつけても、今週のキャッツのキャストはみな未定なのは何かわけありなのかしらん。
あ、京都はそれからどないしてくらはりますんやろ。

|

« 抱擁のかけら | トップページ | 第18回南座歌舞伎鑑賞教室・美吉屋の国訛嫩笈摺は当代一・泣くより他のことぞなき »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美女と野獣は、大井町の四季劇場「夏」へ:

» 四季劇場[夏] 杮落とし公演 製作発表会見 [みかん星人の幻覚]
劇団四季は、大井町に建設中の「夏劇場」杮落とし公演として、東京では15年ぶりとな [続きを読む]

受信: 2010年2月16日 (火) 07時31分

« 抱擁のかけら | トップページ | 第18回南座歌舞伎鑑賞教室・美吉屋の国訛嫩笈摺は当代一・泣くより他のことぞなき »