« バッハによる協奏曲の愉悦 in 琵琶湖ホテル | トップページ | インビクタス/負けざる者たち・マンデラ大統領、ラグビーワールドカップ大会と、美しい男たちがより美しい。 »

2010年2月11日 (木)

ゴールデンスランバー 車のエンジンかかっただけでも泣けるさ

Photo_2
監督:中村義洋
原作:伊坂幸太郎
脚本:中村義洋、林民夫、鈴木謙一
キャスト
堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之、柄本明、濱田岳、渋川清彦、ベンガル、大森南明、貫地谷しほり
あらすじ
山本周五郎賞を受賞した伊坂幸太郎の逃亡劇を、「アヒルと鴨のコインロッカー」、「フィッシュストーリー」でも伊坂作品の監督を務めた中村義洋が映画化。
野党初となる首相の凱旋パレードが行われている仙台市で、ラジコンヘリ爆弾を使った首相暗殺事件が起きた。青柳は、大学時代の旧友森田と話しているうちに現場に連れてこられていた。突然警官から発砲され、森田はオズワルドにされるぞ、生きろという言葉を残し車中で爆死する。ひたすら逃げる青柳に得体のしれない罠がせまる。

はらはらどきどきの逃亡者ムービー。しかし、この映画の主題は、人間の最後の武器は日常の手慣れたことと人を信じること、ま、自分の力と心の絆みたいなものを信じろということのようだ。
逃走中に出逢う人たちが敵か味方か分からないもの上手い。信じて味方となってくれる人たちが少なくないのがまたうれしい。ラストの大団円でそれまでの伏線が皆つながって、そやったんかというカタルシスもブラボーだ。

青春はカッコ悪かった。もっと不様な大人になっても生きててなんぼのもん!↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

仙台のまちもいい感じ。地下道の逃走劇もレ・ミゼラブルみたいで、ミュージカル好きにはツボ。

|

« バッハによる協奏曲の愉悦 in 琵琶湖ホテル | トップページ | インビクタス/負けざる者たち・マンデラ大統領、ラグビーワールドカップ大会と、美しい男たちがより美しい。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>やたけたの熊さま
若いおじさんも年寄りのおじさんもいいですね。女性の初対面の友達が少ないのは、おばさんは報道を信じやすいと作者はとらえているように思いました。
日常で培ったスキルがプロ相手に通用するのも痛快でした。

投稿: とみ | 2010年2月15日 (月) 08時20分

さきほど観てきました。

最後は人と人との繋がりがいちばん大事という主題が、ハラハラドキドキのサスペンスでまぶしてあり、うまい作りでした。

出演者、製作者が、みんなで協力して作り上げた作品のように思いました。

投稿: やたけたの熊 | 2010年2月14日 (日) 18時33分

>スキップさま
お味方になってくださった新しい友達が皆さん素敵。宮城県警のおじさん方の達観ぶりも愉快でした。ジャベール系のおぢさんはシュールでしたねえ。
このような何気に見た映画がいいとうれしいです。

投稿: とみ | 2010年2月14日 (日) 13時22分

>悠さま
こんなハッピーエンドがあるさというために、たくさんの伏線張ってあったように思います。
昔からの友人たちはさておき、新しい友達がいいですね。

投稿: とみ | 2010年2月14日 (日) 13時10分

とみさま
「習慣と信頼」がキーワード。
どんな状況でも人を信じられること、
そしてその信頼に応えてくれる人たちが
いること・・・ミステリーでありながら
人間の温かさを感じる映画でした。

青柳お父さんの伊東四朗はじめ、ベンガル、
柄本明、でんでん、竜雷太・・おじさん軍団
好きでした~。

投稿: スキップ | 2010年2月14日 (日) 03時40分

逃走=闘争なんですね。逃げるが勝ちってな戦い方なんですね。裏切ったかのような、「ロックだぜ!」って手伝ってくれる運転手さんもよかったです(^^)

投稿: 悠 | 2010年2月13日 (土) 22時59分

>かずりんさま
最近小説のチェック、さぼってます。重い感情をさりげなく伝える感性は素晴らしいです。また、ミステリーは都市も楽しめますよね。仙台、広瀬川が美しいし、行ってみたくなりました。

投稿: とみ | 2010年2月13日 (土) 12時00分

伊坂幸太郎作品を読むのも見るのも初めてだったもので
意外に泣けるお話を作られるのね~と感動感心でした!
また、読んでみたいな・・と思いました!
とみさまは伊坂さんの作品知ってらっしゃいましたか?
なんでも『仙台』が舞台・・ってのが多いらしいですよ!仙台がお好きなのかしら?

投稿: かずりん | 2010年2月13日 (土) 01時08分

>みゆみゆさま
当事者だけが分かりあえる暗号の使い方が上手で泣けました。一番は書き初めでキマリとしても、10や20は下りません。
下水道から出たところで香川さんに出てきてほしかったかも?

投稿: とみ | 2010年2月12日 (金) 12時49分

こんばんは!!
私も見てきましたよ!!
そうそう、下水道の逃亡劇は『レ・ミゼラブル』みたかったですよね!

投稿: みゆみゆ | 2010年2月12日 (金) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンスランバー 車のエンジンかかっただけでも泣けるさ:

« バッハによる協奏曲の愉悦 in 琵琶湖ホテル | トップページ | インビクタス/負けざる者たち・マンデラ大統領、ラグビーワールドカップ大会と、美しい男たちがより美しい。 »