« その木戸を通って | トップページ | 寒さ対策の強力アイテム »

2010年1月28日 (木)

のだめカンタービレ 最終楽章 前編

PhotoNodame Cantabile
監督:武内英樹
出演:上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、小出恵介、ウエンツ瑛士、ベッキー、山口紗弥加、山田優、谷原章介
原作:二ノ宮知子
おはなし
音大生の恋愛をコミカルに描いた二ノ宮知子の人気コミックをTVドラマ化し、大ヒットとなった「のだめカンタービレ」の劇場版2部作の前編。
プラティニ国際音楽コンクールで優勝した千秋は、パリの伝統ある「ルー・マルレ・オーケストラ」の常任指揮者を務めることになる。しかし、貧乏でやる気の感じられないオーケストラに愕然となるが、立て直しに取りかかる。
一方、コンセルヴァトワールの学生ののだめは、進級試験に向けて猛練習にはげんでいた。

コミックもテレビも見なくとも充分楽しめる映画。映画館で聞く音楽が、クリアーながら分厚いオーケストラで先を聞きたくなる楽しさ。チャイコフスキーの1812年の大砲付きもうれしい。
上野樹里さんは、出られているだけで回りをハッピーにしてくださるいい女優さんだ。後編も、ポイントが貯まっていたら見よう。
コンセルヴァトワールの年間学費は日本円で7万円程度だそうです。↓よろしかったらポチッとお願いしますm(_ _)m。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ

|

« その木戸を通って | トップページ | 寒さ対策の強力アイテム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>みゆみゆさま
映画は評判きいてから行けるのがいいですね。のだめは現代のエンタメに求められているものがあるのでしょう。様々な表現手段で配給される娯楽は老若男女を結ぶツールです。星の数は問題ではないと思います。

投稿: とみ | 2010年1月28日 (木) 12時56分

映画館で音楽を楽しめたのが映画化の一番の利点でしょうか?!?!
「1812年」大砲付きは私もお気に入りです!
ああいう演出は映画ならではですね。
(実際にやるとなると、機会は限定されますからねー。)

投稿: みゆみゆ | 2010年1月28日 (木) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のだめカンタービレ 最終楽章 前編:

» 『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』 [みゆみゆの徒然日記]
 原作も好きですが、ドラマも好きでスペシャル含め全部見ています。先日もスペシャルドラマの再放送があり、やっぱり映画も見なくちゃ!ということで、行ってきました〜〜{/m_0146/} 【あらすじ】 プラティニ国際音楽コンクールで優勝後、千秋は、“ルー・マルレ・オーケストラ”の常任指揮者となる。早速マルレ・オケを偵察しにいく千秋だったが、まったくやる気の感じられないオケの態度を目の当たりにして愕然としてしまう。一方のだめは、フランク、ターニャ、黒木と共にコンセルヴァトワール(音楽学校)の進級試験を控え... [続きを読む]

受信: 2010年1月28日 (木) 01時03分

« その木戸を通って | トップページ | 寒さ対策の強力アイテム »