« 公式にウェストサイド物語プロモーション動画が掲載 | トップページ | 宝塚宙組公演「カサブランカ」 in 宝塚大劇場 »

2009年11月28日 (土)

イングロリアス・バスターズ

Photo_4INGLOURIOUS BASTERDS
監督:クエンティン・タランティーノ
キャスト:米アルド・レイン中尉/ブラッド・ピット、独ハンス・ランダ大佐/クリストフ・ヴァルツ)、猶メラニー・ロラン/ショシャナ・ドレフュス、独ダイアン・クルーガー(ブリジット・フォン・ハマーシュマルク)、イーライ・ロス、ジュリー・ドレフュス、ボー・スヴェンソン他国際派スターがいっぱい。
解説:タランティーノ監督のアクション娯楽大作。ナチス占領下のフランスを舞台に、ユダヤ人捕縛の先鋒の大佐、家族を殺されたユダヤの娘、二重スパイのドイツ人女優、ナチスを血祭りに上げる特殊部隊の野郎ども、それぞれに事情を抱えたクセのある登場人物たちがそれぞれのやり方で激突するユーモアたっぷりに描く。プロットは歴史的事実を基に作り上げられているが、ストーリー展開は奇想天外の快(怪)作。

おはなし
1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナはナチスに復讐を誓った。パリの小さな映画館主となったショシャナは、映画館をナチス奉賛映画のプレミアム試写会の会場に提供する。女優のダイアンは、ナチスに潜入する英国人の片棒を担いでいたが、酒場での銃撃戦を引き起こし、自らも重傷を負う。

一方、“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれるレイン中尉率いる連合軍の極秘部隊は、次々とナチス兵を残忍な方法で血祭りにあげていた。
やがて彼らはパリでの作戦を実行に移すが…。

ランダ大佐役のクリストフ・ヴァルツさんが印象的。ありえない複雑なキャラクターを、ありそうな魅力的な軍人として演じておられる。オーストリア出身の俳優さんで、ドイツ語、英語、フランス語を流暢に話せるとか。ドイツ語、英語、フランス語、イタリア語まで使い分ける。
「面白さタランかったら全額返金しバスターズ」キャンペーンがはられているだけあって、息もつかせぬ面白さ。
物語は5部構成の凝ったつくり。女優さんがみなおキレイ。マカロニ・ウエスタンのサントラなどをそのまま使った音楽の使い方も遊び心がいっぱい。
戦争ものでも、軍事ミステリーでも、アクションでもなく、娯楽大作としかいいようのない映画だ。何と言っても映画でしか表現できない娯楽性にブラボー。テレビ番組やコミックの映画化も悪くないが、映画は先導的なソフトの提供者であってほしいと考えさせてくれる逸品。
にほんブログ村 演劇ブログへ
女優さんのお衣裳、メイクも見もの↑よかったらポチッお願いします。

|

« 公式にウェストサイド物語プロモーション動画が掲載 | トップページ | 宝塚宙組公演「カサブランカ」 in 宝塚大劇場 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>花かばさま
凝りに凝ってましたね。途中から、ほんまにどないなるんやとどきどきはらはらでした。
奇想天外バンザイ\(^O^)/です。

投稿: とみ | 2009年11月29日 (日) 12時50分

私も行きました。

近くに映画館が無いので、1時間かけて横浜まで。

予告編で、期待して、期待通りでした。

投稿: 花かば | 2009年11月29日 (日) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イングロリアス・バスターズ:

« 公式にウェストサイド物語プロモーション動画が掲載 | トップページ | 宝塚宙組公演「カサブランカ」 in 宝塚大劇場 »