« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月28日 (土)

イングロリアス・バスターズ

Photo_4INGLOURIOUS BASTERDS
監督:クエンティン・タランティーノ
キャスト:米アルド・レイン中尉/ブラッド・ピット、独ハンス・ランダ大佐/クリストフ・ヴァルツ)、猶メラニー・ロラン/ショシャナ・ドレフュス、独ダイアン・クルーガー(ブリジット・フォン・ハマーシュマルク)、イーライ・ロス、ジュリー・ドレフュス、ボー・スヴェンソン他国際派スターがいっぱい。
解説:タランティーノ監督のアクション娯楽大作。ナチス占領下のフランスを舞台に、ユダヤ人捕縛の先鋒の大佐、家族を殺されたユダヤの娘、二重スパイのドイツ人女優、ナチスを血祭りに上げる特殊部隊の野郎ども、それぞれに事情を抱えたクセのある登場人物たちがそれぞれのやり方で激突するユーモアたっぷりに描く。プロットは歴史的事実を基に作り上げられているが、ストーリー展開は奇想天外の快(怪)作。

おはなし
1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナはナチスに復讐を誓った。パリの小さな映画館主となったショシャナは、映画館をナチス奉賛映画のプレミアム試写会の会場に提供する。女優のダイアンは、ナチスに潜入する英国人の片棒を担いでいたが、酒場での銃撃戦を引き起こし、自らも重傷を負う。

一方、“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれるレイン中尉率いる連合軍の極秘部隊は、次々とナチス兵を残忍な方法で血祭りにあげていた。
やがて彼らはパリでの作戦を実行に移すが…。

ランダ大佐役のクリストフ・ヴァルツさんが印象的。ありえない複雑なキャラクターを、ありそうな魅力的な軍人として演じておられる。オーストリア出身の俳優さんで、ドイツ語、英語、フランス語を流暢に話せるとか。ドイツ語、英語、フランス語、イタリア語まで使い分ける。
「面白さタランかったら全額返金しバスターズ」キャンペーンがはられているだけあって、息もつかせぬ面白さ。
物語は5部構成の凝ったつくり。女優さんがみなおキレイ。マカロニ・ウエスタンのサントラなどをそのまま使った音楽の使い方も遊び心がいっぱい。
戦争ものでも、軍事ミステリーでも、アクションでもなく、娯楽大作としかいいようのない映画だ。何と言っても映画でしか表現できない娯楽性にブラボー。テレビ番組やコミックの映画化も悪くないが、映画は先導的なソフトの提供者であってほしいと考えさせてくれる逸品。
にほんブログ村 演劇ブログへ
女優さんのお衣裳、メイクも見もの↑よかったらポチッお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

公式にウェストサイド物語プロモーション動画が掲載

シャーク団編だか、高木マリア、萩原ベルナルドだけでなく、荒川リフ、福井トニーが登場し、一触即発のパーティー会場の雰囲気を伝えている(のかな)。
台詞間違えてますよ。福井さん。和みます。

続きを読む "公式にウェストサイド物語プロモーション動画が掲載"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

宝塚雪組公演「雪景色」 in 宝塚バウホール

Photo_3バウ人情噺『雪景色』
作・演出:谷正純
出演:早霧せいな、沙央くらま、舞羽美海、大凪真生、大月さゆ、汝鳥伶、飛鳥裕

3話からなるオムニバス形式の人情ドラマ。第1話『愛ふたつ』は上方落語「幽霊の辻」を基にしたラブコメ、第2話『花かんざし』は江戸人情噺、第3話『夢のなごり』は源平幻想舞踊劇。主演2人は役変わりで6役を演じる。

第1話「愛ふたつ」で、怖がりの小間物屋小四郎を演じるのは早霧せいな、美人の女房お咲に舞羽美海、お咲に思いを寄せるちゃっかりものの三五郎に沙央くらま、世話好きの大家に汝鳥伶。落語ベースなので長台詞で小道具を使いこなさなければならないシーンが続く。あの汝鳥さんでも台詞を間違えて大受けしたくらいだ。

第2話の「花かんざし」では、江戸処払いになった飾り職人が人情の機微に触れ、わだかまりが氷解する姿を描く一幕もののストプレ。寡黙な主人公・伊左次(くらま)、饒舌な岡っ引き吉蔵(せいな)。これは、役替わり舞台が見てみたくなった。

第3話は舞踊劇「夢のなごり」。源氏の追手から逃れて平重盛の子息と姫を奉じて森に潜んでいる平家の兄弟(くらま&せいな)の愛の行方はという主筋。殆ど幻想的な舞踊で綴られる。主演二人は、見た目は申し分ないので舞踊頑張って欲しいところ。美声のヴォーカルを配して欲しかったかな。

みどり狂言を見せていただいたお得感かあるいい公演だった。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
雪組を定点観測しています。↑よかったら、ポチッお願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

国立文楽劇場本日千秋楽・心中天網島を拝見・おさんさまには申し訳おませんが紙治はんはあてのもん

国立文楽劇場本日千秋楽
天皇皇后両陛下もご覧になった錦秋公演も本日千秋楽。一座は東京、博多と回られ、帰って来られるのはお正月だ。
今日の夜の部は、補助席も出る大盛況だった。珍しく最前列センターのセレブ席で、人形遣いさんの至芸に酔わせていただいた。

にほんブログ村 トラコミュ 文楽へ
文楽
破滅願望に火をつけてくれる勘十郎治兵衛でした。↑よかったら、ポチッお願いします♪

続きを読む "国立文楽劇場本日千秋楽・心中天網島を拝見・おさんさまには申し訳おませんが紙治はんはあてのもん"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

なくもんか

Nmk_ma1_large監督:水田伸生
脚本:宮藤官九郎
キャスト:阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、片桐はいり、いしだあゆみ

クドカン、阿部サダヲコンビによる舞妓Haaaan!!!に続くスラップスティックムービーのはず。実は、ウェルメイド、ハートウォーミング、ヒューマンコメディだ。

極道オヤジのため、艱難辛苦の少年時代をすごし、惣菜屋の店主と人気お笑いタレントになっている阿部と瑛太が巻き起こす大騒動のなかに、泣けて笑える話しがぎゅうぎゅう詰まっている。
ミュージカルシーンや怪しいCGアニメや劇画風字幕が欲しかったところだか、もうそんなものに頼っておられないのだろう。
すべての役者さんがハイテンションでクドカンの世界の住人なさってました。
阿部さん。ええ役者さんや!
にほんブログ村 演劇ブログへ
別人になって帰ってくる総菜屋の娘役の竹内さん見なおしました!↑よかったらポチッお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

印獣 in シアター・ドラマシティ・シュールな大女優は超きゅーと

Photoパルコプロデュース、宮藤官九郎脚本、ねずみの三銃士シリーズ第2弾。生瀬勝久、池田成志、古田新太の3人に大女優役で三田佳子が登場、助演に岡田義徳、上地春奈。
おはなし
ケータイ作家、フーゾクルポライター、絵本作家の3人は編集者の児島に印税生活ができると騙され、とある地下室に監禁の身となる。そして、首謀者の自称大女優のイカれた女に回顧録を書くよう強要される。見張りの児島とマネージャの女も尋常ではない。

他人に起こればありそうで笑え、我が身に起これば怖い話がシュールに積み重なる。クドカンさんのお手並みは見事。歌、コスプレ、アクション、スプラッター、はちゃめちゃな映像、爆笑の字幕と、十分楽しませていただいて、ラストは衝撃と申し分なし。謎が徐々に解き明かされるサスペンス感も心地よい。
主演3人が意外に大人しく、客演の3人が大爆発、ぶちギレモードだったのがうれしい。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
あまり観客席から転げ落ちている方おられませんでした。なんでやろ。↑よかったら、ポチッお願いします♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

この浜大津駅の混雑はなんでしょ

この浜大津駅の混雑はなんでしょ
ありえない混雑の理由は、京都市内に流入するマイカー観光客を周辺のターミナルで吸収する取り組みだ。
にほんブログ村 演劇ブログへ
紅葉は最高潮よ!↑よかったらポチッお願いします。

続きを読む "この浜大津駅の混雑はなんでしょ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

ゼロの焦点

Zero_ma2_large










監督:犬童一心
キャスト:広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、杉本哲太、黒田福美、市毛良枝、鹿賀丈史
解説:今年生誕100周年を迎える社会派ミステリーの巨匠、松本清張の同名傑作小説を映画化。『グーグーだって猫である』の犬童一心監督作品。『おくりびと』の広末涼子、『嫌われ松子の一生』の中谷美紀、『ぐるりのこと。』の木村多江と、3人の個性的な女優が競演。
おはなし
昭和33年、禎子は憲一と見合い結婚をした。結婚式から7日後、仕事の引き継ぎのため金沢に向かった夫は失踪した。夫の消息を追い金沢へと旅立った禎子は、憲一の得意先で煉瓦工場を経営する室田とその妻、従業員の久子に出会う。
憲一の兄も金沢に弟の行方をたずねてくるが、何者かに殺害されたのを端緒に、連続殺人事件が起きる。
にほんブログ村 演劇ブログへ
ジェーン・エアやレベッカみたいな映画だわ。↑よかったらポチッお願いします。

続きを読む "ゼロの焦点"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

福岡シティ劇場55Steps本日開幕・ん、福井さんは3枠だ。

公式に、出演経験者でも異なる枠の者もおられるとあった。もちろん、加藤さんはびしっと出演されている。
ヴォーカルパート
金森 勝、高井 治、福井晶一
井上智恵、鈴木ほのか、木村花代

と、いうことは、ノートルダムの鐘で高い所に登るんだわ。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
いろいろな歌が聞けるのでいいかも。↑よかったら、ポチッお願いします♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

福岡シティ劇場55Steps まもなく開幕・ん、福井さんだ。

公式の稽古場写真にそのお姿が…。
キャッツ、ウェストサイド、アイーダの三つを押さえておけば外れないと思ってましたが、そうきましたか。
この際、全国ツアーも続投でお願いします。p(^^)q
びわ湖ホールでお待ちしています。^ロ^;チホウデウケニクイハイユウサントオモウンデスガ

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
冷静にあれこれ思案中。↑よかったら、ポチッお願いします♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

沈まぬ太陽

Sub6_large













監督:若松節朗
プロデューサー:岡田和則、越智貞夫、井口喜一
製作総指揮:角川歴彦
原作:山崎豊子、脚本:西岡琢也
出演:渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二
山田辰夫、香川照之、木村多江、西村雅彦、宇津井健他
おはなし
昭和30年代。ナショナル・フラッグ国民航空社員の恩地は、労働組合委員長を務め、労働闘争を行った結果、懲罰人事の処分を受け、カラチ、テヘラン、ナイロビと9年を超える海外勤務を命ぜられた。家族の苦悩は深く、恩地は焦燥と孤独に追いつめらる。共に闘った同期の行天は、組合を抜けて幹部職員の道を選ぶ。
本社へ復帰を果たした後も恩地の不遇は続いていた。そんななか、航空史上最大のジャンボ機墜事故が起きた。被害者の世話係を命じられた恩地だったが、組織の建て直しを図るべく就任した国見新会長の直属の配下となる。
にほんブログ村 演劇ブログへ
タイムリーなのか、バッドタイミングなのか。↑よかったらポチッお願いします。

続きを読む "沈まぬ太陽"

| | コメント (13) | トラックバック (0)

寝ているフィガロを起こしたら怒られた

寝ているフィガロを起こしたら怒った
気晴らしにお稽古の後でフィガロを起こして遊ぼうと思ったが機嫌が悪かった。
にほんブログ村 演劇ブログへ
ナットク!↑よかったらポチッお願いします。

続きを読む "寝ているフィガロを起こしたら怒られた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図書館で借りた本1115

図書館で借りた本1115
□ 親不孝長屋 縄田一男 選
□ 七つの棺 折原 一
□ 鈍獣 宮藤官九郎
□ くろふね 佐々木 譲
□ 仮名手本忠臣蔵 服部幸雄 編
□ 遊女のあと 諸田玲子
□ 日月めぐる 諸田玲子
□ 東京 都市と建築の130年 初田 亨
□ 再生名建築 鹿島出版会
□ 別冊太陽 太宰 治

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

真夏の夜の夢 in 沖縄ムービー

O0800051510185029398










真夏の夜の夢
原作:W.シェイクスピア
監督・脚本:中江裕司
出演:柴本幸、蔵下穂波、平良とみ、平良進
シェイクスピアの真夏の夜の夢を現代の沖縄に翻案したやさしさいっぱいの沖縄ミュージカル映画。
ゆり子は、東京で恋に行き詰まり、故郷の小さな島に帰ってきた。ゆり子は幼い頃、沖縄パックの精霊マジルーと話ができる唯一の人間だった。
さて、島の青年たちは村長の息子の結婚式のため、祝婚劇の稽古に余念がないが、戻ってきたゆり子を主演女優にまつり上げる。そこへ東京から男が追ってくる。ゆり子を守るマジルーは、恋の妙薬を手に大奮闘!
にほんブログ村 演劇ブログへ
妖精たちとは共棲したいです。↑よかったらポチッお願いします。

続きを読む "真夏の夜の夢 in 沖縄ムービー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

ありえ~ない~

キャッツ
やっぱり書いてしまおう。

街には、福井さんのポスターがあふれていて、会場では、御本人のさわやかなたたずまいを拝見したのに、初版のプログラムにはお名がない。
小屋の中のゴミには、歴代劇場のアルバムが読めるようになっていて懐かしかった~。全国、福井さんが出ない小屋はなかったのに〜。是非もなし。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
応援あるのみ!↑よかったら、ポチッお願いします♪

続きを読む "ありえ~ない~"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホテルニューグランド in 山下公園

ホテルニューグランド in <br />
 山下公園
みなとみらい線終着駅元町・中華街で下車すぐ。山下公園の真向かい1区画を占めている横浜の顔ともいえるホテルである。
関東大震災で崩壊し廃業した横浜を代表する外国人向けホテルであったグランドホテルにちなんでおり、今で言う第三セクター方式で復興事業として建設された。設計者は,後に,第一生命館や東京国立博物館を手掛ける渡辺仁氏。
1927年築の本館は,クラシックホテルの代表例として名高い。皇室や英国王室といった賓客が数多く訪れ,1945年に来日直後のマッカーサー元帥が滞在したことでも知られている。
また,食文化の発祥の地でも有り,ドリアや、ナポリタン、プリンアラモード等の料理を生み出したとされている。
雨に煙ったなかにあっても色づく銀杏並木に映え,毅然とした佇まいを見せている。
にほんブログ村 演劇ブログへ
開国150年、横浜はモデルなんだ〜。↑よかったらポチッお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

横浜中華街はビッグでした

横浜中華街はビッグでした
横浜中華街はビッグでした
おとみは少食だ。食文化水準は超低空飛行の風知草だか、ハマの中華街には心が踊る。キャッツ開演まで1時間しかなかったので通りを走った。それでも人気のあんとそばの内外が逆転したオムソバのような焼きそばをいただいた。
同行者は、特大肉まんのがわの中に焼ビーフンが入ったものをぱくついていたが熱そう。
にほんブログ村 演劇ブログへ
困ったことにおとみは猫舌だった。↑よかったらポチッお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

みなとみらい21のドック・ヤード

みなとみらい21のドック・ヤードみなとみらい21のドック・ヤードみなとみらい21のドック・ヤードみなとみらい21のドック・ヤード
今年開港150周年を迎えた横浜港。はじめの35年は港に必要なインフラがなかった。1896年に,横浜船渠会社が着工し,2号ドックは1897年,1号ドックは1999年に竣工した。
関東大震災にも耐えた石造の両ドックだったが造船所は昭和の恐慌で三菱重工業に吸収された。戦後の日本の造船を支えていたが,船の大型化に対応しきれず1973年に閉鎖された。
しかし,横浜市のみなとみらい21計画において,歴史的資産として再生され,1号ドックには帆船日本丸が停泊し,2号ドックはイベントスペースとして活用されている。
信じられないどしゃぶりの雨の中だったが土木構築物としての石材の重みには見るものの心を振るわせる何かがある。
にほんブログ村 演劇ブログへ
地下レストランなどのサンクンガーデンにもなっているのは少しかわいそう↑よかったらポチッお願いします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

CATS in 横浜・本日開幕

CATS in 横浜・本日開幕
CATS in 横浜・本日開幕
CATS in 横浜・本日開幕
みなとみらいの一角・新高島駅前のキャノン・キャッツ・シアターが本日開幕。運良く初日を観劇することができた。
公式ブログなどで先発は予告されていたが、初日、しかも劇場もこけら落としなので、どきどき感がいっぱいだ。キャッツシアターならではのゴミに横浜バージョンが登場するだけでなく、装置や小道具にも御当地へのこだわりが楽しい。
観客プラス招待客に随行と、ホワイエは通勤電車のような混雑だったがこれもこけら落としの風物だ。舞台の初日ならではの折り目正しさも、珍しいものと楽しんできた。
劇場の空気を振るわせる早水さんの歌唱にいつものことながら感涙(;_;)

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
初日ならではのうれしいことはこれだけではなかった!キャハッ!↑よかったら、ポチッお願いします♪

続きを読む "CATS in 横浜・本日開幕"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コーラス・ライン in 自由劇場

コーラス・ライン in <br />
 自由劇場
11日、マチネを観劇。ウイークデーマチネは、本当に贅沢な時間だ。
幾度拝見しても必ず同じように泣く。しかも、タイミングがどんどん早くなる。今期の公演には、ザックに深見さんというもうどうにでもしてくれ〜という美声の俳優さんがキャスティングされているので、もうあきません。泣いていない時間の方が短い。
深見ザックは、熱血漢で若者たちと共振する心を持ち、人間味がバーンと前面に出る。あやしいめのダンスも好感が持てる。
君たちは素晴らしい。いい1日をありがとうという台詞があるがそれはそのまま観客の心だ。
歌でも感動をとる坂田さん、際立つ美貌の増本さん、際立った台詞術の田邊さんなどに加え、若いみなさんの渾身のダンスと迫真の演技が光る良い公演だった。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
今年はコーラス・ラインの当たり年!↑よかったら、ポチッお願いします♪

続きを読む "コーラス・ライン in 自由劇場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

キャッツアイの猫リングを久々に登場させる

キャッツアイの猫リングを久々に登場させる
福岡シティ劇場でウェストサイド物語が千秋楽を迎えた。公式にカンパニーのみなさんのいい笑顔の写真が掲載されていたのでうれしいが、一度も行かなかったのでちょっと淋しい。
トニー完投の福井さん、いよいよエジプト凱旋か、マンハッタンに残留か、横浜のゴミ置き場か。明日はきっと客席のはず(^^ゞ
あ、もちろん、見るのは舞台です。
にほんブログ村 演劇ブログへ
モーニングティは濃いめ!↑よかったらポチッお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

A.ロイド・ウエッバーの「サウンド・オブ・ミュージック」が劇団四季で上演とか!

『サウンド・オブ・ミュージック』上演決定!
9日制作発表があったと公式に記載。
マリアは井上さん、トラップ大佐は芝さん、修道院長に早水さん、シュレーダー男爵夫人に坂本さんと、メインキャストも発表になっている。ロイド・ウエッバーの新曲も付加されてすんごいブラッシュアップがされているんだ~。

それはそうと2月には55stepsがびわ湖ホールで上演されるんだけどぉ。ドレミの歌はどなたでしょ。
にほんブログ村 演劇ブログへ
ロングランしそうだけど早よ行こ!↑よかったらポチッお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

反逆児 in 大阪松竹座

反逆児 in <br />
 大阪松竹座
7日(土)マチネを拝見。
平幹二朗さんは、春の「その男」に続き、二度目の脇役、しかも慈父役だ(^O^)。また、中村獅童丈にとっては、叔父上の萬屋(中村)錦之助丈の当たり役の人気狂言の1ヶ月の座長公演と、めでたい能書きが多い公演だ。
えーと、ワタクシは2001年9月、新橋演舞場で市川團十郎丈と当時は新之助だった海老蔵丈で、新歌舞伎版「築山殿始末」を拝見している。それと思って出かけたら、徳川信康の青春を中心に描かれた、同じ小説を原作とする弟版の戯曲のようだ。
若き日の中村錦之助丈のありえないほどさっそうとしたかっこよさを前提にしたものだけに、現代では、素直に受け入れにくいかもしれない。
そこは獅童さん。器量に恵まれながらも、溺愛、過度の期待、警戒、嫉妬といった周りの思惑に押し潰されそうになり荒れ狂う若武者として、共感と感情移入しやすい人物として演じておられた。若者どうしの乱闘が見所。
よかったですよ!
父子ね絡みが少ないことだけが残念〜。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
大阪松竹座に葵の御旗が…↑よかったら、ポチッお願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

JR秋の関西1day 切符にはおまけにミシガンが付いています

JR秋の関西1day<br />
 切符にはおまけにミシガンが付いていますJR秋の関西1day<br />
 切符にはおまけにミシガンが付いています
1日2,900円なので、青春18きっぷより値は張るし、全国どこでもというわけではないが、おまけとして、フリー切符・阪堺電車等又は京津線+遊覧船ミシガンがついてくる。
冬が訪れる前のひとときの琵琶湖の輝きは、見慣れた地元もんでも感動する。特に浜大津港は、虹の掛かる仕掛けがあって、虹の彼方へ出航する雰囲気が味わえる。♪〜オーバーザレインボウ〜

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

世界遺産姫路城が大修理・取り急ぎ見に行く

世界遺産姫路城が来年の春から大修理・取り急ぎ見に行く世界遺産姫路城が来年の春から大修理・取り急ぎ見に行く世界遺産姫路城が来年の春から大修理・取り急ぎ見に行く世界遺産姫路城が来年の春から大修理・取り急ぎ見に行く世界遺産姫路城が来年の春から大修理・取り急ぎ見に行く
今も修理工事は行われているが、見学は可能だ。大修理中は素屋根をかけ、外部足場から見学させてもらえるプランもあるとか。
白い鷹や富姫さまの目線でお城が見られると想像すると少しうれしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

歌舞伎座の代わりに播州赤穂へ・やはり忠臣蔵が見たいぞ

播州赤穂・赤穂城の門播州赤穂・赤穂城の門播州赤穂・赤穂城の門
写真は赤穂城の大手門。
歌舞伎座さよなら公演・顔見世興行で仮名手本忠臣蔵が豪華配役で上演中だ。見たくないわけがない。見たいがちょっと我慢(;´∩`)。そういえば、来年、大阪松竹座で、坂田藤十郎丈が全段主演を務められるという奮闘公演がある。
いつも、いっぺん、終点まで行って見たかった播州赤穂行き新快速に乗ってみた。
はい、これこれ、これが、段の切りに登場する大手門。なるほど、映画も撮れる。城内は整備が進んでいてくつろぐことができる。

続きを読む "歌舞伎座の代わりに播州赤穂へ・やはり忠臣蔵が見たいぞ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

初春文楽公演の演目が発表になっていた

第1部
二人禿
彦山権現誓助剣
壺坂観音霊験記

第2部
伽羅先代萩
お夏清十郎 寿連理の松
日高川入相花王

お正月も楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

50万ヒット通過御礼!リクエストエントリ承ります!

風知草、恒例行事です。2日(月)の午前中に、50万ヒットしそうです。→
つきましては、以下のとおり、リクエストエントリ募集要綱をあげておきますので、そんなんいらんとおっしゃらず、キリ番踏まれた方にリクエストエントリを作成させていただきますので、よろしくお願い致します。(*´v゚*)ゞo(_ _)oペコッ
50万から要綱を改正し、趣向を変えてと目論んでおりましたが、まだまだ発展途上。ご期待に添えますよう頑張らせていただきますので、引き続きよろしくお願い致します。
要綱はこちら

(2日加筆)
しろくまさまから、キリ番を踏まれたと御申告いただきました。ありがとうございました。リクエストは、しろくまさまから承らせていただきます。
50万の数々は皆様のご訪問のおかげ。近頃、なかなか凝った記事が書けていませんが、細々とではありますが頑張らせていただきます。

にほんブログ村 演劇ブログへ
50万通過御礼!よかったら御祝儀にポチッお願いします↑

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »