« 劇団四季のコーラスライン開幕 | トップページ | 図書館で借りた本1018 »

2009年10月17日 (土)

阪神間のまち歩きのあがりはここ宝塚大劇場

阪神間の旅の上がりはここ宝塚大劇場
チケットも持たずにふらりと立ち寄ったが、何とか観劇できた。それも、2階の最前列(^^)v
そっか、月組・瀬名じゅんさんのさよなら公演中だった。重ねてラッキー。
にほんブログ村 演劇ブログへ
もうすぐ1世紀。いろんなこと考えてしまいます。↑よかったらポチッお願いします。

|

« 劇団四季のコーラスライン開幕 | トップページ | 図書館で借りた本1018 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

>はぎおさま
月組は紫吹淳さんの時代に拝見しました。芸の細かい個性的な生徒さんが多く、ラブコメ向きです。霧矢さんがその伝統を受け継がれるのですね。
じわーんとなります。

投稿: とみ | 2009年10月20日 (火) 22時38分

こんにちは。
本当にラッキーな観劇でしたね~♪
散策の最後が「宝塚」・・・なんて素敵なんでしょう~
やはりどこも「歴史」の重みがありますね。

投稿: はぎお | 2009年10月20日 (火) 20時41分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪神間のまち歩きのあがりはここ宝塚大劇場:

« 劇団四季のコーラスライン開幕 | トップページ | 図書館で借りた本1018 »