« 大正期、再興院展の輝き in 滋賀県立近代美術館 | トップページ | 中ノ島からのファサードが印象的な大林組旧本店 »

2009年10月11日 (日)

ウィキッド初日 in 大阪四季劇場

ウィキッド初日 in <br />
 大阪四季劇場
55Stepsは早い時期に見てしまったので、久々の大阪四季劇場。すっかりエメラルド色になっていた。
スタメンの主な配役は、エルファバが江畑さん、グリンダが苫田さん、フィエロが北澤さん、オズが栗原さん。
初めて拝見する組み合わせなので、田舎者らしく素朴に期待していたが、9月のはじめまでロングランしていただけあって、はじめからダイナミックなドラマが展開する。
奥が深い。エルファバとグリンダの友情がテーマだが、ラブトライアングルとしてもしっかりおいしい。付和雷同しやすく、魔法やまやかしを鵜呑みにする大衆の心、勝者側の論理で書きかえられる歴史と、野田さんもまっつぁお。。
マイノリティでなくとも誰もの心に巣食う劣等感、疎外感、うらはらの虚栄心や名誉欲。女子どうしの辛辣でおかまいなしのやりとり、姉と妹の確執、どこの家庭にもある秘密…。
ショーアップされた場面で紡がれる物語は、お子ちゃまにはチト難しい。

まず、グリンダの苫田さん。ポジティブシンキングでモテモテと愛され願望一杯の欲張りな女の子を、思い切りはじけて演じられ、新しいお役のたびに若々しく華やかにおなりだ。全く危なげない仕上がり。お衣装もお似合い。
エルファバの江畑さん。立ちあがりの陰気な女の子の場面が若干苦しげだったが、絶唱の曲を難なくこなしてからはパワー全開。短い時間の間にあっというまに美しくなる魔法を見せてくださった。
硬くて青いエルファバには、ちょっと分別も思慮もある北澤フィエロが映りが良い。何より王子様らしいイケメンぶりを発揮。
思わず膝を打つ栗原オズ。いかがわしさ、胡散臭さはこの方の財産。詐欺師、ペテン師、錬金術師、山師…。師のつくお役はこの方のもの。歌、ダンスも半端じゃない上手さ。

猿役のイケメンさんはお名前覚えきれなくて…。どなたさまか調べるが、ステキ!!!

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
もちろん、大喝采のカテコは続きました。↑よかったら、ポチッお願いします♪

CAST
グリンダ 苫田亜沙子
エルファバ 江畑晶慧
ネッサローズ 山本貴永
マダム・モリブル 八重沢真美
フィエロ 北澤裕輔
ボック 金田暢彦
ディラモンド教授 雲田隆弘
オズの魔法使い 栗原英雄

|

« 大正期、再興院展の輝き in 滋賀県立近代美術館 | トップページ | 中ノ島からのファサードが印象的な大林組旧本店 »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィキッド初日 in 大阪四季劇場:

» 観劇レポ;2009年10月11日(日)『ウィキッド』初日 とにかく普通じゃなくてとっても変わっていて流石のあたしでも全く理解できない! [今週もやっぱり禁断症状]
(携帯用タイトル)観劇レポ;2009年10月11日(日)『ウィキッド』初日 とにかく普通じゃなくてとっても変わっていて流石のあたしでも全く理解できない!↑これまで日本語版歌詞・台本に代表のお名前はありませんでしたが、今回公演からしっかりとお名前が挙がっておりました。流石です!『ウィキッド』 10/11・初日の出演者  大阪四季劇場グリンダ  苫田亜沙子エルファバ  江畑晶慧ネッサローズ  山本貴永マダム・モリブル  八重沢真美フィエロ  北澤祐輔ボック  金田暢彦ディラモンド教授  雲田隆弘オズの魔... [続きを読む]

受信: 2009年10月14日 (水) 06時50分

« 大正期、再興院展の輝き in 滋賀県立近代美術館 | トップページ | 中ノ島からのファサードが印象的な大林組旧本店 »