« 坂本龍馬・中岡慎太郎遭難之地が整備されていた | トップページ | ウェストサイド物語は東京で続演 »

2009年9月30日 (水)

日本橋の街並みに筋を通す三井本館

日本橋の街並みに論理を持たせる三井本館
大阪の高麗橋の袂で育った者にとって、日本橋室町界わいは、とっても既視感のある街だ。
高速道路の下の日本橋、道路原標、三越百貨店、ライオン像、三井住友銀行、日本銀行…。

三井本館の竣工は、関東大震災後の1929年。
昭和初期を代表する事務所建築として高い歴史的価値を認められており、1998年には、重要文化財にも指定された。外壁を囲むコリント式の列柱や、1階営業フロアのドリス式円柱群と吹き抜け大空間、繊細な装飾の施されたインテリアなど、オフィスビル意匠の到達点だ。
日本橋の街並みに論理を持たせる三井本館三井住友
2005年7月竣工の日本橋三井タワーは、エリア内では初の超高層複合ビル。日本橋の街並みに溶け込むさまざまな工夫が凝らされている。
にほんブログ村 演劇ブログへ
三井の街並みだわ!御立派だわ!↑よかったらポチッお願いします。

日本橋の街並みに論理を持たせる三井本館
日本橋の街並みに論理を持たせる三井本館
日本橋の街並みに論理を持たせる三井本館
日本橋の街並みに論理を持たせる三井本館日本橋の街並みに論理を持たせる三井本館

|

« 坂本龍馬・中岡慎太郎遭難之地が整備されていた | トップページ | ウェストサイド物語は東京で続演 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

>袖ふれあうもさま
実は、もの心ついたときには、横堀川はじめ、大阪中の川には高速道路が走ってました。川には深い霧がかかってました。
問題意識は意識してもたんとあきません。

投稿: とみ | 2009年10月 3日 (土) 17時57分

首都というのか,帝都といのか威信をかけて,お金をかけて構築された景観と空間ですね.
この町並みは率直に世界でも有数だと思います.

ただ,一点気になるのが,日本橋と首都高速道路の関係です.
ここに,日本橋川に首都高速の構造物がずんずらずんと覆い被さっていることに違和感を覚えない人はいないと思います.
日本橋の造形が可哀想です.

投稿: 袖ふれあうも | 2009年10月 3日 (土) 13時40分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋の街並みに筋を通す三井本館:

« 坂本龍馬・中岡慎太郎遭難之地が整備されていた | トップページ | ウェストサイド物語は東京で続演 »