« 断然楽しい嵐電妖怪電車・何げに涼しい京都市営地下鉄 | トップページ | 坂東玉三郎特別舞踊公演 in 京都四条南座・高い精神性が投射した映像のような舞姿 »

2009年8月20日 (木)

宝塚雪組公演・ロシアンブルー・リオ デ ブラボー

Cat555_215日(日)マチネを鑑賞
スクリューボール・コメディ
『ロシアン・ブルー』
-魔女への鉄槌-
作・演出/大野拓史
おはなし
1937年のモスクワ。ソビエト革命20周年記念に、訪問団を率いてやって来たアメリカの下院議員アーノルドを待ち受けていたのは、文化統制を担当する厳格で融通のきかない女性官僚イリーナだった。いがみ合う二人は、実は帝政ロシア時代に迫害を受け、新大陸に向かった一派と地下に潜った一派の末裔だった。何とか相手を懐柔しようと、秘薬の「惚れ薬」を飲ませようと仕掛けるが…。

ロシアン・ブルーは革命前後にロシアでは激減し、英国や米国で地元種と混血となって増えているグレーのボディにエメラルドグリーンの瞳を持つ美しい猫の種類だ。
新しいトップ娘役の愛原さんは長身小顔に長い手足、へんてこなミリタリースーツが似合う抜群のスタイルに豊かな芝居心と申し分のないデビュー。きりっとした眼差しと気位の高いロシアンブルーのイメージだ。
お芝居は、大野さん独特の凝りに凝った伏線だらけのプロット。伏線を広げすぎて収拾がつかないところもあるが、そこはおしゃれなコメディ。強引に丸く収めて粋なエンディングに持っていかれた。志の高さが「買い」の大野さんはこんでええんや。ニャンコの眷属、ピエロの娘たち、たくさんの生徒さんを可愛く見せ、肝心の水さんをカッコよく書いてくださったので満足。

にほんブログ村 トラコミュ 演劇・観劇・ミュージカルへ
演劇・観劇・ミュージカル
ちゃんと見ました。↑よかったら、ポチッお願いします♪

ラテン・ロマンチカ『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』
作・演出/齋藤吉正
リオのカーニバルの喧騒が極彩色に展開するノリノリのショー。
こちらも常に多くの生徒さんを舞台に貼り付け、下級生まで見事に輝いてる。雪組のパワーを感じた。お待ちかねのデュエットダンスは、控え目な振りつけながら、スタイリッシュで良かったように思える。

|

« 断然楽しい嵐電妖怪電車・何げに涼しい京都市営地下鉄 | トップページ | 坂東玉三郎特別舞踊公演 in 京都四条南座・高い精神性が投射した映像のような舞姿 »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106008/45956794

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚雪組公演・ロシアンブルー・リオ デ ブラボー:

« 断然楽しい嵐電妖怪電車・何げに涼しい京都市営地下鉄 | トップページ | 坂東玉三郎特別舞踊公演 in 京都四条南座・高い精神性が投射した映像のような舞姿 »